ペットカメラとは?設置をおすすめしたいケースや選び方、人気の16選

一人暮らしや共働き世帯が増えている近年、ペットに留守番をさせる機会も多いです。寂しがっていないか、お腹は空いてないか、いたずらしていないかなど、心配はつきませんよね。

そのような飼い主さんの心配を解消してくれる一つのツールが、ペットカメラです。

この記事では、ペットカメラとは何か、設置をおすすめしたいケースや選び方、人気のペットカメラ16選などをまとめました。

 

ペットカメラとは

shutterstock_713809615

ペットカメラとは留守番をさせているペットが、留守番中に何をして過ごしているのかをスマートフォンやタブレットを使用して確認ができるアイテムです。

またペットだけではなく、防犯対策や赤ちゃんの見守り、年配者とのコミュニケーションツールとしても使用することができます。

商品によっては、声掛け機能や給餌機能などが付いたものもあり、自身の生活スタイルやペットに合ったものを選ぶことができます。

 

ペットカメラの設置がおすすめなケース

shutterstock_715880812

仕事や学校などそれぞれの生活スタイルがあるため、一日中家でペットの面倒を見られる人はそう多くありません。

自身が外出した後に、ペットが部屋でどう過ごしているのか気になったことのある飼い主さんも多いのではないでしょうか。

夏場や冬場は部屋の温度や湿度が気になったり、長時間留守番をさせる際にはご飯をちゃんと食べているか、いたずらはしていないかなど心配になったりしますよね。

飼い主さんのそのような心配を解消してくれるのが、ペットカメラです。

 

ペットカメラの選び方

shutterstock_700344163

ペットカメラを選ぶポイント

  • wifi環境
  • 撮影範囲
  • 暗くても撮影可能か
  • コミュニケーションを取れるか
  • 設定の難易度
  • 部屋の明るさ
  • ペットの性格

ペットカメラと一言でいっても数千円単位のお手頃価格のものから、数万円単位の高価なものまで様々な種類の商品が発売されていて、どれを買って良いか悩みますよね。

ペットカメラを選ぶ際には、自身が飼っているペットの性格や家の間取り、使用用途などを考慮する必要があります。

・留守番中のペットの動向を確認したい
・留守番時間の程度
・活動が活発だから部屋全体を見渡せるものが欲しい
・夜帯に留守番させることが多い
・好奇心旺盛だから置き型だといたずらの心配がある
・留守中も温度や湿度の管理をしたい
・お腹を空かせていないか心配 など

上記のように、生活スタイルや留守中に心配なことを整理して、最も重視したい点を確認することがポイントです。

 

家にWiFiの設置があるか

ペットカメラはスマートフォンやタブレットと連動させて使用するものがほとんどのため、カメラを置く場所にwifi(無線LAN)の設置が必須となります。

 

撮影範囲が広いか

ペットはなかなか一箇所にじっとしていてはくれません。部屋の中を歩き回るため、特に間取りの広い部屋の場合は定点カメラだと撮影範囲にどうしても死角ができてしまいます。

極力死角をなくして常にペットの様子を確認したい飼い主さんは、広範囲の撮影が可能になる、首振り機能や広角レンズを搭載したカメラを選ぶことが好ましいです。

 

暗くても撮影できるか

夜間の外出が多かったり残業で帰宅が遅くなったりする飼い主さんには、暗視カメラ(赤外線LED)付きの商品が適しています。

せっかくカメラを設置したのに、暗くて何も見ることができないのでは意味がありません。

最近のペットカメラに搭載されている暗視カメラの性能は高く、想像以上に鮮明な画像でペットの様子を確認することができますよ。

 

コミュニケーションが取れるか

特に甘えん坊の性格のペットは、部屋に自分だけという状況に不安を抱きやすいです。そのような時に活躍してくれるのが、声掛け機能です。

スマートフォンから呼びかけることで、本体に内蔵されたスピーカーから飼い主さんの声をペットに届けます。また同様に内臓されたマイクがペットの鳴き声をキャッチしてくれるので、外出先でもペットの声を聞き様子を伺うことができるので安心です。

 

設定が難しくないか

設定の手順が簡単であることも選ぶ際の重要なポイントです。

設定が複雑だと使用開始するまでに時間がかかりますし、なにかの拍子に初期化されたり引っ越しで再設定を行う必要があったりしたら、さらに時間を取られることになります。

スマートフォンやタブレットに専用のアプリをインストールするだけで簡単に設定ができるカメラも多く販売されているので、チェックしてみてくださいね。

また家族が多い場合、同時接続が可能な台数を確認することも大切です。

 

お部屋の明るさに合うか

映像を綺麗な画像で見るためには、部屋の明るさも大切です。

日があまり当たらない暗めの部屋や夜間の留守番が多い場合は、先ほど紹介した暗視カメラ機能と併せて、高画質の撮影が可能なカメラを選ぶことをおすすめします。

 

