紀州犬は凶暴で人を襲う?飼い主も噛む?危険なの?

2015年9月14日に千葉県で紀州犬が飼い主を襲うという事件がありました。「紀州犬は飼い主さえ襲う凶暴な犬」というイメージを持たれた方がいますが、本来紀州犬は穏やかで、飼い主への忠誠心のあふれる性格をしているのです。今回の記事では、紀州犬は凶暴なのか。人を襲ったり飼い主を噛んだりするのか。しつけをしても危険なのかについてまとめました。

 

紀州犬は凶暴?人を襲うの?

紀州犬5

紀州犬は普段から凶暴なわけではなくストレス過多などの原因があって凶暴化します。紀州犬に限らず、ほとんどの犬が攻撃的な本能は持っているのです。事件は何らかの理由で紀州犬にストレスが溜まっていたことが原因と考えられます。

人を襲うことを目的としてる犬は、本来は存在しません。狩猟犬であっても飼い主のいうことを忠実に守るからこそ重宝されてきた歴史があるからです。ただ、しつけや散歩を怠るとストレスが溜まり、飼い主に反抗することもありますよ。

紀州犬は日本犬の中で2番目に多く飼われており、飼いやすい犬種といえます。飼い主が責任を持ってしつけをしてあげれば、小さい子供だって襲うことはありません。紀州犬が持つ本来の優しい性格を引き出すことができます。

 

紀州犬は飼い主も噛む?

shutterstock_324424046
過度のストレスを感じていれば紀州犬でなくても、犬は飼い主を噛むことがあります。普段のコミュニケーションと運動量が不足しているケースが多いようです。ストレスがたまり噛み癖や無駄吠え等の悪い行動が増えてしまいます。

毎日散歩に加えて30分程度の全力疾走や、タオルなどを使って引っ張り合いをしてあげることがストレスを溜めさせないポイントです。犬は人の言葉を話せませんので、飼い主が犬の気持ちを理解できるように普段からコミュニケーションを取ってあげてくださいね。

 

紀州犬は危険?

これまでの通り、紀州犬が危険というわけではなく「しつけられていない犬」が危険といえます。子犬の頃からしつけを行っていないと、紀州犬が持つ猟犬としての気性の荒い性格が裏目に出て、今回の事件のような惨事につながってしまいます。しつけによって飼い主との主従関係をしっかりと教えこむことが大切ですね。

事件を起こした紀州犬はたしかに危険な犬でしたが、それは「紀州犬だから」ではなく「きちんとしつけられていなかったから」なのです。

 

紀州犬は本来やさしい犬種

shutterstock_280679357
事件を受けて「紀州犬は危険だ」というイメージが世間に広がりましたが、きちんとしつけられた紀州犬ほど頼もしい存在はいません。飼い主に対して忠実な姿が本来の紀州犬なのです。

紀州犬を愛犬にしようと考えている方は、必ずしつけをしてください。無責任な飼い主による事件が二度と起こらないようにするのは、飼い主の責任のひとつといえます。しつけさえしっかりできれば、日本犬の魅力を存分に味わうことのできる犬としておすすめな犬種ですよ。