シーリハムテリアの性格、体重や被毛の特徴は?寿命や病気、飼い方、しつけや歴史は?

シーリハムテリアはイギリスのウェールズ原産のテリア犬種です。

大きな吠え声で小獣を追い出す獣猟犬として古くから活躍していました。

今回の記事では、シーリハムテリアの性格、体重や被毛の特徴、寿命や病気、飼い方、しつけや歴史についてご紹介します。

 

シーリハムテリアの性格は?

シーリ1

 

性格

  • 陽気で前向き
  • やんちゃで遊び好き

シーリハムテリアは陽気で前向き、やんちゃで遊び好きな性格をしています。

飼い主には忠実で愛情深く、身も心も捧げるような献身的な振る舞いをします。少々頑固で独立心が強いところがあり、見知らぬ人と距離を置いて接する一面もありますが子供とは仲良く接してくれます。家庭犬に向いている犬種です。

家族を守ろうとする意思から、来客に警戒心を示して吠えることがあります。子犬の頃から社会性を養えるように他の犬や人と接触する機会を作ってあげることが吠えないようにしつけるポイントです。

 

シーリハムテリアの体重や被毛の特徴は?

シーリ2

 

特徴

  • 体高 ~31cm
  • 体重 8~9kg
  • 被毛 ダブルコート
  • 被毛カラー ホワイト

シーリハムテリアの体高は31cm以下、体重は8~9kgで小型犬に分類されます。

小柄な体型にしては大きい頭部と、胴長短足でありながら筋肉質でコンパクトな体型と、ギャップが可愛い犬種です。

顔は白くて長い被毛に覆われています。全身の被毛は温度変化に適応できるよう、柔らかくて密にはえた下毛と、針金状の硬い上毛のダブルコートです。カラーはホワイト一色か、ホワイト地にレモン、ブラウン、ブルー、アナグマ色の斑があります。

 

シーリハムテリアの寿命や病気は?

平均寿命は12~14年前後です。

かかりやすい病気は顔周りの毛が目に入ることで起こる「眼疾患」、「皮膚疾患」です。まれに「難聴」を患うこともあります。シーリハムテリアは胴長の骨格をしており、頭も大きいので腰に負担がかかりやすく、「椎間板ヘルニア」にも注意が必要です。

様子がおかしいと思ったら早めに病院で受診してください。抱き方によっても椎間板ヘルニアになることがあるので、気をつけてあげてくださいね。

 

シーリハムテリアの飼い方は?

シーリハムアイ
活発で遊び好きなので1時間以内の散歩を日に2回以上が好ましいです。ボール遊びなども取り入れると喜んでくれます。運動不足が続くとストレスが溜まり攻撃的になることもあります。

好奇心が旺盛で本能の赴くままに走り回るので、リードをはずす際にはドッグランなどの塀で囲われた空間をおすすめします。普段の散歩でリードは離さないようにしてくださいね。

被毛の手入れは、週に2~3回程のコーミングと3ヶ月に1回のトリミングが適切です。シャンプーは毎日してしまうと毛並みが悪くなるので日を空けるのがおすすめです。散歩をすると、足が短いので腹部の被毛が汚れていることがよくあります。お風呂には定期的に入れてあげてください。

ショーに参加させるのであれば、美しい被毛の形を保つために、むだ毛の処理などの細かな手入れが必要です。

 

シーリハムテリアのしつけは?

頑固な面があるので幼犬期の頃からしつけを徹底することが大切です。

飼い主への服従訓練はしっかりとしておくことがポイントです。シーリハムテリアは「テリアキャラクター」と名前がつくほど気質が強い犬種なので、成犬をしつけるのは至難の業です。

少しずつ穏やかな性格になってきていますが、甘やかすばかりでは手に負えない性格に育ってしまいます。飼い主は威厳ある態度で「ダメなことはダメ」と根気強くしつけてあげてください。

シーリハムテリアの吠え声がかなり響くので、すぐに吠える性格のままだと近所迷惑になってしまいます。無駄吠えをしないようにしつけてあげることも重要です。信頼する相手を喜ばそうと一生懸命になるのが「テリアキャラクター」の特徴なので、上手にほめながら育てるといいですよ。

あまりに手におえないようであれば、ドッグトレーナーの力を借りるのも手です。

 

シーリハムテリアの歴史は?

シーリハムに住んでいたエドワード大佐が自分の所有地内で秘密裏にこの犬種を作りだしたのがシーリハムテリアの祖先とされていますが、詳細は不明です。

その後40年近く闘争心の弱い犬を処分するという徹底した間引きを続け、現在の種を生み出しました。

第一次大戦後になると急激に人気が高まり、イギリス王室のほかハンフリー・ボガード、エリザベス・テイラー、アガサ・クリスティなど数々の著名人によって愛され、セレブ達のステータスシンボルになりました。

 

大きい顔が魅力的

シーリ3

シーリハムテリアは、大きな顔に胴長短足の体と愛くるしい体型が特徴的で癒やされます。

とても明るい性格なので、一緒に過ごすだけで元気がもらえますよ。足を器用に動かしてちょこちょこと動く姿はかわいらしく、一度飼えばその魅力の虜になること間違いなしですよ。