ドッグフード「DailyStyle」の原材料を徹底評価!


「DailyStyle」は獣医師の宿南氏が「犬にとって本当に良いフード」を追求し、犬の進化論や進化栄養学をもとに長年研究を重ねて開発したドッグフードです。

この記事では「DailyStyle 成犬用」に含まれる原材料や成分から徹底評価しています。評価は「子犬(離乳~1歳)」と「成犬(1歳以上)」に分けて、それぞれ100点満点にて行っています。

 

ドッグフード「DailyStyle」を評価

フード画像余白編集.pptx-14

DailyStyleの総合得点

  • 86点(100点中)
内訳得点/配点
子犬成犬
主原材料 評価30/30点30/30点
その他原材料 評価26/40点26/40点
合成酸化防止剤不使用10/10点10/10点
人工添加物不使用10/10点10/10点
タンパク質量5/5点5/5点
粗脂肪量5/5点5/5点
合計得点86/100点86/100点

 

ドッグフード「DailyStyle」の得点の内訳は?

shutterstock_639695074

主原料評価

動物性タンパク質を使用している場合、満点(30点)と評価しています。

本フードの場合、主原材料に動物性タンパク質源である「鹿肉(生)」を使用しているため、30点となります。

鹿肉は高タンパク、低脂質、低カロリーで消化吸収に優れた食材です。また肉類には珍しくオメガ3脂肪酸やオメガ6脂肪酸などの不飽和脂肪酸が豊富に含まれており、皮膚や被毛の健康をサポートします。

 

その他原料の評価

原材料表を参考に、全原材料のうち粗悪な原材料が含まれる割合を考慮し、減点しています。粗悪な原材料を1つも使用していない場合、満点(40点)と評価しています。

本フードの場合、粗悪原料である「焙煎玄米」「小麦」「米麹」「大麦若葉」を使用しているため26点となります。

DailyStyleに使用されているすべての原料と成分表は「DailyStyleの詳しい原材料と成分一覧は?」にてまとめています。

 

合成酸化防止剤

不使用の場合、満点(10点)と評価しています。

本フードの場合、合成酸化防止剤が使用されていない(原材料表に合成酸化防止剤の名称がない)ので10点となります。

合成酸化防止剤とは人工的に合成された化学物質のことで、愛犬の体に害を及ぼしかねない危険なものです。

DailyStyleでは酸化の原因となる酸素や光を遮断するため、厚いアルミフィルムを使用した特殊なパッケージが採用されています。

またドッグフードに含まれる水分により雑菌が繁殖したり、加水分解が起きたりすることによっても酸化が起きるため、水分量を極力減らし、雑菌の繁殖や加水分解が抑制されています。

酸化防止剤を使用する代わりに「酸化する要因」を取り除くことによってドッグフードの鮮度が保たれているため、安全性が高いです。

 

人工添加物(着色料、着香料、発色剤など)

不使用の場合、満点(10点)と評価しています。

本フードの場合、これらの人工添加物が使用されていないので10点となります。

着色料や発色剤はドッグフードの見た目を鮮やかにする目的で使用されますが、犬は嗅覚で食べ物を判断するためそれはほとんど意味をなしません。

また食いつきを上げるために用いられる着香料ですが、そもそも原材料の質が良ければ必要のないものです。粗悪な食材をごまかそうとしている可能性があります。

ほとんどが石油や化学物質でできているので、与え続けると愛犬の体に悪影響を及ぼす恐れがあります。

 

タンパク質

AAFOC最低基準

  • 子犬:22.5%以上
  • 成犬:18.0%以上

AAFCOが定めるタンパク質(乾燥重量比)の最低基準を満たしている場合、満点(5点)と評価しています。

本フードの場合、「33.5%」と、子犬・成犬の各基準を満たしているため、どちらも5点満点となります。

 

粗脂肪

AAFOC最低基準

  • 子犬:8.5%以上
  • 成犬:5.5%以上

AAFCOが定める粗脂肪(乾燥重量比)の最低基準を満たしている場合、満点(5点)と評価しています。

本フードの場合、「11.2%」と、子犬・成犬の各基準を満たしているため、どちらも5点満点となります。

 

ドッグフード「DailyStyle」の基本情報は?

shutterstock_280696697

赤字で示した部分がペットにとって「好ましくない」といえる原料です。

商品名DailyStyle 成犬用
分類 総合栄養食
定価 3,980円(税込)
内容量 1kg
カロリー 400kcal/100g
賞味期限製造後:2年
生産国 日本
販売元 株式会社エテルノ(愛情ごはん食事療法食動物病院)
対応年齢 成犬用(1〜7歳未満)
メイン食材鹿肉(生)
穀物 焙煎玄米・小麦・米麹・大麦若葉
酸化防止剤 不使用
人工添加物 不使用
粒の大きさ全長:約1〜2cm
直径:約4〜5mm
配達まで期間注文から3〜5営業日の出荷

