ドッグフード「Yum Yum Yum!」の原材料を徹底評価!

ドッグヘルスアドバイザー・ドッグトレーニングアドバイザー・ドッグライフアドバイザーの資格を保有。犬の健康管理、栄養、病気と対処法、しつけとトレーニングに関する情報が専門。


「Yum Yum Yum!」は素材の香りを感じられるほどの品質と美味しさという、食事としての「当たり前」にとことんこだわって作られているドッグフードです。

この記事では「Yum Yum Yum! チキン ドライタイプ」含まれる原材料や成分から徹底評価しています。評価は「子犬(離乳~1歳)」と「成犬(1歳以上)」に分けて、それぞれ100点満点にて行っています。

 

ドッグフード「Yum Yum Yum!」を評価

フード画像余白編集.pptx-14

Yum Yum Yum!の総合得点

  • 87点(100点中)
内訳得点/配点
子犬成犬
主原材料 評価30/30点30/30点
その他原材料 評価27/40点27/40点
合成酸化防止剤不使用10/10点10/10点
人工添加物不使用10/10点10/10点
タンパク質量5/5点5/5点
粗脂肪量5/5点5/5点
合計得点87/100点87/100点

 

ドッグフード「Yum Yum Yum!」の得点の内訳は?

shutterstock_429245920

主原料評価

動物性タンパク質を使用している場合、満点(30点)と評価しています。

本フードの場合、主原材料に動物性タンパク質源である「鶏肉」を使用しているため、30点となります。

鶏肉はアミノ酸をバランス良く含み、体内で生成することのできない必須脂肪酸のリノール酸やαリノレン酸、アミノ酸と同時に摂取することでアミノ酸の働きをサポートするビタミン類などの栄養素も豊富で、非常に栄養価の高い食材です。

 

その他原料の評価

原材料表を参考に、全原材料のうち粗悪な原材料が含まれる割合を考慮し、減点しています。粗悪な原材料を1つも使用していない場合、満点(40点)と評価しています。

本フードの場合、粗悪原料である「大麦」「玄米」「塩化カリウム」「塩化ナトリウム」を使用しているため27点となります。

Yum Yum Yum!に使用されているすべての原料と成分表は「Yum Yum Yum!の詳しい原材料と成分一覧は?」にてまとめています。

 

合成酸化防止剤

不使用の場合、満点(10点)と評価しています。

本フードの場合、合成酸化防止剤が使用されていない(原材料表に合成酸化防止剤の名称がない)ので10点となります。

保存食であるドッグフードの酸化を防ぐためには酸化防止剤や保存料が必要となります。

しかし合成酸化防止剤とは人工的に合成された化学物質のことで、愛犬の体に害を及ぼしかねない危険なものです。

ここでは酸化防止剤として天然由来の「ミックストコフェロール」が使用されているため、安全性が高いです。

 

人工添加物(着色料、着香料、発色剤など)

不使用の場合、満点(10点)と評価しています。

本フードの場合、これらの人工添加物が使用されていないので10点となります。

着色料や発色剤はドッグフードの見た目を鮮やかにする目的で使用されますが、犬は嗅覚で食べ物を判断するためそれはほとんど意味をなしません。

また嗜好性を上げるために用いられる着香料ですが、そもそも原材料の質が良ければ必要のないものです。粗悪な食材をごまかそうとしている可能性があります。

ほとんどが石油や化学物質でできているので、与え続けると愛犬の体に悪影響を及ぼす恐れがあります。

 

タンパク質

AAFOC最低基準

  • 子犬:22.5%以上
  • 成犬:18.0%以上

AAFCOが定めるタンパク質(乾燥重量比)の最低基準を満たしている場合、満点(5点)と評価しています。

本フードの場合、「23.8%」と、子犬・成犬の各基準を満たしているため、どちらも5点満点となります。

 

粗脂肪

AAFOC最低基準

  • 子犬:8.5%以上
  • 成犬:5.5%以上

AAFCOが定める粗脂肪(乾燥重量比)の最低基準を満たしている場合、満点(5点)と評価しています。

本フードの場合、「11.6%」と、子犬・成犬の各基準を満たしているため、どちらも5点満点となります。

 

ドッグフード「Yum Yum Yum!」の基本情報は?

shutterstock_145368028

赤字で示した部分がペットにとって「好ましくない」といえる原料です。

商品名Yum Yum Yum! チキン ドライタイプ
分類 総合栄養食
定価 5,916円(税込)
内容量 2kg
カロリー 358kcal/100g
賞味期限開封後:1ヶ月
生産国 日本
販売元 株式会社カラーズ
対応年齢 全年齢
メイン食材 鶏肉
穀物 大麦・玄米
酸化防止剤 天然由来(ミックストコフェロール)
人工添加物 不使用
粒の大きさ 約7~10mm
問合せ先 0120-73-1238
配達まで期間 午後3時までの注文は当日発送可

