キャットフード「ピュリナ ワン グレインフリー チキン」の原材料を徹底評価!

生涯を通じての健康寿命をサポートはもちろん、愛猫の食べる喜びを求めて研究開発された「ピュリナ ワン」から、猫本来の食事スタイルに近い「グレインフリーシリーズ」が発売されました。

この記事では「ピュリナ ワン グレインフリー チキン」を、含まれる原材料や成分から徹底評価しています。評価は「子猫(離乳~1歳)」と「成猫(1歳以上)」に分けて、それぞれ100点満点にて行っています。

 

キャットフード「ピュリナ ワン グレインフリー チキン」を評価

フード画像余白編集.pptx-18

ピュリナ ワン グレインフリー チキンの総合得点

  • 93点(100点中)
内訳得点/配点
子猫成猫
主原材料 評価30/30点30/30点
その他原材料 評価33/40点33/40点
合成酸化防止剤不使用10/10点10/10点
人工添加物不使用10/10点10/10点
タンパク質量5/5点5/5点
粗脂肪量5/5点5/5点
合計得点93/100点93/100点

 

キャットフード「ピュリナ ワン グレインフリー チキン」の得点の内訳は?

 

shutterstock_84461017

主原料評価

動物性タンパク質を使用している場合、満点(30点)と評価しています。

本フードの場合、主原材料に動物性タンパク質源である「チキン」を使用しているため、30点となります。

チキンはアミノ酸をバランス良く含み、猫が体内で生成することのできないリノール酸やαリノレン酸、ビタミンなどの栄養素も豊富な栄養価の高い食材です。

 

その他原料の評価

原材料表を参考に、全原材料のうち粗悪な原材料が含まれる割合を考慮し、減点しています。粗悪な原材料を1つも使用していない場合、満点(40点)と評価しています。

本フードの場合、「チキンミール」と「たんぱく加水分解物」を使用しているため、33点となります。

「〇〇ミール」とは呼ばれる原材料は毛や羽、くちばし、トサカ、歯など通常は食用とされない部位を肉と一緒にすり潰して加工している可能性があります。どのような状態のどの部位を使用しているのか定かでないため不安が残る原材料です。

ネスレの公式サイトではピュリナ ワン グレインフリー チキンで使用されているミールには、フードとして適さないひづめや毛、血液などは不使用であると記載されていますが、気になる方は避けることをおすすめします。

「たんぱく加水分解物」とは、タンパク質を含んだ原料を、酵素や塩素、熱水などを用いて加水分解したものです。こちらもどのような原料をもとにしているのかはっきりと記載がないため、もしアレルギーを発症した際にどのタンパク質に反応したのかを特定できない懸念があります。

 

合成酸化防止剤

不使用の場合、満点(10点)と評価しています。

本フードの場合、合成酸化防止剤が使用されていない(原材料表に合成酸化防止剤の名称がない)ので10点となります。

合成酸化防止剤とは人工的に合成された化学物質のことで、愛猫の体に害を及ぼしかねない危険なものです。

保存食であるキャットフードには、酸化防止剤や保存料が使用されていることがほとんどです。天然由来の酸化防止剤が使用されているものを選ぶと安心です。

本フードには天然由来のミックストコフェロールが酸化防止に使用されています。

 

人工添加物(着色料、着香料、発色剤など)

不使用の場合、満点(10点)と評価しています。

本フードの場合、これらの人工添加物が使用されていないので10点となります。

着色料や発色剤はキャットフードの見た目を良くする目的で使用されますが、猫は嗅覚で食べ物を判断するためほとんど意味はありません。

また嗜好性を上げるために用いられる着香料ですが、そもそも原材料の質が良ければ添加する必要のないものです。粗悪な食材をニオイでごまかそうとしている可能性があります。

人工添加物のほとんどが石油や化学物質でできているので、与え続けると愛猫の体に悪影響を及ぼす恐れがあり危険です。

 

タンパク質

AAFCO最低基準

  • 子猫:30.0%以上
  • 成猫:26.0%以上

AAFCOが定めるタンパク質(乾燥重量比)の最低基準を満たしている場合、満点(5点)と評価しています。

本フードの場合、「39.8%」と、子猫・成猫の各基準を満たしているため、どちらも5点満点となります。

 

粗脂肪

AAFCO最低基準

  • 子猫:9.0%
  • 成猫:9.0%

AAFCOが定める粗脂肪(乾燥重量比)の最低基準を満たしている場合、満点(5点)と評価しています。

本フードの場合、「15.9%」と、子猫・成猫の各基準を満たしているため、どちらも5点満点となります。

 

キャットフード「ピュリナ ワン グレインフリー チキン」の基本情報は?

