愛犬にヨーグルトを与えても大丈夫?メリットや与え方、注意点も紹介!

腸の働きをサポートしてくれるヨーグルト。

最近では犬にも役立つという話も聞かれるようになってきましたが、本当に害がないのか不安だという飼い主さんはまだまだ多いはず。

この記事では、犬とヨーグルトとのマッチング、メリット、与え方、注意点についてまとめました。

 

犬がヨーグルトを食べても大丈夫?

ヨーグルト03

結論から言うと犬にヨーグルトを与えるのは悪いことではありません。ヨーグルトには犬が中毒を起こしたり健康を害する成分が入っておらず、種類を選べば人間同様に健康促進を期待できる食べ物です。

以下、詳しく説明します。

 

犬の腸にも善玉菌が存在

人間と同じように、犬の腸にも善玉菌が存在しています。ヨーグルトは、犬の腸内でも善玉菌を増やす作用が働くのです。

 

牛乳は「乳糖」が下痢を誘うので注意

「愛犬に牛乳を飲ませたら下痢をした」「同じ乳製品だからヨーグルトを与えたら下痢になるのではないか」と考える飼い主さんもいますよね。たしかに牛乳を犬に与えることはおすすめしません。

牛乳には「乳糖」という成分が含まれているのですが、犬は乳糖を消化する酵素を持っておらず、牛乳を飲むと下痢を引き起こしてしまいます。

一方ヨーグルトは乳酸菌が乳糖の一部を分解し、下痢になるリスクを低減します。

 

愛犬にヨーグルトを与えるメリット

ヨーグルト07

メリット

  • 食欲増進
  • 便の調子がよくなる
  • 牛乳より下痢をしにくい
  • 消化を助ける
  • カリウム、ビタミンが多い
  • 口臭の対策

ヨーグルトが愛犬にもたらす具体的なメリットについて以下の項目で解説します。

 

食欲が増進する

ヨーグルトには食欲を増進させる働きもあるため、フードの食いつきが悪い時などにヨーグルトをトッピングすると愛犬の食欲不振が解消されることがよくあります。

 

便の調子がよくなる

ヨーグルトにはビフィズス菌やガセリ菌など善玉菌と称される乳酸菌がたくさん含まれています。健康な腸内環境(腸内フローラ)のサポートにも役立つので、下痢や便秘になりにくくなりますよ。

 

牛乳より下痢をしにくい

ヨーグルトは生乳に乳酸菌を加えて発酵させる過程で牛乳に含まれる乳糖の一部を分解してくれるため、牛乳を飲んで下痢をする「乳糖不耐症」を起こす可能性が少なくなります。

「愛犬に牛乳を与えたら下痢をした」というケースでもヨーグルトをおすすめします。

 

消化を助ける

発酵食品であるヨーグルトには、消化を助ける酵素が豊富に含まれています。

普段与えているドッグフードにヨーグルトを添えてあげることで消化しやすくなるので、愛犬の体調が悪い時などおすすめですよ。

 

カリウムやビタミンが多く含まれる

ヨーグルトはタンパク質のほか、カリウム、カルシウム、ビタミンB1、ビタミンB2などが豊富です。いずれも愛犬の健康を維持するのに大切な栄養素です。

 

口臭の対策になる

犬の口臭原因のひとつに歯周病が挙げられますが、ヨーグルトに含まれる乳酸菌が歯周病菌の増殖を抑え、口臭をケアします。

 

愛犬にヨーグルトを与えるデメリット

ヨーグルト06

犬の健康維持に役立つヨーグルトですが、与えすぎには気をつけてください。

乳酸菌は牛乳に含まれていた乳糖を分解しますが、すべてを分解してくれるわけではないので過剰な摂取は下痢になる可能性が高まります。

またヨーグルトには豊富な栄養素が備わっているぶん、与えすぎによる肥満の心配も出てきますよ。

 

愛犬に与えるヨーグルトの栄養素

ヨーグルト05

栄養素の種類

  • タンパク質
  • 脂肪
  • 炭水化物(糖質)
  • カルシウム
  • モリブデン
  • ビタミンA
  • ビタミンB1
  • ビタミンB2

 

タンパク質

3大栄養素のひとつであるタンパク質は、細胞や筋肉、骨などすべての成長に必要とされる大切なエネルギー源です。

 

脂肪

脂肪はエネルギー源になるだけでなく被毛の維持、皮膚の炎症軽減、免疫力強化などに役立つ3大栄養素のひとつです。

 

炭水化物(糖質)

炭水化物も3大栄養素のひとつで、愛犬のエネルギー源確保に大切な役割を担います。

 

カルシウム

骨の形成とともに神経伝達にも影響を与えます。

 