ペットの性格に合うか

私たち人間と同じようにペットの性格も個体により様々です。常に飼い主さんと一緒にいたい甘えん坊の子もいれば、一匹での留守番も平気な独立心の強い子、周りのものになんでも興味を示す好奇心旺盛な子、食べることが大好きな子、遊び好きなやんちゃな子など、まさに十匹十色です。

ペットの性格をよく知っている飼い主さんだからこそ、その子に合った機能を持つカメラを選んであげることができますね。

 

ペットカメラのおすすめ16選

shutterstock_555825985

おすすめ16選

  • Furbo ドッグカメラ 飛び出すおやつ
  • Panasonic ネットワークカメラ スマ@ホーム 屋内スイングカメラ
  • ilbo 移動式(遠隔操作) ネットワークカメラ
  • A-ZONE ネットワークカメラ 電球型カメラ
  • BLACKLOUD I.C.E360
  • SoftBank SELECTION ベビーモニター
  • Petamo 自動式ペットスマート給餌器
  • I-O DATA Qwatch
  • うちのこエレクトリック カリカリマシーンSP
  • Homscam ネットワークカメラ 見守りカメラ
  • skygenius ワイヤレス無線ネットワーク防犯カメラ
  • Aterm HC100RC Wi-Fiアクセスポイントセット
  • 安心ペットモニター リモカS ネットワークカメラ
  • Baby05 100万画素
  • Pawbo(パウボ)
  • Petcube Play 暗視機能付 見守りカメラ

ここではおすすめのペットカメラを紹介します。

 

Furbo ドッグカメラ 飛び出すおやつ

フード画像余白編集.pptx
ブランドFurbo
商品名Furbo ドッグカメラ 飛び出すおやつ
サイズ15cm×12cm×22.5cm
重量950g
撮影範囲固定式(120°広角カメラ)
マイク・スピーカーあり
価格27,000円(2019年1月7日現在)

スマートフォンの無料専用アプリ(iOS8/Android8以降推奨)を使用し、フルHD画像で外出先から留守番中のペットの様子を確認することができます。また「飛び出すおやつ」機能で、本体にセットしたおやつを与えることもできます。

ほかにも活動の変化や鳴き声を感知して通知が届くスマートドッグ通知機能や、高性能マイク・高感度スピーカーでの双方向会話機能などが搭載されています。

 

Panasonic ネットワークカメラ スマ@ホーム 屋内スイングカメラ

フード画像余白編集.pptx-2
ブランドPanasonic
商品名Panasonic ネットワークカメラ スマ@ホーム 屋内スイングカメラ
サイズ115mm×77mm×77mm
重量約270g
撮影範囲水平:約70°、垂直:50°
マイク・スピーカーあり
価格17,713円(2019年1月8日現在)

首振り機能により左右360°、上下約90°を見渡すことのできる見守りカメラです。スマートフォンで操作ができるので、外出先からカメラを上下左右に動かしてペットの行動を確認することができます。

動作センサーや温度センサー、音センサーなどの機能が一通り搭載されているとても優秀な見守りカメラといえます。

 

ilbo 移動式(遠隔操作) ネットワークカメラ

フード画像余白編集.pptx-3
ブランドilbo
商品名ilbo 移動式(遠隔操作) ネットワークカメラ
サイズ180mm×180mm×167mm
重量約825g
移動方向前進、後退、左右旋回
マイク・スピーカーあり
価格10,889円(2019年1月8日現在)

カメラの本体に車輪が付いており、遠隔操作で移動させながら撮影することができるカメラです。前進、後退、左右旋回ができるうえ、上下70°の首振り機能も付いているので死角をほとんど作りません。

また温度センサーが搭載されていて、エアコンの遠隔操作もできるので、外出先からでも部屋の温度を調整することが可能です。

 

A-ZONE ネットワークカメラ 電球型カメラ

フード画像余白編集.pptx-4
ブランドA-ZONE
商品名A-ZONE ネットワークカメラ 電球型カメラ
サイズ80mm×137.8mm
重量約150g
撮影範囲360°
マイク・スピーカーあり
価格4,999円(2019年1月8日現在)

見た目がまさに電球のような、珍しい電球型のネットワークカメラです。天井に取り付けることにより360°部屋全体を見渡すことができます。またLED電球が付いているので照明としても使用できます。

録画機能や会話機能、動体検知など多彩な機能を搭載しているわりに、比較的リーズナブルな価格である点も魅力です。

 

BLACKLOUD I.C.E360

 

フード画像余白編集.pptx-18
ブランドBLACKLOUD
商品名BLACKLOUD I.C.E360
サイズ73mm×73mm×69mm
撮影範囲360°(サラウンドビュー)
マイク・スピーカーあり
価格5,480円(2019年1月9日現在)

3つのレンズが搭載され、カメラを起点として360°上下左右、死角なく全方向を見渡すことが可能です。

またI.C.E360アプリにはCVR(クラウド ビデオ レコーディング)機能があり、24時間前まで遡り過去の動画を確認することもできます。

 