 

ドッグフード「DailyStyle」の詳しい原材料と成分一覧は?

shutterstock_1269473800

DailyStyle 成犬用の原材料

赤字で示した部分がペットにとって「粗悪」といえる原料です。

主原料鹿肉(生)
その他原材料牛肉(国産)、焙煎玄米小麦、動物性油脂(牛脂、バター)、大豆、米麹、酵母、ココナッツ油、白身魚、大麦若葉、海藻、L-メチオニン、ミネラル類(カルシウム、リン、カリウム、クロール、ナトリウム、亜鉛)、アミノ酸類(タウリン、L-メチオニン)、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、C、E、D、ナイアシン、パントテン酸Ca、コリン、葉酸、ビオチン)

 

DailyStyle 成犬用の成分分析値

成分名成分含有率乾燥重量比
粗タンパク質 30% 33.5%
粗脂肪分 10% 11.2%
粗繊維 2%2.2%
粗灰分9%10.1%
水分 10.5% –

※乾燥重量比…フード中に含まれる水分量を除外した、残りの部分に対する成分値の割合のこと。AAFCO栄養基準は乾燥重量比に基づいている。

 

ドッグフード「DailyStyle」の賞味期限は?

shutterstock_618920093

賞味期限

  • 製造後:2年

ドッグフードの賞味期限はあくまで目安です。

保管方法によっては記載されている賞味期限よりも早く品質の低下が進行することもあります。開封後は袋をしっかりと密閉し、できるだけ早く消費するようにしてくださいね。

 

ドッグフード「DailyStyle」の保管方法は?

shutterstock_601785911

ドッグフードは封を切った瞬間から、空気に触れることで脂質の酸化や品質の劣化が始まります。開封後はしっかりと密閉して、できる限り空気に触れる時間を短くすることが大切です。

また温度や湿度の変化もドッグフードを劣化させる原因になります。開封後は20度以下、未開封の場合も35度以上にならないように注意し、風通しが良く、直射日光が当たらない場所を選んで保管するようにしてください。

特に夏場は室内でも高温になりやすいため、場合によっては冷蔵庫での保存をおすすめします。

 

ドッグフード「DailyStyle」の体重ごとの目安給餌量、1日あたりの価格は?

shutterstock_190393844
体重目安給餌1日あたりの価格
1kg28g112円
2kg47g188円
3kg64g255円
4kg79g316円
5kg94g373円
6kg107g428円
7kg120g480円
8kg133g531円
9kg145g580円
10kg157g627円
15kg213g850円
20kg265g1,054円
30kg359g1,429円
40kg445g1,773円
50kg526g2,096円

※成犬期を想定した場合

目安給餌量は「避妊・去勢済の成犬のカロリー必要量÷本フードのカロリー×100」で算出、1日あたりの価格は「目安給餌量×価格÷内容量」で算出しています。

ドッグフードの目安給餌量は、ライフステージや活動量などで計算方法が異なります。愛犬に合った目安給餌量の計算方法などはこちらで紹介しています。

 

編集部まとめ

shutterstock_383773078

DailyStileは獣医師の知識や経験、犬の進化論、栄養学など様々な観点から「犬の健康」を第一に、徹底的なこだわりを持って作られたドッグフードです。

「子犬用」「成犬用」「シニア用」それぞれのステージに適した栄養バランスの商品がラインアップされています。

原材料は独自の厳格な品質基準をクリアした高品質な食材のみが採用されており、不要な添加物の使用もないうえ、定期的に専門機関での成分検査も実施されているため、安全性を高く評価できますね。

また主原材料には高タンパクで栄養価の高い鹿肉が使用され、熱に弱いタンパク質を壊さないよう低温で調理されています。そのため栄養素が損なわれることがなく、栄養をしっかりと摂取することができます。

そしてDailyStyleには、犬の進化の歴史や栄養学に基づき計算された適正量の焙煎玄米や小麦などの穀物があえて使用されています。愛犬へ穀物を与えることは賛否がわかれます。

もちろん穀物アレルギーを持つ愛犬への給餌は避けなくてはなりません。しかし玄米や大麦などはアレルギー性も低く、食物繊維やミネラルも豊富な食材のため、穀物アレルギーを持っていない愛犬へ与える分には問題がないともされています。

ただ本フードにはアレルゲンとなりやすい「グルテン」を含む小麦も使用されているので、穀物アレルギー発症経験がなくとも、気になるようであれば避けることをおすすめします。

 

ドッグフード「DailyStyle」の商品購入ページへ

フード画像余白編集.pptx-14