ボロニーズの性格や特徴、しつけ、寿命や病気、飼い方は?

ボロニーズは、正式名称をビション・ボロネーゼといい、ビショングループの犬種です。貴族に愛され絵画にも描かれています。イタリアのボローニャ地方にゆかりがあることから、ボロニーズという名前がつけられました。今回の記事では、ボロニーズの性格や特徴、しつけや寿命、飼い方についてお伝えします。

 

ボロニーズの歴史は?

ボロニーズ1
ボロニーズはエカテリーナ女帝やマリアテレジア、メディチ家などの貴族に愛犬としてかわいがられていた犬種です。スペイン国王であったフェリペ2世は、貴族からの贈り物として2頭のボロニーズを受け取り、贈呈者に「これらの2頭の小さな犬は皇帝に贈ることのできる最高の贈り物だ」という礼状を送ったという逸話も残っています。ティツィアーノやブリューゲルやゴヤの絵画に描かれており、当時の貴族生活に密接に関わっていたことがうかがえますね。
ボロニーズの起源は定かではなく現在も謎に包まれていますが、マルチーズやビション・フリーゼと同じビション系を祖先に持つといわれています。

その歴史は古く1000年ほど前から地中海沿岸で飼育されており、アリストテレスの文献にも登場しています。特にルネッサンス時代には、ボロニーズはおしゃれな犬としてイタリアの貴族に愛され、権力者たちの間で最高の贈り物とされていたのです。

 

ボロニーズの性格は?

ボロニーズは素直で落ち着きがあり、控えめな性格をしています。とても陽気で遊び好きな一面も兼ね備えている犬種です。
飼い主に対して従順で、愛情深く接してくれるので強い絆を築くことができます。優しくて温厚で、一度心を開いた相手にはとことん甘えん坊になったり、いつもそばにいたがる寂しがり屋になったりする一面もあります。
他の犬や子供に対しても仲良く接することができますが、臆病なところもあるので自分より体が大きい犬は苦手としている個体が多いです。その意味では多頭飼いとはあまり相性が良くない犬種ともいえます。

 

ボロニーズの特徴は?

ボロアイ
ボロニーズは体高が25~31cm、体重3~4kgの小型犬で、わたあめのような縮れてふわふわしたボリュームのあるシャギーコート(むく毛)を持った犬です。被毛は白い絹状のシングルコートで抜けにくく、臭いも少ないです。低アレルゲンなので犬アレルギーを持つ人でも飼育できるチャンスがあります。

毛色はピュアホワイトのみが認められており、斑やホワイトのシェードもまったくありません。子犬期には、耳や体などにシャンパンカラーの模様があるのが特徴です。そのシャンパンと呼ばれる模様が、成犬になるにつれて純白コートにかわっていくのです。

ボロニーズは下毛がないため厳しい暑さにも耐えることができるのですが、寒さは苦手としています。服を着せてあげてると防寒にもなるし可愛いさもアップするのでオススメですよ。

 

ボロニーズのしつけは?

ボロ3
ボロニーズは初心者や年配の人にもしつけやすい犬種といえます。
やんちゃな性格から、飼い主を困らせるようないたずらをしてしまうこともありますので、その時は甘やかさずにしっかりとしつけてください。いつでも大好きな飼い主さんに褒められたいと思って行動するので、無視されたり、怒られたりするのを苦手としています。ストレスから神経質になることもあるので上手に誘導しながら、ひとつずつゆっくりと覚えさせ、出来た時にはたくさん褒めてあげてくださいね。

 

ボロニーズの寿命や病気は?

長命の犬種のひとつで、平均して13~15年前後です。なかには21年生きたボロニーズもいるといわれています。基本的に健康な犬種なのですが、白内障や尿毒症、膝蓋骨脱臼に気をつけてください。被毛が目に入ることにより、眼球を傷つけ眼疾患を引き起こすことがあるので注意が必要です。

涙やけにも注意してください。涙やけはそのままにしておくと、目の周りで雑菌やバクテリアが繁殖しやすくなるからです。
酷くなると、重い細菌感染症を引き起こし、他の病気を発症する可能性が高まります。屋内で遊ばせる時は、フローリングの床で滑って関節を痛めないよう、すべりづらいカーペットを敷くなどの対策をしてあげてくださいね。

 

ボロニーズの飼い方は?

ボロ2
愛玩犬なので激しい運動は必要ありませんが、太りやすい体質なので体重管理がポイントです。完全室内飼いでも問題ありませんが、気分転換や社会性の育成を兼ねて散歩に連れて行ってあげてください。散歩は10分程度でも構わないので、1日2回ほど行うと落ち着きのある性格になってくれますよ。

被毛の手入れはそこまで神経質になる必要はありません。ブラッシングは毎日毛並みを整える程度で、トリミングは月に一度で充分です。ただ皮膚の状態チェックを兼ねて、愛情をこめてブラッシングしてあげてくださいね。白い毛色なので、汚れが目立つ場合は濡れタオルで拭いてあげてください。

 

ボロニーズにおすすめのドッグフードは?

カナガンドッグフード

ボロニーズにおすすめのドッグフードは「カナガンドッグフード」です。

カナガンは、穀物を使っていないグレインフリーのドッグフードです。合成添加物も使っていないので、最高品質のドッグフードですよ。

原材料は人の食事と同じ品質水準のものを使っているので、栄養バランスも優れています。

また、カナガンは涙やけにも効果があると考えられます。涙やけに気をつけたいボロニーズにおすすめのドッグフードですよ。

 

ボロニーズにおすすめな最高級ドッグフードはこちらの記事からも確認できます。

 

愛玩犬としての要素をすべて兼ね備えた犬

ボロニーズは利口で愛らしく、ふわふわ真っ白です。イタリア原産の気品もあるボロニーズは愛玩犬としての要素をすべて兼ね備える理想的なペットで、世界中で愛されているのです。日本では見かけることがまだ少ないですが、もし出会える機会があれば、その魅力の虜になってしまいますよ。