クロアチアンシープドッグの性格、体重や被毛の特徴は?寿命や病気、飼い方、しつけや歴史は?

クロアチアンシープドッグは14世紀頃にクロアチア原産の牧羊犬種です。

アジアから輸入された犬種とセルビアの「プーリン」という犬種をかけ合わせることで作られました。

今回の記事はクロアチアンシープドッグの性格、特徴、寿命や病気、飼い方、しつけや歴史についてまとめました。

 

クロアチアンシープドッグの性格は?

クロシーアイ

 

性格

  • 従順で活発

クロアチアんシープドッグは飼い主に従順で活発に動きまわり、勇敢な性格をしています。

謙虚で警戒心の強い一面があるので、見知らぬ人に対して無愛想な態度をとることもあります。牧羊犬としての忍耐力も持ちあわせるので、家庭犬にも適している犬種といえますよ。

 

クロアチアンシープドッグの特徴は?

shutterstock_122748277

 

特徴

  • 体高 40〜51cm
  • 体重 13〜16kg
  • 被毛 ダブルコート
  • 被毛カラー ジェットブラック

クロアチアンシープドッグは体高40〜51cm、体重13〜16kgの中型犬で、中型犬のなかでは最小犬種に分類されます。

日本犬のような「スピッツタイプ」の犬種でキツネのような細い頭、小さく琥珀色の目、大きめの三角形の立ち耳、フサフサの巻き尾が特徴的です。

被毛はダブルコートで、柔らかく密生したアンダーコートと、7~14cmほどの長さのカールしたアウターコートが生えています。厚い巻き毛のショートコートですが、顔と脚の前部のみスムースコートになっているのも特徴です。

被毛カラーはジェットブラックが多いですが、稀にホワイトの斑を持つ個体もいます。

 

クロアチアンシープドッグの寿命や病気は?

犬しつけ_2
クロアチアンシープドッグの平均寿命は13~14年です。

健康的で病気に強い個体ですが、中型犬によくみられる「股関節形成不全」などに注意してください。

病気には親からの遺伝である「遺伝性疾患」と、発育期の環境が大きく関わる「後天性疾患」があります。「遺伝性疾患」は事前に遺伝子検査を行うことである程度避けることできます。

「後天性疾患」は太り過ぎや幼犬期の過度の運動が主な原因なので、飼い主さんが甘やかし過ぎずにしつけることが大切ですね。

 

クロアチアンシープドッグの飼い方は?

エネルギッシュに走り回ることが大好きな犬種なので、運動は多めに必要です。

毎日1回1時間以上の散歩に加えて、ドッグランに連れて行ったりフリスビーで遊んであげたりすると喜んでくれますよ。活動的で運動神経もいいので、アジリティも得意分野です。

毎日しっかりと運動させることが出来ていれば運動不足によるストレスが溜まりにくいので、室内飼育も可能です。被毛の手入れは週に1~2回のブラッシングで十分ですが、換毛期には丁寧にムダ毛を取り除いてあげてくださいね。

 

クロアチアンシープドッグのしつけは?

初心者の方でもしつけしやすい犬種です。

飲み込みが早く学習能力が優れているので、基本的なトレーニングはすぐに覚えてくれます。高レベルのトレーニングであっても、繰り返ししつければすぐにこなせます。

飼い主のいうことをよく聞いてくれるので、信頼関係をしっかりと構築してください。幼犬の頃から主従関係を教え、服従訓練をしつけることをおすすめします。

 

クロアチアンシープドッグの歴史は?

クロアチアンシープドッグは7世紀に移民たちとともにクロアチアにやってきた作業犬が基礎とされていますが起源は定かではありません。

1374年と1700年代に記された文書中の描写が重なることから、約700年間、ほとんど姿が変化していないのではないかといわれています。

クロアチアのStjepan Romic教授が1935年にジャコヴォという土地で、クロアチアンシープドッグの計画的な繁殖しました。戦禍によって絶滅の危機を迎えるものの、子孫種である「ムーディ」の血を導入しながら何とか今日まで生き残りました。

頭数が少なく、国際畜犬連盟(FCI)公認犬種の中でも絶滅危惧犬種とされている珍しい犬種なのです。

 

珍しいけど家庭犬にピッタリ

shutterstock_187294079
原産国のクロアチアでも滅多に見れないほど珍しい犬種ですが、家庭犬に適した犬種です。

豊富な運動量さえ確保できれば都会でも飼うことができます。小さな子供や他のペットとの相性も問題ありません。

日本で出会う機会があれば、ぜひチェックしておきたい犬種です。珍しい犬種の愛犬を飼いたい方や、ドッグスポーツに参加したいという方におすすめですよ。