モリブデン

ミネラルのひとつであるモリブデンは糖質や脂質の代謝を助長し、体内の有害物質を分解します。

 

ビタミンA

ビタミンAは免疫力、視力、皮膚の生成などをサポートする役割があります。

 

ビタミンB1

おもに神経系統の機能に影響を及ぼすのがビタミンB1です。

 

ビタミンB2

ビタミンB2は艶のある被毛と健康な皮膚を形成します。

 

愛犬にヨーグルトを与える際の注意点

ヨーグルト01

ポイント

  • 与えすぎない
  • プレーンタイプを選ぶ
  • 体質に合うか確認する
  • 室温まで戻す

犬の腸内環境にも影響を与えるヨーグルトですが、与える際には幾つかの注意点がありますので紹介します。

 

おもなタンパク源として与えすぎない

ヨーグルトは牛乳からできているためカルシウムがたくさん含まれています。摂りすぎると尿結石の原因になる可能性もあるので、おもなタンパク源としてのメインフードではなく、あくまで補助食として考えてください。

 

人間用を与える場合はプレーンタイプを選ぶ

材料のチェック項目糖分、香料、脂肪分、果実類などの添加物

人間の健康補助にもなるので愛犬と共用するのは悪くありませんが、無糖・無香料のプレーンタイプを選んでください。低脂肪または無脂肪のものならさらに理想的です。

人間がそのまま食べて美味しいと感じるヨーグルトの多くは砂糖がたくさん入っていて犬の健康を害しています。果実が入っているものも除外し、とくにブドウ、イチジクなどは犬が中毒を起こすこともあるので避けてください。

 

体質に合うかどうかを最初に確認する

犬によっては稀にアレルギー反応を示す可能性もあるため、初めてヨーグルトを食べさせるときは上記で紹介した規定量よりも少ない量を与えて体調に変化がないかを確認します。食べた直後、1日後、2日後の便の状態を確認してください。

とくに悪影響がないようなら初日より少し量を増やし、また便の様子を見て大丈夫ならさらに増やすという具合にします。

 

室温くらいまで戻してから与える

与えるヨーグルトの温度にも注意が必要で、冷蔵庫から出してすぐの冷えた状態では与えないようにしてください。しばらく放置して室温くらいまで戻し、とくに冬場の温度管理と少量でも身体に影響が出やすい小型犬には注意を払います。

 

愛犬に与えるヨーグルト量の目安

ヨーグルト02
目安小さじ2杯/1日

体重5kg前後の犬に対して1日小さじ2杯までを守るようにし、それより小型の犬にはもっと少ない量で十分です。

乳酸菌は一度にたくさん食べても排泄されて意味がないだけでなく、下痢になる可能性も高まります。毎日少量を与え続けることが腸内環境を良好に整えることにつながります。

与えたあとは必ず様子を見ることにし、下痢や嘔吐などしてないかを確認します。乳酸不耐症になったりアレルギー反応を起こしていたりする場合はすぐに与えるのをやめ、獣医師に相談してください。

 

ヨーグルトを与えるタイミング

与えるタイミングはあまり気にしなくて大丈夫です。おやつ代わりに与えて問題はありませんが、乳酸菌は胃酸に弱い性質を持っているためなるべくなら空腹時は避けるようにしてください。

 

ヨーグルトをかならず与える必要はない

犬にとって必要な栄養素が豊富に入った良質なフードを食べていれば、ヨーグルトを与える必要はありません。逆にヨーグルトのおいしさに目覚めて従来のフードを食べなくなるという弊害が出ることもあります。

食欲が落ちていると感じたとき、体調が悪くフードは食べないけれど何か食べさせないといけないときなど、補助的に考えておきたいですね。

 

ヨーグルトを手作りフードに入れる方法も

ヨーグルト04

ヨーグルトは手作りフードを与えている家庭には追加食材としても向いています。肉を柔らかくする作用もあるため、生肉を使ったレシピに加えるのがメニューも広がっておすすめです。

乳酸菌は生きて腸まで届くタイプがベストですが、最近の研究では加熱しても食物繊維として腸内の細菌を排出することが確認されています。たまには加熱料理に使うのもいいですね。

 

愛犬とともにヨーグルト食を楽しむ

ヨーグルト08

ペットショップなどで乳酸菌入りの犬用サプリなども発売されていますが、プレーンタイプであれば人間用を与えても問題ないので、飼い主さんと愛犬とでひとつのヨーグルトを分けあうこともできますよ。

飼い主さんが食べるのにプレーンタイプでは味気がないというなら、自分のヨーグルトにだけフルーツやアイスクリームを加えてもいいですね。家族で仲良く、おいしく健康管理を続けてください。