ジャーマンシェパードの性格や特徴、しつけや寿命、飼い方は?

ドイツ原産の犬種であり、「ドイツの牧羊犬」と言う意味を持つジャーマンシェパード。警察犬のイメージを持たれている人が多いと思いますが、世界中の様々な場所で使役犬として活躍しています。家族に対する忠誠心が高く、信頼のおける家庭犬として世界中で愛され飼育されているのです。今回の記事では、世界最高の使役犬であると言われるジャーマンシェパードの性格や特徴、しつけや寿命、飼い方についてご紹介します。


 
 

 

 

ジャーマンシェパードの性格は?

シェパ2 (2)
ジャーマンシェパードの性格は従順で勇敢、聡明です。育つ環境によって性格と性質が大きく異なる犬種といえます。
幼犬期に正しくしつけられたジャーマンシェパードは、従順で大人しく育ちます。忠誠と服従の感情から、子供や他の小動物とも仲良くできますよ。

見知らぬ人への警戒心は常に持っています。危機管理を怠ることなく飼い主やその家族を守ってくれる頼もしい存在でもあります。一方、きちんとしつけされなかった場合は、支配欲が強く攻撃的な犬となってしまいます。成長したシェパードを再教育することは困難なので、飼う際には幼少期の徹底したしつけが必要不可欠です。

 

ジャーマンシェパードの特徴は?

ジャーマンシェパードには、従順さ、訓練のしやすさ、冷静さの3つの素晴らしい特徴があります。リーダーと認めた相手の指示を忠実に守る従順さを持ち、学習能力の高さと物覚えの良いので訓練しやすく、危険を感じたときやストレスを感じる状況下でも、他の犬種のように取り乱すことなく冷静に判断して行動できます。

被毛は、滑らかで硬いまっすぐな上毛と、密生したやわらかい下毛のダブルコートです。
被毛のお手入れは週に1~2回のブラッシングで十分ですが、換毛期には丁寧に行ってあげてください。現在は短毛が主とされていますが、長毛の個体も存在します。

警察犬や軍用犬としても活躍しているので、しっかりとしたしつけをすれば良いパートナーになれる犬種です。高い忠誠心を持つ一方で、甘えん坊なので飼い主が変わったりすると分離トラウマで神経質になったりしますので注意してくださいね。

 

ジャーマンシェパードのしつけは?

シェパ1
素人ではしつけが難しいので、ドッグトレーナーなどの専門家にしつけを依頼する人が多いです。自分でしつけをするならばまずは、子犬の頃から服従訓練を繰り返し行うことで主従関係を教える込む必要があります。ジャーマンシェパードは知能の高い犬なので、飼い主が自分より格下であると判断した場合、まったく指示を聞かなくなります。自分の強さを誇示するために、飼い主や家族、ときには他人に危害を加えることもあるので、注意が必要です。

自分ではしつけられないと判断したら、専門家に依頼をしてくださいね。

 

ジャーマンシェパードの寿命や体重、病気やケガは?

ジャーマンシェパードの寿命は環境の違いにもよりますが、平均して10~12年です。体重は30~50kg前後で、大型犬に分類される犬種です。胃腸が弱いので、食事に気を使い胃拡張と腸捻転に気をつけてください。

病気は、アトピー性皮膚炎などの皮膚病や外耳炎になりやすいです。耳が匂ったり、頻繁に掻いたり、頭を振ったりするようなことがあれば獣医に相談してくださいね。大型犬種に多く見られる股関節形成不全にもなりやすいので散歩のときに歩く様子もよくみてあげてください。

寒さには強いですが、暑さと湿気には弱いので夏場の散歩の時間や室内の温度管理は特に注意が必要ですよ。

 

ジャーマンシェパードの飼い方は?

シェパ2
ジャーマンシェパードを飼うのは本当に大変なので、初めてジャーマンシェパードを飼うのであれば、相応の覚悟をもってから飼い始めてください。

まず、幼犬期からの一貫したトレーニングが必要不可欠です。飼い主により正しく訓練されたシェパードでないならば、子供のいる家庭では飼わないこと。賢く従順なので、しつけられたシェパードは子供とも仲良くやっていけますよ。

健康上・精神衛生上の問題から次の2点に気をつける必要があります。毎日の散歩時間を長く確保すること、コミュニケーションを頻繁にとることです。怠ると、激しい作業に耐えうる体力や持久力を持て余したり、ストレスから凶暴になったりしてしまいます。最低限でも1日2回、それぞれ1時間程度の散歩に加えて、頭を使う遊びなどを取り入れてあげると喜びます。たまにドッグランに連れて行って思い切り遊ばせてあげるのもいいですね。

散歩の時の注意として、放し飼いにしないようにリードをしっかりと持つことを忘れないでください。

 

訓練されてこそジャーマンシェパード

ジャーマンシェパード
「訓練されていないシェパードはシェパードにあらず」といわれるように、シェパードの優れた能力はトレーニングによって開花します。飼い主には信頼関係の構築、繰り返したっぷりトレーニングが出来る時間と体力が求められます。

誰にでも簡単におすすめできる犬種ではありませんが、一緒にトレーニングを行い少しずつ成長し合える過程も素晴らしいものです。高いレベルの知識と行動が求められますが、しつけられたシェパードと共に過ごす時間はお互いにとってかけがえのないものとなりますよね。