フェネックの臭い、どうしたらいい?原因と対策は?

フェネックを飼う上で、多くの飼い主の頭を悩ませるのが「臭い」だといわれています。かわいいフェネックとは一緒にいたいけれど、臭いをずっと我慢するのは辛いですよね。今回の記事では、フェネックの臭いの原因と対策についてご紹介します。

 

フェネックの臭い、原因は?

フェネック_のび
フェネックを飼育している中で感じる臭いは、どこからきているのでしょうか。実はフェネック自体には体臭がほとんどなく、原因は体から出ているのものではありません。お風呂に入れても臭いが緩和されないのは、そのためです。臭いの原因は「排泄物」です。普段与えるエサにより臭いは変わりますが、フェネックの糞はかなりキツイ臭いを発するといわれています。

さらに、フェネックはトイレを覚えることができないので、決まった場所をトイレにすることできません。可愛い顔から想像できませんが、糞をゲージの外に飛ばしてしまうこともあるのです。また、自分の糞を踏みつけたり、こねて遊んだりすることもあり、それも臭いを部屋中に広める原因になっています。

 

フェネックの臭い、糞の片付け方は?

フェネック(2)
フェネックの臭い対策のポイントは、排泄物の適切な片付けにあります。糞をしたら放置せずにすぐに処理をしてください。取り替えやすいように、ケージの中に新聞紙やペットシーツを敷いておくと便利ですよ。トイレが済んだら、すぐに密封して片付けます。ケージが汚れてしまっている場合は、軽く拭き取ります。糞を放置するほど臭いは取れにくくなりますので、すぐに片づけるのが効果的ですよ。

 

フェネックの臭い、対策は?

フェネック_15
フェネックの臭い対策の前提は「排泄物をすぐに片付けること」ですが、もしも臭いが充満してしまっていた場合の対策についても補足します。3つの方法があります。

1つめは、消臭スプレーを活用することです。ペットショップや通販で販売されている、動物用のものを入手してください。臭いを消すのに便利ですよ。除菌の効果もあれば衛生上安心なので、一つは手元においておくと安心です。

2つめは、部屋の換気をしっかりすることです。いくら消臭しても、閉じっぱなしでは部屋に臭いがこもります。毎日、10分でもいいので窓を開けて新鮮な空気を取り込んでください。また、直射日光には殺菌効果がありますので、カーテンを開けて日光を入れることも臭い対策に効果的です。冬場はフェネックが寒がるので別の部屋に移動させて換気をするのがオススメです。フェネックを飼育している部屋に空気清浄器を設置するのも効果があります。空気清浄機を稼働させながら、日中窓を開けて換気をすると、より臭いが緩和されますよ。

 

フェネックは個体差がありますが、トイレを覚えることのできない場合がほとんどだといわれています。飼育する上で臭いの対策が欠かせないということですね。動物に臭いはつきものなので、適切な方法を見つけて、ペットも飼い主もお互いに気持ちよく過ごせるようにしてくださいね。