 

ドッグフード「Yum Yum Yum!」の詳しい原材料と成分一覧は?

shutterstock_361774868

Yum Yum Yum! チキン ドライタイプの原材料

赤字で示した部分がペットにとって「粗悪」といえる原料です。

主原料鶏肉
その他原材料大麦玄米、ビール酵母、かつお節、全卵、チキンエキス、酵母エキス、オリゴ糖、にんじん、発酵調味液、ブロッコリー、かぼちゃ、昆布、しいたけ、ミネラル類(牛骨カルシウム、卵殻カルシウム、塩化カリウム塩化ナトリウム、グルコン酸亜鉛、ピロリン酸第二鉄、グルコン酸銅)、ビタミン類(ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンB2、ビタミンB12、パントテン酸カルシウム)、酸化防止剤(ミックストコフェロール)

 

Yum Yum Yum! チキン ドライタイプの成分分析値

成分名成分含有率乾燥重量比
粗タンパク質 22.5% 23.8%
粗脂肪分 11% 11.6%
粗繊維 1.5% 1.6%
粗灰分 6.5% 6.9%
水分 5.5% –

※乾燥重量比…フード中に含まれる水分量を除外した、残りの部分に対する成分値の割合のこと。AAFCO栄養基準は乾燥重量比に基づいている。

 

ドッグフード「Yum Yum Yum!」の賞味期限は?

shutterstock_115280308

賞味期限

  • 開封後:1ヶ月

ドッグフードの賞味期限はあくまで目安です。

保管方法によっては記載されている賞味期限よりも早く品質の低下が進行することもあるため、食べきれる量のドッグフードを購入し、早めに食べきるようにしてくださいね。

 

ドッグフード「Yum Yum Yum!」の保管方法は?

shutterstock_1138037996

ドッグフードは封を切った瞬間から、空気に触れることで脂質の酸化や品質の劣化が始まります。開封後はしっかりと密閉して、できる限り空気に触れる時間を短くすることが大切です。

また温度や湿度の変化もドッグフードを劣化させる原因になります。風通しが良く、直射日光が当たらない場所を選んで保管するようにしてくださいね。

特に夏場は痛みやすくなるため、注意が必要です。

 

ドッグフード「Yum Yum Yum!」の体重ごとの目安給餌量、1日あたりの価格は?

shutterstock_138560912
体重目安給餌1日あたりの価格
1kg31g92円
2kg53g157円
3kg71g210円
4kg88g260円
5kg104g308円
6kg120g355円
7kg135g399円
8kg149g441円
9kg162g479円
10kg176g521円
15kg238g704円
20kg296g875円
30kg401g1,186円
40kg497g1,470円
50kg588g1,739円

目安給餌量は「避妊・去勢済の成犬のカロリー必要量÷本フードのカロリー×100」で算出、1日あたりの価格は「目安給餌量×価格÷内容量」で算出しています。

ドッグフードの目安給餌量は、ライフステージや活動量などで計算方法が異なります。愛犬に合った目安給餌量の計算方法などはこちらで紹介しています。

 

編集部まとめ

shutterstock_419302438

Yum Yum Yum!は愛犬の健康はもちろん、良質な素材にこだわり品質や美味しさを追求したドッグフードです。

獣医師の監修のもとに考えられたレシピは、全てのライフステージに対応した栄養バランスを実現しています。

原材料は可能な限り「国産」が採用されています。信頼できる契約農家から届けられる新鮮で安全な食材を使用し、不要な添加物も使われていないので、大切な家族の一員である愛犬に安心して与えることができますね。

しかし「大麦」「玄米」「塩化カリウム」「塩化ナトリウム」などの粗悪とされる原材料の使用が気になります。

大麦や玄米は穀物の中でもアレルギー性が低く、食物繊維やミネラルが豊富です。ただ穀物同士は抗原が似ているため、過去に穀物アレルギーを発症したことがある場合、体内で生成された穀物アレルゲン抗体が似た構造の抗原に反応する可能性があります。

穀物アレルギーを持たない愛犬に与える分には問題はありませんが、穀物アレルギーを起こしたことがあったり、穀物を使用したドッグフードで体調を崩したりしたことのある愛犬への給餌は避けることが好ましいです。

また「塩化ナトリウム」や「塩化カリウム」の添加により、塩分の過剰摂取になる恐れがあります。生命維持に必要な塩分は他の原材料に含まれている量で十分補えます。

いつもより水を多く飲むようになったなどの症状が見られる場合、塩分過多になっている可能性があるため注意が必要となります。

 

ドッグフード「Yum Yum Yum!」の商品購入ページへ

フード画像余白編集.pptx-14