ノーリッチテリアの性格や特徴、しつけや寿命、飼い方は?

ノーリッチテリアは、小型害獣の駆除をする狩猟犬として活躍してきました。数あるテリアの種類の中でも、最も小さな犬種です。1800年代後半には、イギリスのケンブリッジ大学の学生たちの間で、ねずみ駆除を目的にノーリッチテリアを飼うことが流行りかわいがられていたとされています。今回の記事では、ノーリッチテリアの性格や特徴、しつけや寿命、飼い方までご紹介します。

 

ノーリッチテリアの性格は?

ノーリッチテリア_1
ノーリッチテリアは、明るく社交的で、非常にフレンドリーな性格をしています。活発で遊び好き、人にもよく懐きます。他の犬や動物とも相性がよく、仲良くすることができるのは、他のテリアとは異なる特徴です。好奇心は旺盛ですが、興奮しやすくない点もかわいがられるポイントです。元々狩猟犬なので、小動物に対しては非常に敏感に反応します。脇目もふらず熱中してしまうこともあるので、ハムスターなどの小動物と一緒に暮らす際には注意が必要です。

 

ノーリッチテリアの特徴は?

ノーリッチテリアの体はとても小さく、素朴な印象を受けます。体高は25〜26cmほどで体重は5〜6kgほどの小型犬です。ガッチリした体躯をしていて、横から見ると四角く、ずんぐりむっくりという表現がぴったりです。先端がとがった三角の立ち耳も特徴の一つです。元々は立ち耳と垂れ耳の2タイプがいて、立ち耳タイプだけがノーリッチテリアと認められていましたが、後に耳の垂れたタイプは「ノーフォークテリア」という別の犬種として認定されました。毛色は赤系を中心に、様々な色が存在します。

 

ノーリッチテリアにおすすめのドッグフードは?

カナガンドッグフード

ノーリッチテリアにおすすめのドッグフードは「カナガンドッグフード」です。

カナガンは穀物を使っていないグレインフリーのドッグフードです。合成添加物も使っていないので、安心して食べさせてあげることができます。

原材料は、人間の食事と同じ品質水準のものを使っているので、栄養バランス、原材料の品質ともに最高クラスですよ。特にタンパク質は一般的なフードと比べると高く、運動が大好きなノーリッチテリアにはぴったりのフードといえますね。

粒がドーナツ型なので、噛み砕きやすく、喉につまらせる心配もありません。

 

ノーリッチテリアにおすすめな最高級ドッグフードはこちらの記事からも確認できます。

 

ノーリッチテリアのしつけは?

犬しつけ_2
ノーリッチテリアは、団体での訓練や家庭でのしつけもそれほど難しくはありません。ただ少し頑固な面があるため、厳しくし過ぎると反発心を持ってしまい、うまく行かないこともあります。子犬の頃から、誰がリーダーかを教えるところから始め、根気よく取り組んでください。警戒心が強く、はじめて会う人や不審な人に対してよく吠えます。マンションなどの集合住宅で飼う際には特に無駄吠えをしないように、しっかりとしつける必要があります。

 

ノーリッチテリアの寿命は?

ノーリッチテリアの寿命は、約14年程と言われています。遺伝性の重い病気もなく、ネズミ捕りという作業能力を高めるべく品種改良をされてきたため体力があり、病気にも強い抵抗力を兼ね備えています。ただ、小型犬がかかりやすい膝蓋骨脱臼や皮膚病には注意が必要です。食べることにとても執着し食欲が旺盛な犬種であるため、肥満にも気をつけてくださいね。

 

ノーリッチテリアの飼い方は?

ノーリッチテリア_2
ノーリッチテリアは活発なので、思いっきり走らせてあげられる環境を用意してあげてください。日々足をしっかり動かせる運動を取り入れるのもポイントです。散歩へ行くことに加え、室内でも自由遊びや、スキンシップを兼ねて一緒に遊ぶことをおすすめします。運動量自体は他の犬と比べて少なくて済む方です。

子犬の頃はつやつやでわかりませんが、本来は針金のように硬い毛を持っています。小さな頃からグルーミングに慣らしてあげておくことと、古くなった毛を定期的に抜いてあげるのがお手入れのポイントです。それほど難しくありませんので、安心してくださいね。被毛がたくさん生えているように見えますが、意外と少ないので冬の寒さには少し注意が必要です。寒い日は家に入れてあげるなどしながらかわいがってあげてくださいね。

 

テリア種のなかでも飼いやすい性格の犬種

ノーリッチテリアはアメリカやイギリスではドッグショーで次々と上位を獲得し、注目を集めている犬種です。ノーリッチテリアは、テリアを飼いたいけれど我が強い性格の犬種には抵抗があるという方にぴったりの犬種なのです。日本での飼育と頭数はまだまだ少ないですが、今後人気になりそうな犬種の一つですよ。