犬の包皮炎、原因と症状、治療法まとめ。洗浄が効果的?

包皮炎とは、ペニスの外側の表面とそれを包む包皮の内側に起こる細菌感染による炎症のことをいい、オス犬にみられる病気です。

犬の包皮の多くは細菌に感染していますが、病原性のものとそうでないものがあります。病原性のものに感染し、包皮内で増殖した場合を特に包皮炎とよびます。

今回は犬の包皮炎の現状と症状、治療法をまとめました。


 
 

 

犬の包皮炎、原因は?

shutterstock_96167345

犬の包皮には、健康な状態では悪さをしない細菌である「常在菌」がいます。包皮炎は、なにかしらの原因で常在菌のバランスが崩れ、細菌が異常繁殖することで炎症を引き起こし、発症します。

犬は人と違って「包茎」の状態が正常であるため、包皮内に汚れが溜まりやすく通気性も悪いことから細菌感染がしやすい環境になっています。

また、ペニスの先の毛が長い犬や、短足の犬種、肥満犬はペニスの先の毛が地面についてしまったり、うまく尿を切ることができず、尿が付着してしまったりすることで不潔な状態となり、細菌が異常増殖して細菌感染します。

 

犬の包皮炎、症状は?

よくある症状は、包皮から黄色や緑色っぽいクリーム状の膿が出ることです。

抱っこをした際に洋服にベタベタした膿がつくことがきっかけで気づく方も多いようです。症状がひどくなると痛みが生じるため、ペニスが気になってよく舐める、おしっこが細切れになるなどの症状がでます。

また、包皮炎を起こしている細菌によって尿道炎や膀胱炎が二次的に引き起こされることもあります。うまくおしっこができない場合やおしっこが赤く血尿の場合は、これらを引き起こしている可能性が高いので、すぐに病院に連れていきましょう。

 

犬の包皮炎、治療法は?

shutterstock_168763541

包皮からの膿が少ない場合、何もしないで経過観察するだけ、あるいは排尿後や散歩後にペニスを消毒薬で消毒するだけで済みます。少量の分泌物は生理的範囲でも出るため、一度包皮炎を引き起こしてしまうと日常的に消毒が必要になります。

重度になると膿の量が多くなり、包皮内を洗浄する処置や抗生物質を用いた内科療法が行われる場合もあります。

 

犬の包皮炎には洗浄が効果的?

包皮炎予防や、軽度な症状に最も効果的なのはこまめに洗うことです。排尿後やお散歩後はペニスやその周囲を洗うようにしましょう。消毒薬を使用する場合は市販のものを使用せず、動物病院で処方してもらう方が安心です。

また、ペニスの先の毛が長い場合は切ることで地面につかないようにしてあげましょう。切り方によってはおしっこの切れが悪くなって逆効果になることもあるため、カットを行う前に動物病院へ相談することをおすすめします。

去勢手術を行うことでペニスからの分泌物を減らすことができるため、症状によっては去勢手術を行うこともあります。

 

ペット用化粧水「AVANCE」が効果的?

アヴァンスAVANCE

洗浄や消毒の際、併せて使用したいのがペット用化粧水「AVANCE(アヴァンス)」です。

アヴァンスは世界で初めて「高い抗炎症作用」と「アンチエイジング効果」があるとされる天然の温泉成分をペットに実用化することに成功した商品で、愛犬が抱える炎症の治療・予防に絶大な効果を発揮します。

また愛犬の持つ免疫力を促進する効果を持ち、愛犬の本来の天然治癒力を高めることで症状にアプローチすることが可能です。高い免疫力はその他の病気の予防にもつながりますよ。

「天然成分100%」の化粧水なので、薬とは違い副作用の心配はありません。添加物・アルコールなどを一切含まない「完全無添加」で、患部やデリケートな部位にもしみることなくお使いいただけます。

効き目に個体差はありますが、多くのペットの症状が改善したという報告があります。プロのトリマーさんや獣医さんもおすすめする商品ですよ。愛犬の健康のために使ってみてはいかがでしょうか。

内容量通常サイズ(300ml)
お試しミニボトル(30ml)
価格通常サイズ:4,320円
お試しミニボトル:1,000円

AVANCEについて更に詳しく知りたい方はこちらの記事がおすすめです。

 

包皮炎でも油断は禁物

shutterstock_93997486

包皮炎は命にかかわる病気ではありませんが、稀に包皮炎の細菌が原因で重い病気を患う場合もありますので油断は禁物です。

犬によっては臭いがキツかったり、膿の分泌が多すぎて家のソファやじゅうたんを汚したりといったことも多い病気です。こまめに洗浄する、ふきとる、消毒液を塗るなど、症状によって対処法は異なりますので、動物病院に相談後、最適な処置をしてあげてくださいね。