犬の狆(ちん)、性格、特徴、飼い方は?寿命や大きさ、しつけや歴史は?

狆(ちん)は、日本原産種の愛玩犬の一種で初めて海外の犬種団体に公認された犬種です。「ちいさいいぬ」が徐々に縮まって「ちん」と呼ばれるようになったといわれているほど小さくてかわいらしい犬種です。今回の記事では、庶民から皇族まで幅広く愛された狆の性格や特徴、飼い方、寿命や大きさ、しつけの仕方、歴史を紹介します。

 

狆の性格は?

狆3
狆は賢くて無駄噛みなどの心配もなく、明朗で開放的な性格をしています。模範的な家庭犬といえますね。協調性があって感情豊か、主人や家族を慕う優しい心の持ち主です。飼い主を喜ばせようと努力したり、後ろをつけて歩いたりするなどの微笑ましい一面も持ち合わせています。

動きは早いものの攻撃性はほとんどなく遊び好きなので、子供のよい遊び相手になってくれます。乱暴に扱われるのは苦手なので注意してくださいね。強情でプライドの高い一面もありますが、適応能力が高いので新しい環境にも問題なく慣れてくれます。いたずらをしない行儀のよい犬なので、他の人や犬に対しても友好的で仲良くなれるのも安心ですね。

 

狆の特徴は?

狆2
狆の体的な特徴は、体高と体長がほぼ等しいスクエアタイプです。まっすぐで豊富な長い飾り毛が耳や首回り、太もも、尻尾にもあります。被毛はシルキータッチともいわれ、長くて柔らかいです。ポイントごとについている飾り毛が魅力のひとつです。被毛は多いですが、シングルコートなので抜け毛が少なく、お手入れは楽です。体臭も少なく、マンション暮らしの方にもオススメできる犬種です。

毛色は「ブラック&ホワイト」「レッド&ホワイト」が標準です。顔にあるまだら模様によって「サムライ班」「ヤッコ班」、背中にある模様で「鞍かけ班」、尾の手前にある模様によって「おどめ班」に分類されていました。口元がピンク色になっている個体は繁殖者の名前から「森田屋口」として珍重されていたこともありました。

 

狆の飼い方は?

狆は長毛種ですが厚い下毛がないので、お手入れはブラッシングとコーミングだけで充分です。ブラッシングは、特に絡まりやすい尻尾、脚、耳などを入念に行ってあげてください。美しく滑らかな毛質を保つためにも、定期的なシャンプーもオススメです。

長毛種で短頭種なので暑さ、寒さには弱いです。散歩は熱射病や熱中症になりやすいので、朝か夕の涼しい時間帯に30分を目安にしてあげてください。特に夏場は高温多湿にならないよう、部屋の温度管理に注意が必要です。狆は出産のときに難産になりやすい傾向があります。帝王切開など別途費用がかかることがありますので、出産のまえに十分考慮してくださいね。

 

狆の寿命や大きさは?

shutterstock_278774642
寿命は12~14年で、小型犬としては平均的です。体高は25cm前後、体重は3〜4kg程度と小柄ながらも、元気がよく丈夫で自立心が強い犬種です。健康面で注意したいのは、目の周りの清潔を保つことと、定期的な耳掃除を欠かさないことです。
やわらかい布や綿棒を使って、こまめに目ヤニや汚れを取り除いてください。

目の周りの毛が湿った状態になると細菌が繁殖しやすく、皮膚炎になりやすいので涙はこまめに拭き取ってください。垂れ耳の犬種全般にいえることですが、耳は通気性が悪く耳垢もたまりやすいので外耳炎になりやすいです。こまめにケアしてあげてくださいね。

 

狆のしつけは?

狆1
狆は飼い主に対して従順なので、しつけがしやすいです。利口で賢い犬種なので、信頼した飼い主のことを一生懸命理解しようとし、たっぷりと愛情を注いでくれます。プライドが高いので、甘やかしすぎると言う事を聞かなくなることもあります。
子犬の時から、しっかりしつけるようにしてください。繊細な一面も持っているので、怒るときは叱りすぎないようにするのもポイントです。

少し大げさなくらいに褒めてあげることで、より愛犬との距離が近くなりますよ。

 

狆の歴史は?

狆は明治から大正にかけて、天皇や各地の将軍や大名に飼われていたといわれています。生類憐みの令を作ったことで有名な江戸幕府5代将軍の徳川綱吉も狆を寵愛していました。狆御殿を作り、狆専用の医者まで雇っていたといわれています。

大奥では竹で編んだカゴで眠り、絹の袖に抱かれ、主に菜食で育てていたと伝えられています。元々日本では屋内で犬を飼う習慣はなく、日本での室内愛玩犬(座敷犬)が誕生したきっかけが狆だといわれています。当時の歌舞伎の台詞や落語のネタにも狆が使われていたことからも、いかに愛されていたかがわかりますね。

しぐさがまるで猫のようであること、犬と猫の中間ということで「狆」という漢字が生まれました。豊富な被毛に覆われて歩く姿は誇り高く、優美にみえますよ。

 

狆は日本が誇る愛玩犬

狆は抜け毛の少なさから畳の上でも飼うことができます。木に登った狆がいるという記述もあるように、走ったり遊んだりするのが好きな犬種ですが、長時間の散歩は必要ありません。室内を歩き回るだけでも十分なので、シニア世代の方にも向いています。短時間の散歩の時に色々なものを見たり聞いたりさせると、社会性が身に付き、よりみんなに愛されるようになってくれます。

狆は飼い主のタイプに合わせて活発にも控えめにもなることのできる理想的な犬種なのです。