イングリッシュマスティフの性格や特徴、しつけ、寿命や病気、飼い方は?

イングリッシュマスティフはチべタンイングリッシュマスティフを祖先としているイギリス原産の非常に古い犬種で、主に番犬や闘犬として使われていました。今回の記事ではイングリッシュマスティフの性格や特徴、しつけ、寿命や病気、飼い方についてまとめました。

 

イングリッシュマスティフの歴史は?

イングリッシュマスティフ1
イングリッシュマスティフの歴史は古く、紀元前700年頃のバビロンのレリーフに描かれています。馬とライオン狩りをしているイングリッシュマスティフ絵が描かれているのです。犬名にイングリッシュマスティフが入る犬はたくさんいますが、単にイングリッシュマスティフという場合はイングリッシュイングリッシュマスティフを指すことがほとんどです。過去には闘犬として活躍していたこともあります。

闘犬の歴史はローマ時代まで遡り、ユリウス・カエサルがイングランド遠征からイングリッシュマスティフを持ち帰りライオンなどと戦わせたことに始まります。中世になって、闘犬が禁止されると番犬としての役割を任されるようになり、農場を害獣から守る有能なガーディングドッグとして活躍するようになりました。現在では多くの国で闘犬が禁止されているため、より大人しく友好的に改良されほとんどがショードッグ、番犬として飼育されています。

 

イングリッシュマスティフの性格は?

イングリッシュマスティフ3
イングリッシュマスティフは見た目からは想像できないほど優しく、物静かでおおらかな性格をしています。主人にはとても忠実で甘えん坊ですが、見知らぬ人や物に対する警戒心は強く責任感の強さから番犬としても活躍してくれます。

主人や家族に危機が迫ったときには勇敢に立ち向かいます。はしゃいだり感情を露わにするような行動はあまりしません。
落ち着いていて飼い主のそばに座り、指示が出るまで何時間でも待つことのできる、忍耐力の強い一面を持っています。無駄吠えもしないので、近所に迷惑をかけることもありません。主人や家族に献身的なので、子供の子守り役も務められる犬種なのです。

 

イングリッシュマスティフの特徴は?

大きな頭に筋肉隆々の体つきをしていて、体高は70~76cm、体重は79~86kg前後の超大型犬に分類されます。中にはホッキョクグマほどの大きさになる個体もいるのです。シワシワの額と離れ気味の目、太く短いマズルに垂れ耳、太く垂れた尾を持っています。

被毛はダブルコートで密集したアンダーコートとやや短めで真っ直ぐな硬いアウターコートから成っています。毛色はフォーン、ブリンドル、アプリコットなどで、顔にはブラックマスクが入っています。

 

イングリッシュマスティフのしつけは?

イングリッシュマスティフ2

飼い主に対して従順で聡明な犬種なので基本的にしつけやすいといわれます。ただ、一度攻撃行動に移るとパワフルすぎて制御できなくなります。その意味では初心者の方にはオススメできない犬種です。幼犬の頃から主従関係をしっかりと理解させ、服従訓練を徹底的にやる事が何よりも大切です。愛情と忍耐、一貫性を持たせた早期教育を心がけてくださいね。

 

イングリッシュマスティフの寿命や病気は?

イングリッシュマスティフの平均寿命は8〜10年前後といわれており、犬の中では比較的短命といえます。気をつけるべき病気は先天性心疾患、股関節形成不全、胃捻転、眼瞼外反症、小眼球症などです。特に大型犬によくみられる股関節形成不全と胃捻転に罹りやすいです。

股関節形成不全は生後60日の間に急激に体重が増加することで、股関節へ過度のストレスがかかりやすいからだと考えられています。歩様に違和感を感じたら病院へ連れて行って診察してもらってください。

胃捻転は時間の経過とともに死に至る確率がかなり高くなり、すぐに処置をしなければならない緊急性の高い病気です。「一度にたくさん食べさせるのではなく回数を増やす」「食前食後2時間は水を取らせない」「食後すぐに運動させない」など飼い主が気を付けることで発症のリスクを下げられます。イングリッシュマスティフを飼う際にはこれらを習慣にして、胃捻転にならないような飼い方をしてあげてくださいね。

 

イングリッシュマスティフの飼い方は?

イングリッシュマスティフアイ

イングリッシュマスティフは体が大きく太りやすいため毎日の運動量もかなり必要です。1日2回、早足を交ぜて60分程の散歩に連れていってあげてください。よだれをたらしやすい傾向があるので、定期的に拭いて清潔を保ち皮膚病を予防してあげてください。
シワの部分に汚れがたまりやすいので、固く絞ったタオルなどで小まめに拭いてあげてくださいね。

家族と共に過ごす事が大好きで、暑さに弱い犬種なので室内で飼うのがオススメです。被毛の手入れには神経質になる必要はなく、運動後の獣毛ブラシを使ったブラッシングと換毛期には念入りにブラッシングすれば充分です。

 

イングリッシュマスティフは上級者向けの犬種

イングリッシュマスティフは本来気立てがよく物静かでおおらかな性格の持ち主ですから、きちんとしつけられていれば飼い主家族にとって素晴らしいパートナーになってくれます。時にしっかりとした管理がなされていない個体が事故を起こすこともあるため、国によっては飼育が規制されていることもあります。その意味では上級者向けの犬種といえます。

飼育環境を選びますが、責任感を持って飼育できる上級者の方にオススメしたい犬種です。