スタッフォードシャーブルテリアの性格や特徴、しつけ、寿命や病気、飼い方は?

スタッフォードシャーブルテリアはイギリス原産の犬種で「スタッフィ」とも呼ばれる犬種です。19世紀のイギリスで犬と牛や熊を戦わせるスポーツ用に改良されました。

愛好家は多く、闘犬としてだけでなく番犬としても飼育されており、イギリスでは常に登録数ベスト5に入る大人気犬種です。今回の記事ではスタッフォードシャーブルテリアの性格や特徴、しつけ、寿命や病気、飼い方についてまとめました。

 

スタッフォードシャーブルテリアの性格は?

スタホ1
スタッフォードシャーブルテリアは無邪気で人なつっこい性格をしています。家族とはしゃぎまわって遊ぶことが大好きです。
従順で、飼い主のいうことには何でも素直に従い、見知らぬ人に対しても友好的な態度で接します。

ケンカを仕掛けたりすることはないのですが、少々頑固で恐れを知らない大胆な面を持ち合わせています。見知らぬ犬や、一緒に暮らしている犬でも攻撃的な態度で挑発をされるとケンカになることもあります。

基本的には従順で優しい性格なので子供とも仲よく付き合えますが、度を越して手荒に扱われると、乱暴に振る舞ってしまうので注意が必要です。

イギリスでは愛情深く、面倒見のよいので子守犬としても知られている犬種です。

 

スタッフォードシャーブルテリアの特徴は?

スタホ アイ
スタッフォードシャーブルテリアは体高36~41cm、体重11~17kgの中型犬です。スタッフォードシャーブルテリアという犬名は、犬種の保存に努めたスタッフォードシャー州の愛好家に敬意を払って名づけられました。

カラダは横幅が広く骨太で筋肉質で、重心が低くどっしりしています。闘犬の名残ですばやく機敏に動くこともできます。額に少しシワが寄っていて耳は半立ち耳で脚は太く長く、尾は飾り毛のない垂れ尾、鼻は太く短く、強靭なアゴの力をもっています。

兄弟犬であるアメリカンスタッフォードシャーテリアよりもやや小柄なのが特徴です。被毛はショートコートで、毛色はホワイト&ブリンドルやブリンドル、レッド、フォーン、フォーン&ブリンドルなど様々です。

 

スタッフォードシャーブルテリアのしつけは?

スタホ2
子犬の頃からの服従訓練と飼い主の命令で制御が効くように訓練を徹底的に行ってください。けじめをしっかりつけ、愛情深く、威厳をもって接し、服従心を引き出すしつけで、褒めて育ててあげるのがポイントです。

闘犬の気質は忘れずに持っているので、しっかりしつけていないと攻撃的で乱暴な行動を止めることができなくなることがあります。攻撃性は抑えられていますが防衛本能は強いため、力だけで抑え込もうとすると、頑固な性格になってしまいがちなのです。

遊びやトレーニングは、攻撃性を刺激するようなものは避けてください。遊びのつもりで他の犬と追いかけっこや取っ組み合いをしている時に、不意に負けん気を発揮してケンカに発展することがあります。やんちゃな一面も持ちあわせているのです。ドッグランなどへ連れて行く前には必ず、呼び寄せの訓練をしてマスターさせてください。

 

スタッフォードシャーブルテリアの寿命や病気は?

スタッフォードシャーブルテリアには、特徴的な遺伝疾患がいくつかあります。中年齢期以降の発症が多い以下のような病気に注意してください。

多いとされているのが眼病(緑内障や白内障)です。眼の濁り方や涙の出方などは日頃からよくチェックしてくださいね。肥満細胞腫や悪性腫瘍の好発犬種としても知られています。腫れものができたら、早期診察が重要です。腫瘍は小さければ小さいほど手術が簡単に済むので大事に至る可能性が減ります。人と同じで早期発見が命を救います。

両方とも早期発見と早期治療が大事な病気なので、異常を見つけたら早期診察をしてくださいね。

皮膚が全体に弱く、アカラスになることがあります。この病気は、健康な犬の皮膚にもいる毛包虫やニキビダニが、弱っている皮膚を食い荒らして、脱毛やかゆみや赤み、発疹がでる病気です。

闘犬だったため痛みには鈍いので発見が遅れて病気が重くなることもあります。定期的な健康診断に加え、目で見てわかる異常には早めに気づいてあげることが長生きの秘訣にもなります。正常な股関節が形成されていない股関節形成不全も時折みられるので歩行の様子も注意深く観察してあげてくださいね。

 

スタッフォードシャーブルテリアの飼い方は?

スタホ3
元闘犬で興奮しやすく攻撃的な面も残っているので、 しっかりとしたしつけが出来ないと飼育は難しいです。活発で体力がある犬種なので、散歩は毎日30分程度の軽い駆け足を取り入れた散歩を2回程度行ってください。

気候の良い日は1日1時間くらい早足で歩くのもおススメですよ。庭などでゲームをさせたり、足場のよい安全な場所で走り回らせたりすると喜んで遊びますよ。

暑さ寒さに弱いので、時期によっては無理せずに室内だけで遊ぶだけで問題ありません。短頭種で体内の熱を効率よく排出できないため、暑さが苦手です。真夏の暑い時間帯の運動は避けてください。

被毛のお手入れはほとんど必要ありませんが、ブラシでマッサージをするようにブラッシングだけはしてあげてください。
絞ったタオルや蒸しタオルで汚れを取りブラッシングをすれば、美しい光沢のある毛が維持できます。シャンプーは月に1~2度で十分です。

見た目とのギャップも魅力の一つ

スタッフォードシャーブルテリアはしっかりとしたしつけさえできていれば、従順な犬です。頑固な面がありややしつけにくい点がありますが、服従心が強いため、世界中で大変愛情深い家庭犬として愛されています。筋肉質な外見からは想像できない無邪気さと人なつっこさを存分に堪能できる犬種だといえますよ。