ベルジアンタービュレンの性格や特徴、しつけ、寿命や病気、飼い方は?

ベルギー原産のベルジアンタービュレン主に牧羊牧牛犬として活躍していた犬種です。犬名は、繫殖家が住んでいた「テルビュレン」という村名に由来しているといわれています。ベルジアンシェパードドッグの一種で、近年では警察犬や麻薬探知犬、介助犬、聴導犬、セラピー犬としても広く活躍し、社会に貢献している犬種です。

今回の記事ではベルジアンタービュレンの性格や特徴、しつけ、寿命や病気、飼い方についてまとめました。

 

ベルジアンタービュレンの性格は?

ベル1
ベルジアンタービュレンは穏やかで愛情深く、友好的で従順な性格をしています。頭がよく飼い主にはなつきますが、見知らぬ人や動物には強い警戒心を持ちます。番犬として優秀ですが、他の動物や子どもと触れ合う機会が多い環境での同居には注意が必要です。群れを管理する牧羊犬の本能から、時々子供の動きをコントロールしようとして、子供のかかとを軽く噛んだりすることもあります。子どもも含めて家族を「自分の属する群れ」と認識させることで仲良くなってくれますよ。

 

ベルジアンタービュレンの特徴は?

ベルターアイ
ベルジアンタービュレンは容姿の良さからペットやショードッグとしても人気が高く、世界中で多く飼育されています。世界的にはベルジアンシェパードドッグ4種の中でグローネンダールに次ぐ2番目の人気ですが、日本では最も人気が高いのがベルジアンタービュレンです。

ベルジアンシェパードの中では一番野性的な顔つきをしており、優雅さと力強さを兼ね備えた振る舞いは、誇らしげな印象を与えています。正方形に近い胴体と、適度な大きさの骨格を持ち体高は56~66cm、体重は26~30kg前後の大型犬に分類されます。

グローネンダールとは、被毛の長さと毛色の違い以外はそっくりです。被毛はダブルコートで密に生えた下毛と、長くまっすぐで程よい硬さの上毛に体全体が覆われています。毛色はフォーンにブラック・オーバーレイ(毛先が丸い)か淡いイエローにブラック・オーバーレイが認められており、顔はブラックフェイスのみが認定されています。

 

ベルジアンタービュレンのしつけは?

ベル3

ベルジアンタービュレンは独立心が旺盛なので、初心者の方にはしつけが難しい犬種といえます。飼い主との信頼関係構築と徹底した服従訓練が欠かせないので、幼犬の頃から毅然とした態度でしっかりと教え込むことが重要です。ベルジアンシェパードの中では優しく繊細なタイプなので、恐怖や痛みで強制するトレーニングをすると、心が折れてしまうこともあります。訓練に知的な遊びを組み込みながら、褒めることで才能を上手に伸ばしていってあげてください。

 

ベルジアンタービュレンの寿命や病気は?

平均寿命は12~13年といわれています。基本的には丈夫な犬種なのですが、他の犬種でもよく聞く遺伝性疾患を発症することが多いです。遺伝性てんかん症や歩行困難になる可能性のある股関節形成不全、進行性網膜萎縮という目の病気などが注意する病気です。ほとんどは遺伝子検査をすることで防げる場合が多いので必ず検査してから子犬を入手してください。

 

ベルジアンタービュレンの飼い方は?

ベル2

警戒心が強くエネルギッシュなベルジアンタービュレンは、精神的、かつ肉体的に刺激を与えるような運動をさせるとその能力を発揮してくれます。かなり多くの運動量を必要とするので、1日に2回、60分程度の散歩を欠かさないようにしてあげてください。十分な運動をさせないと、攻撃的になることもあるので注意してくださいね。

周囲の安全に配慮した場所での自転車引き運動、ドッグランなどの広い場所でのボールもってこい運動など、全身をたっぷり使う運動や、アジリティーやオビディエンス競技(服従訓練競技)などに参加するのもおすすめですよ。

被毛の手入れは、それほど神経質になる必要はありません。美しい毛並みを保つためにも毎日ブラッシングとコーミングをするのが一番良いのですが、週2回程度でも問題ありません。

汚れは、硬く絞ったタオルで拭き取り、定期的にシャンプーしてあげてくださいね。換毛期には、コーミングをいつもより丁寧に行ない、抜け毛をきちんと取り除くことを忘れずに。

 

家庭犬としてパーフェクトな犬種

ベルジアンタービュレンはエレガントで知能も高い才色兼備の犬種です。愛情深く、飼い主思いで子ども好きと、家庭犬に望まれる素質をすべて持ちあわせています。一緒に暮らせば、家族全員に愛される素敵なパートナーになってくれる犬種です。最高の家庭犬と素敵な毎日を過ごしてくださいね。