ケリーブルーテリアの性格、体重や被毛の特徴、寿命や病気、飼い方、しつけや歴史は?

ケリーブルーテリアはアイルランドのケリー州原産のテリア犬種で、アイルランドの国犬に指定されています。多方面で能力を発揮できる万能な犬として愛されていますが、アイルランド国外では飼育されていない犬種です。今回の記事はケリーブルーテリアの性格や特徴、寿命や病気、飼い方、しつけや歴史についてまとめました。

 

ケリーブルーテリアの性格は?

ケリー3

 

性格

  • クールでマイペース
  • 番犬に適した強い警戒心

ケリーブルーテリアはクールでマイペースな性格で、家族には愛情深く友好的で従順です。テリア特有の気の荒さがありますが、好奇心が旺盛な性格も併せもちます。現在は家庭犬として愛されています。

警戒心が強いので家族以外の人になつきにくく、番犬に適している犬種といえます。一度慣れると途端に愛想がよくなり、熱烈に歓迎するような一面もありますよ。

ナワバリ意識が強いので他の犬や小動物に攻撃的になってしまう傾向がありますが、きちんとしつけを行うことで子供や同居の小動物とも仲良くなれますよ。

 

ケリーブルーテリアの特徴は?

ケリー2

 

特徴

  • 体高 44~50cm
  • 体重 体重15〜18kg
  • 被毛 シングルコート
  • 被毛カラー ブルーグレー

体高は44~50cm、体重は15〜18kg前後の中型犬に分類されます。全体的に角ばった筋肉質の体格で、琥珀色の瞳、豊富に生える顎ひげ、細長い顔、断尾され直立した尾が特徴的です。

柔らかくカールした羊毛状の被毛が密集して生えており、テリア犬種には珍しいシングルコートです。ケリーブルーテリアの名前の通り被毛カラーはブルーグレーです。生まれたときのブラックから、成犬になるにつけれ徐々にブルーになっていきます。

 

ケリーブルーテリアの寿命や病気は?

ケリーブルーテリアの平均寿命は12~15年ほどで長寿な犬種です。

気をつけたい疾患は「白内障」「緑内障」「結膜炎」「瞼腱内反/外反」などの眼の疾患です。定期健診では目を重点的に診てもらってください。

まれにケリーブルーテリア独特の疾患である「小脳アビオトロフィー」にかかることもあります。これは体の神経が少しずつ死んでいき全身の機能が衰えていく病気です。原因は「ウイルス感染」や「脳内出血」などが考えられますが、はっきりわかっていなく治療法もありません。現在の医療では回復すること見込みがない恐ろしい病気です。

 

ケリーブルーテリアの飼い方は?

ケリーアイ
精神的にも肉体的にも刺激になる運動が毎日必要です。1日2回30~60分程度はや足での散歩や、安全な場所での自由運動がおすすめです。散歩を飼い主が怠ってしまうと愛犬にストレスが溜まり、攻撃的な性格になってしまいます。充分な運動に付き合える飼い主に適した犬種といえます。

散歩のときは本能的に小動物を追いかけたり他の犬とケンカになったりすることがあるので、リードは離さないでください。散歩を毎日行っていれば、家の中では行儀よく振舞ってくれますよ。

被毛の手入れは1日おきにブラッシング、1週間に2回程度のコーミング、毎月1回程度のトリミングが必要です。柔らかくカールした被毛なので、抜けても他の毛に巻き付いてしまいます。ピンブラシやクシなどで取り除いてあげてください。

 

ケリーブルーテリアのしつけは?

ケリー1
ケリーブルーテリアは状況判断能力に優れている賢い犬ですが、頑固な面があるのでしつけにくい犬種といえます。

子犬の頃から遊びを通じてしっかりと信頼関係を築き、一貫したしつけをしてください。もともと気の強い性格なので、力で抑え込むようなしつけはやめてください。ケリーブルーテリアの反抗心が逆効果になってしまうからです。

信頼する飼い主を喜ばそうと一生懸命になる、かわいい一面があります。褒めてしつけてあげることで、愛犬の良い所を引き出してあげてくださいね。

 

ケリーブルーテリアの歴史は?

ケリーブルーテリアについての記録で最も古いのは1847年頃の文献です。18世紀には存在していたとされていますが、詳細は不明です。命知らずと称されるほどの勇猛さと闘争心の強さから、警備犬や追跡犬の任務をこなしました。主に地中のネズミやカワウソから畑を守る「地中猟犬」としてや、番犬や護畜犬としても活躍しました。

19世紀にショードッグとして登場すると、美しいブルーのコートが人気になりました。アイルランドで最も人気な犬種の一つになりましたが世界大戦が勃発した影響などで、数は減少しつつあります。

 

ケリーブルーテリアにおすすめのドッグフードは?

オリジン アダルト

ケリーブルーテリアには、「オリジン」がおすすめです。

オリジンは、「何肉のどこの部分を使っているか」を明記されており、愛犬の健康にとって害のある成分は一切含まれていないほか、タンパク質含有量が高いことも特徴的です。

眼病予防に効果があると期待される、ビタミンやミネラルをバランス良く含んでいることもポイントですね。

 

Amazonで購入する

ケリーブルーテリアにおすすめな最高級ドッグフードはこちらの記事からも確認できます。

 

アイルランドが生んだアイリッシュブルー

ブルーの被毛が印象的なケリーブルーテリアは、成長とともに毛色の変化を楽しむことのできます。購入には大体25万円ほどかかる高価な犬種ですが、世界中の人々を魅了した美しい被毛に、あなたもきっと虜になりますよ。被毛の手入れや日々の運動が苦にならない方にこそおすすめしたい犬種です。