クランバースパニエルの性格、特徴、しつけ、寿命や病気、飼い方は?

クランバースパニエルは18世紀にイギリスで作出されたスパニエル犬種の一種です。重量があって風格があるところから、「スパニエル界の貴族」と呼ばれます。今回の記事はクランバースパニエルの歴史、性格や特徴、しつけ、寿命や病気、飼い方についてまとめました。

 

クランバースパニエルの歴史は?

クランバー2

詳細は不明ですが、クランバースパニエルの起源は1700年代にまでさかのぼります。フランス革命時にイギリスに渡り、18世紀半ばにニューカッスル公爵がイギリス領地であるクランバーパークで改良し誕生したといわれています。クランバーパークにちなんで「クランバースパニエル」と名付けられました。エドワード7世とその息子のジョージ5世など英国の王族が、クランバースパニエルを寵愛していたことは有名ですよ。

 

クランバースパニエルの性格は?

クランバースパニエル見た目通り、温厚で物静かな性格をしています。飼い主家族に対して献身的な愛情を示し攻撃的な面はありません。見知らぬ人や犬とはあまり関わりたがらない人見知りな性格です。番犬には不向きかもしれません。

スポーティングドッグの中で最も控えめで大らかな性格の持ち主です。

 

クランバースパニエルの特徴は?

クランバー1

クランバースパニエルは体高43~51cm、体重25~39kg前後の中型犬に分類され、スパニエル種の中では最も大きな犬種です。大きめの頭部と短く太い首、ボリューミーな体型に垂れ耳と飾り毛のある垂れ尾が特徴的です。幅広い胸と筋肉質なおしりは、狩猟の際に低い茂みの中を容易に動き回れるように進化したものです。

被毛は外界から体を守るように、柔らかい絹糸のようなロングコートがまっすぐ密集してはえています。カラーはホワイトをベースに部分的にレモンやオレンジなどの茶色っぽい色が入っています。抜け毛とよだれが多く、よくいびきをかくことで知られています。

 

クランバースパニエルのしつけは?

クランバー3
クランバースパニエルは温厚で飼い主に献身的な愛情を示すので、しつけはしやすいです。マイペースな性格なので、一度いっても理解してくれないことがあります。ゆっくりと愛犬のペースに合わせてしつけるようにしてあげてください。褒めて長所を伸ばすしつけ方が効果的ですよ。

 

クランバースパニエルの寿命や病気は?

クランバースパニエルの平均寿命は12~13年前後です。注意すべき病気は「股関節形成不全」「眼瞼異常」「椎間板ヘルニア」「皮膚病」などです。瞬膜(眼球を保護する半透明な膜)が露出している個体が多いので、散歩の際に外傷を起こさせないように気をつけてください。また垂れ耳なのでむれやすく、綿棒やイアーローションを使った定期的な耳掃除も忘れないようにしてあげてくださいね。

クランバースパニエルは暑さに弱く、熱中症や脱水症状にかかりやすいです。特に夏場の体調管理には気を使ってあげてください。

生後6~12ヶ月にかけて動きが鈍くなる時期がありますが、骨の急激な成長に体が付いていけないために起こる現象です。心配であれば、獣医に相談してみてくださいね。

 

クランバースパニエルの飼い方は?

クランバーアイ
肥満になりやすい体質で、運動よりも食事に注意してください。肥満になると椎間板ヘルニアを発症しやすくなりますので気をつけてくださいね。豊富な運動をさせた方が良いですが、体重が重く、積極的に走り回ることをあまりしません。散歩を中心に、飼い主が適切な運動をさせる必要があります。

上記の通り暑さに弱いので、涼しい時間を選んで散歩するようにしてあげてください。

被毛の手入れは週に2〜3回程度のブラッシングと月に1~2回のシャンプーで十分ですが、汚れやすい部分は頻繁に手入れをしてください。被毛の白さを保つように手入れするのが目安です。

 

イギリス王室に愛された犬

クランバースパニエルの優しい表情と白くて大きな体は、いつでも愛嬌たっぷりで来客を迎えてくれます。飼い主もクランバ―スパニエルの優しい性格と、外見の優雅さに魅了されること間違いなしですよ。

愛犬といつも一緒に過ごしたい、のんびりとした朝夕の散歩のパートナーを探している方におすすめの犬種です。