いぬはぐは安全?原材料を徹底評価!口コミや評判もチェック

いぬはぐは、乳酸菌とオリゴ糖を配合することによって、健康的な腸内環境をサポートするという特徴を持ったドッグフードです。

この記事では「いぬはぐドッグフード」を、含まれる原材料や成分から徹底評価しています。評価は「子犬(離乳~1歳)」と「成犬(1歳以上)」に分けて、それぞれ行っています。

 

ドッグフード「いぬはぐ」の評価の内訳は?

shutterstock_699944998

主原材料評価

動物性タンパク質を使用しているかどうかを評価しています。

本フードの場合、主原料に動物性タンパク源である「鶏肉」を使用しています。

 

その他原材料の評価

粗悪な原材料を使用していないかどうかと評価しています。

本フードの場合、好ましくない原材料となりうる「玄米」「白米」を使用しています。

いぬはぐに使用されているすべての原材料と成分表はドッグフード「いぬはぐ」の詳しい原材料と成分一覧は?にてまとめています。

 

合成酸化防止剤

合成酸化防止剤とは人工的に合成された化学物質のことで、愛犬の体に悪影響を及ぼしかねない危険なものです。そんな合成酸化防止剤が使用されていないかを評価しています。

本フードの場合、合成酸化防止剤が使用されていない(原材料表に合成酸化防止剤の名称がない)ことが確認できました。

ここでは、代わりに天然由来で酸化防止作用を持つ「ビタミンE」「マリーゴールド」等が使われているため、安心して与えることができます。

 

人工添加物(着色料、着香料、発色剤など)

犬はにおいで食べ物を判断するため、着色料や発色剤はほとんど意味を成しません。着香料が使われているのも、粗悪な食材をごまかそうとしているためかもしれません。

ほとんどが石油や化学物質でできているので、与え続けると犬の体に悪影響を及ぼす可能性があります。

そんな人工添加物が不使用であるかどうかを評価しています。

本フードの場合、これらの人工添加物が使用されていませんでした。

 

タンパク質

AAFCO最低基準

  • 子犬:22.5%以上
  • 成犬:18.0%以上

AAFCOが定めるタンパク質(乾燥重量比)の最低基準を満たしているかどうか評価しています。

本フードの場合「24.2%」と、子犬・成犬の各基準を満たしています。

 

粗脂肪

AAFCO最低基準

  • 子犬:8.5%以上
  • 成犬:5.5%以上

AAFCOが定める粗脂肪(乾燥重量比)の最低基準を満たしているかどうかを評価しています。

本フードの場合「6.6%」と、成犬の基準は満たしていますが子犬の基準に達していません。

 

ドッグフード「いぬはぐ」の基本情報は?

shutterstock_727778344

赤字で示した部分がペットにとって「好ましくない」といえる原料です。

商品名 いぬはぐ
分類 総合栄養食
定価 7538円(税込)
定期コース
価格
1058円(税込)
【85%OFF】
2回目以降は5378円
内容量 1.5kg
カロリー 352kcal/100g
賞味期限 開封後:9~10ヶ月
開封後:1~2ヶ月程度
生産国 イギリス
販売元 株式会社ペットハグ
対応年齢 全年齢
メイン食材 鶏肉
穀物 玄米、白米
酸化防止剤 不使用
人工添加物 不使用
問合せ先 support@pet-hug.com

 

ドッグフード「いぬはぐ」の詳しい原材料と成分一覧は?

shutterstock_294698039

いぬはぐの原材料

主原材料 鶏肉
その他原材料 玄米白米、ターキー、アルファルファ、チキンエキス、鶏脂、ミネラル類(硫酸第一鉄一水和物、硫酸亜鉛一水和物、硫酸マンガン一水和物、硫酸第二銅五水和物、無水カルシウム)、ビタミン類(ビタミンA、ビタミンD3、ビタミンE)、クリノプチロライトクレイ、サーモンオイル、ベータグルカン、アミノ酸(Lカルニチン、リジン、DL、メチオニン、タウリン)、マリーゴールド、グルコサミン、MSM(メチルスルフォニルメタン)、コンドロイチン、マンナンオリゴ糖、フラクトオリゴ糖、ユッカエキス、オオバコ種子パウダー、リンゴ、プロバイオティクス

赤字で示した部分がペットにとって「好ましくない」といえる原料です。

 

