レークランドテリアの性格や特徴、しつけ、寿命や病気、飼い方は?

レークランドテリアはイギリスの湖水地方で生まれたテリア種で、キツネ狩りの猟犬として農家の人々に愛されてきました。この記事は愛好家たちによって現在も地道に飼育や繁殖が行われているレークランドテリアの歴史、性格や特徴、しつけ、寿命や病気、飼い方についてまとめました。

 

レークランドテリアの歴史は?

レイク1

レークランドテリアはキツネ狩りの猟犬としてフォックスハウンドよりも歴史がある犬種です。勇敢な性格のレークランドテリアは主に農家の人々に飼われ、当時農家にとって悩みの種だったキツネやカワウソを追い払うのに活躍していました。害獣から家を守る勇敢な番犬だったのです。

 

レークランドテリアの性格は?

レークランドテリアは頭がよく独立心が旺盛で、少し頑固な面があります。ときにはいたずらをしてくる可愛らしい一面もあります。飼い主には忠実ですが、飼い主以外の人や他のペットにはなつきにくく、攻撃的です。体格が大きな相手にもひるまずに向かっていきます。

レークランドテリアの攻撃性は勇敢さと自信家な性格の裏返しです。普段は愉快で愛情深い性格をしています。友好的なので飼い主に小さな子どもがいてもうまくやっていけますよ。

 

レークランドテリアの特徴は?

レークランドテリアは体長は37cm程、体重は7~8kg前後の小型犬です。背中が短く正方形の胴体で、作業犬にふさわしい頑丈な体格をしています。細い道を通り抜けられるように肩幅が細いのも特徴です。被毛は悪天候にも耐えられるワイアーヘアで、柔らかい下毛と針金のように粗い上毛の二層構造になっています。被毛のカラーはブラック・アンド・タン、レッド、ウィートン、レバーなどがあります。

 

レークランドテリアのしつけは?

レイク3
レークランドテリアをはじめとするテリア種には気の強さと頑固さがあり、なかなか飼い主のいうことを聞いてくれません。しつけは大変です。自分で考え行動するという作業が得意なので、しつけでは主導権をはっきりと認識させてください。子犬の頃から飼い主との主従関係を徹底し、覚えさせることが大切です。

甘やかさず、力で抑え込もうともせずにうまくしつけてあげてください。愛犬の心に不信感が芽生えてしまうと、いうことを聞いてくれなくなってしまいます。飼い主を喜ばそうとする気質もテリア種の特徴です。たくさんほめてしつけながら、ダメなことはダメとしっかり教えてあげてくださいね。

 

レークランドテリアの寿命や病気は?

平均寿命は13~14年ですが個体によって幅があります。健康な犬種として知られていていますが、「眼疾患」と「皮膚病」には注意が必要です。コミュニケーションを取りながら被毛の手入れと定期的に行い、皮膚の状態を観察してあげてください。

レークランドテリアは親からの遺伝で、血液疾患である「フォン・ヴィレブランド病」にかかりやすい犬種でもあります。遺伝子検査は事前に必ずしてください。また4~5歳で「水晶体脱臼」と「緑内障」と併発しやすいです。日頃から目に異変がないかをチェックしてあげてください。

 

レークランドテリアの飼い方は?

レイクアイ
レークランドテリアは小柄ですが活動的な犬種です。1日2回、1時間程度の散歩の中に30分程度のかけ足を取り入れることをおすすめします。散歩の他にボールなどを使って思いっきり体を動かしてあげると喜びます。

運動量が足りないとストレスが溜まり、少しのことで怒りやすくなってしまいます。他の犬と触れ合いの機会を多くして、愛犬のストレスを溜めないようにしてあげてください。毎日屋外へ出かけるように心がけてくださいね。

屋外で猫などを発見すると追いかける習性があります。外出時にはリードをしっかり持っていてください。ドッグランなどの施設に行くのは、他の犬に攻撃しないようにしつけてからにしてください。レークランドテリアは穴掘りが大好きです。ガーデニングをしている家庭では、せっかくの庭が穴だらけにされないように注意してくださいね。

被毛の手入れは週に1~2回程度のコーミングと、3ヶ月に1回ほどのむだ毛処理が必要です。使うのはハサミやバリカンなどで十分です。ショーに参加させる場合は念入りにむだ毛を取り除いたり、専門の美容室へ連れて行ってあげてください。

 

テリアを存分に楽しみたい飼い主におすすめ

レークランドテリアは飼い主に忠実で物覚えも良いので、飼い主さんのしつけ次第で生き方が変わるといえます。テリア種の特徴の王道をいく犬種なので、テリア好きの方の最良のパートナーになってくれますよ。レークランドテリアが飼い主にだけみせる振る舞いに魅了されながら、毎日を楽しく過ごしてくださいね。