shutterstock_153803138

赤字で示した部分がペットにとって「好ましくない」といえる原料です。

商品名ピュリナ ワン グレインフリー チキン
分類 総合栄養食
定価1,880円(税込)
定期価格1,489円(税込)
【20%オフ】
内容量1.6kg
カロリー 413kcal/100g
賞味期限製造日から18ヶ月
開封後:約1ヶ月
生産国アメリカ
販売元 ネスレ
対応年齢1歳から全年齢
メイン食材チキン
穀物不使用
酸化防止剤 不使用
人工添加物 不使用

 

キャットフード「ピュリナ ワン グレインフリー チキン」の詳しい原材料と成分一覧は?

shutterstock_660670738

 

ピュリナ ワン グレインフリー チキンの原材料

赤字で示した部分がペットにとって「粗悪」といえる原料です。

主原料チキン
その他原材料チキンミール、えんどう豆でんぷん、キャッサバ粉、大豆たんぱく、牛脂、脱脂大豆、えんどう豆たんぱく、卵、キャノーラミール、たんぱく加水分解物、酵母、ミネラル類(カルシウム、リン、カリウム、ナトリウム、クロライド、鉄、銅、マンガン、亜鉛、ヨウ素、セレン、硫黄)、グリセリン、アミノ酸類(リジン、タウリン、シスチン、メチオニン)、ビタミン類(ADEKB1B2、パントテン酸、ナイアシン、B6、葉酸、B12、コリン、ビオチン)、酸化防止剤(ミックストコフェロール)

 

ピュリナ ワン グレインフリー チキンの成分分析値

成分名成分含有率乾燥重量比
粗タンパク質 35% 39.8%
粗脂肪分 14% 15.9%
粗繊維 2%2.3%
粗灰分9%10.2%
水分 12% –

※乾燥重量比…フード中に含まれる水分量を除外した、残りの部分に対する成分値の割合のこと。AAFCO栄養基準は乾燥重量比に基づいている。

 

キャットフード「ピュリナ ワン グレインフリー チキン」の賞味期限は?

shutterstock_219561163

 

賞味期限

  • 製造日から:18ヶ月
  • 開封後:約1ヶ月

キャットフードの賞味期限はあくまで目安です。

保管方法によっては記載されている賞味期限よりも早く品質が劣化することもあります。開封後はしっかりと密閉し、早めに消費するようにしてくださいね。

 

キャットフード「ピュリナ ワン グレインフリー チキン」の保管方法は?

shutterstock_296628593

 

キャットフードの保存場所で気をつけるポイント

  • 高温多湿でない
  • 温度の変化がない
  • 直射日光が当たらない

キャットフードは空気に触れることで脂質の酸化や品質の劣化が始まります。酸化や品質の劣化は愛猫の健康に悪影響を与える恐れがあるため、開封後はしっかりと密閉し、なるべく空気に触れる時間を短くすることが大切です。

また温度や湿度の変化も品質低下の原因になります。風通しが良く、直射日光が当たらない場所を選んで保管するようにしてくださいね。

特に夏場は室内でも高温になりやすいため、場合によっては冷蔵庫での保存をおすすめします。

本フードは、400g×4パック(1.6kg)の小分け包装が採用されているため比較的保存がしやすいですよ。

 

キャットフード「ピュリナ ワン グレインフリー チキン」の体重ごとの目安給餌量、1日あたりの価格は?

shutterstock_289134020

 

体重目安給餌量1日あたりの価格
1kg24g28円
2kg40g47円
3kg54g64円
4kg67g79円
5kg79g94円
6kg91g107円
7kg102g120円
8kg113g133円
9kg123g145円
10kg133g157円
15kg181g213円
20kg224g264円
30kg304g358円
40kg377g444円
50kg446g525円

※成猫期を想定した場合

目安給餌量は「避妊・去勢済の成猫のカロリー必要量÷本フードのカロリー×100」で算出、1日あたりの価格は「目安給餌量×価格÷内容量」で算出しています。

キャットフードの目安給餌量は、ライフステージや活動量などで計算方法が異なります。

 

編集部まとめ

shutterstock_1127990186

ピュリナ ワン グレインフリー チキンは、本来肉食動物である猫が本能的に求める食事スタイルを再現するため、従来のシリーズよりも肉の含有量を増やし、猫が消化を苦手とする穀物を一切使用していません

主原材料には良質なタンパク質はもちろん、ビタミンやリン、セレンなどの栄養素を豊富に含む栄養価の高い新鮮なチキンが採用されており、健康な体づくりに必要な栄養をしっかりと摂取することができます。

また猫が体内で生成することのできないタウリンを適切量含有していたり、丈夫な骨や虫歯になりにくい健康な歯を作るために重要となるカルシウムとリンが理想的なバランスで配合されていたりと、体の内側から愛猫の健康をサポートしてくれます。

合成酸化防止剤や不要な添加物が使用されていないのも嬉しいですね。

しかし「チキンミール」や「たんぱく加水分解物」など、粗悪とされる原材料が使用されている点がマイナスポイントとなります。

 

キャットフード「ピュリナ ワン グレインフリー チキン」の商品購入ページへ

フード画像余白編集.pptx-18