ドッグフード「いぬはぐ」の成分分析値

成分名 成分含有率 乾燥重量比
粗タンパク質 22% 24.2%
粗脂肪分 6% 6.6%
粗繊維 3.7% 4.1%
粗灰分 7.5% 8.2%
水分 9%

粗脂肪量が6.6%と控えめなドッグフードです。

おすすめの低脂肪ドッグフードはこちらの記事、ダイエット用ドッグフードはこちらの記事にまとめています。

乾燥重量比…フード中に含まれる水分量を除外した、残りの部分に対する成分値の割合のこと。AAFCO栄養基準は乾燥重量比に基づいている。

 

ドッグフード「いぬはぐ」の賞味期限は?

shutterstock_1311759314

賞味期限

  • 開封前:9~10ヶ月
  • 開封後:1~2ヶ月程度

ドッグフードの賞味期限は、あくまでも目安です。

保管方法によっては記載の賞味期限よりも早く品質の低下が進んでしまうことがあるので、購入後は早めに使い切るようにしてくださいね。

 

ドッグフード「いぬはぐ」の保管方法は?

shutterstock_1296056827

ドッグフードは、封を切った瞬間から湿気を吸収し酸化が始まります。開封後はしっかりと密閉し、空気に触れる時間をできるだけ短くすることがポイントです。

また、温度や湿度の変化も品質低下の原因になります。「直射日光が当たらない」「涼しくて風通しが良い」場所で保管するようにしてくださいね。

詳しい保管方法やおすすめの保存用グッズは、こちらの記事を参考にしてくださいね。

 

ドッグフード「いぬはぐ」の体重ごとの目安給餌量、1日あたりの価格は?

shutterstock_715606345
体重 目安給餌量 1日あたりの価格
1kg 34g 24円
2kg 57g 41円
3kg 77g 55円
4kg 95g 68円
5kg 113g 80円
6kg 129g 92円
7kg 145g 103円
8kg 160g 114円
9kg 175g 124円
10kg 190g 134円
15kg 257g 182円
20kg 319g 226円
30kg 432g 306円
40kg 537g 379円
50kg 634g 448円

※成犬期の犬への給餌を想定、初回定期購入時の価格で算出

目安給餌量は「避妊・去勢済の成犬のカロリー必要量÷本フードのカロリー×100」で算出、1日あたりの価格は「目安給餌量×価格÷内容量」で算出しています。

こちらは定期コース申込みでの初回割引価格1058円(税込)で計算した値なので、2回目以降(5378円)は数字を5倍した価格が目安です。

ドッグフードの目安給餌量は、ライフステージや活動量などで計算方法が異なります。愛犬に合った目安給餌量の計算方法などはこちらで紹介しています。

 

いぬはぐの口コミは?

shutterstock_1126315250
まず食いつきがものすごくいいです!脂質の多いドッグフードは消化ができない体質で、これまでは療養食をあげていました。
食いつきも腸の調子もよかったので、それでも問題はなかったのですが、原料がちょっと心配(タンパク質が少なそう)で、ほかの安心できるフードを探していたところでした。でも安心できる「こだわり系」のドッグフードは脂質多めのものが多く、なかなかあげられるものがなく…。
その点、いぬはぐは鶏肉ベースで栄養的にも安心です。
おなかのことを考えて作られているだけに、消化がいいのか、いつもおなかを空かせている様子がかわいそうですが。
飼い主的には、べたべたした脂っこさがなく、ドッグフード自体の匂いがないのがうれしいです。そのせいかおしっこのにおいも軽減されました。

 

編集部まとめ

shutterstock_684899944

いぬはぐは鶏肉をメインに使用したドッグフードで、愛犬の健康的な生育に必要なタンパク質を十分補うことができます。

危険性の高いとされる人工添加物や合成酸化防止剤は使用せず、代わりに「ビタミンE」「マリーゴールド」「ユッカエキス」といった天然由来の酸化防止作用を持つ原材料を使用している点も安心できるポイントです。

気になる点としては、穀物が使用されている点。

いぬはぐに使われている穀物は比較的アレルギー性の低い部類ですが、過去に穀物に対してアレルギーの発症経験がある場合は再発を招くおそれがあります。

穀物アレルギーを発症したことのない愛犬にならば与えても問題ないですが、穀物アレルギー持ちや穀物入りのドッグフードで体調不良などを起こしたことのある愛犬は避けた方が好ましいです。

また、「脂質」の配合量がAAFCOの子犬用最低基準を満たしていないことも気になります。

子犬にとって脂質は健康的な成長に欠かせない成分であり、不足すると皮膚や毛並みに影響がある場合がありますので、与える場合は注意深く様子を見ながら給餌するようにしてくださいね。

 

当サイトがおすすめする高品質ドッグフードはこちらの記事で紹介しています。ぜひ参考にしてくださいね。

 

ドッグフード「いぬはぐ」の購入ページへ

DSC_0072