SoftBank SELECTION ベビーモニター

フード画像余白編集.pptx-9
ブランドSoftBank SELECTION
商品名SoftBank SELECTION ベビーモニター
サイズ66mm×66mm×104mm
重量約104g
撮影範囲通常時:約1〜5m
ナイトビジョン使用時:約1〜4m
マイク・スピーカーあり
価格18,480円(2019年1月8日現在)

wi-fiに繋ぐだけで、外出先から留守番中のペットの様子をスマートフォン(専用の無料アプリあり)で確認することができます。その設定方法は簡単で、アプリをインストールしてスマートフォンの画面を読み込むだけです。同時に5台の接続が可能です。

設定温度より高くなったり低くなったりした際に、アラートで知らせてくれる温度チェック機能や動作・音声センサーも搭載されています。

 

Petamo 自動式ペットスマート給餌器

フード画像余白編集.pptx-10
ブランドPetamo
商品名Petamo 自動式ペットスマート給餌器
サイズ30cm×24.5cm×38cm
重量2.1kg
撮影範囲120°広角レンズ
マイク・スピーカーあり
価格91,484円(2019年1月8日現在)

自動式給餌器に見守りカメラ機能が搭載されています。留守番中のペットの見守りはもちろん、遠隔操作で給餌もできる一石二鳥の商品です。

100万画素、120°の広角レンズが搭載されています。またフードタンクとトレイは本体から取り外して水洗いが可能です。

 

I-O DATA Qwatch

フード画像余白編集.pptx-14
ブランドI-O DATA
商品名I-O DATA Watch
サイズ41mm×31.4mm×95mm
撮影範囲180°(パノラマビュー)
マイク・スピーカーあり
価格12,247円(2019年1月8日現在)

魚眼レンズが搭載されおり180°のパノラマビューで部屋全体を見渡せます。パソコンのブラウザ上でズームをした画面を上下左右に動かすことができます。

付属のパーツを使用することで、スタンド置きや壁掛けなど部屋のスタイルに合わせた設置が可能です。

 

うちのこエレクトリック カリカリマシーンSP

フード画像余白編集.pptx-17
ブランドうちのこエレクトリック
商品名うちのこエレクトリック カリカリマシーンSP
サイズ380mm×245mm×300mm
重量約2.1kg
マイク・スピーカーあり
価格17,800円(2019年1月8日現在)

留守番中のペットに自動で給餌ができるスマートフォン連動型の自動給餌噐に、見守りカメラが搭載されています。

スマートフォン一つで外出先からご飯をあげる、呼びかける、見守ることが簡単にできます。様々なメディアで紹介され、口コミも大変良い商品です。

 

Homscam ネットワークカメラ 見守りカメラ

フード画像余白編集.pptx-5
ブランドHomscam
商品名Homscam ネットワークカメラ 見守りカメラ
サイズ85mm×85mm×120mm
撮影範囲水平:350°、垂直:100°
マイク・スピーカーあり

首振り機能は水平に350°旋回をするので、広く部屋全体を見渡すことができます。また暗視カメラへの切り替えも可能です。

本体を逆さにして天井へ取り付けることもできるので、ペットがいたずらをしてカメラを倒してしまう心配もありません。

 

skygenius ワイヤレス無線ネットワーク防犯カメラ

フード画像余白編集.pptx-8
ブランドskygenius
商品名skygenius ワイヤレス無線ネットワーク防犯カメラ
撮影範囲水平:350°、垂直:100°
マイク・スピーカーあり

解像度200万画素の高画質での録画が可能なカメラです。暗視カメラ機能も搭載されているので、夜間や暗い場所でも撮影をすることができます。

またカメラの可動域が広いので、部屋全体をくまなく撮影することが可能です。

 

Aterm HC100RC Wi-Fiアクセスポイントセット

フード画像余白編集.pptx-11
ブランドAterm
商品名Aterm HC100RC Wi-Fiアクセスポイントセット
サイズ101mm×113mm×127mm
重量約330g
撮影範囲水平:48°、垂直:31°、対角:57°
マイク・スピーカーあり

スマートフォンやタブレットに専用のアプリをインストールすることで、外出先から留守番中のペットの様子を見ることができます。

wifi設置済みのアクセスポイントがセットになっているので、専用アプリで本体底面のQRコードを読み込むだけで自動ペアリングされるので、難しい設定をする必要がありません。

 

安心ペットモニター リモカS ネットワークカメラ

フード画像余白編集.pptx-12
ブランドリモカ
商品名安心ペットモニター リモカS ネットワークカメラ
サイズ280mm×310mm×172mm
重量約1kg
撮影範囲水平:53°、垂直:41°
マイク・スピーカーあり

ケージやサークルにも取り付けることのできるカメラです。無料の専用アプリを使用し、遠隔操作でカメラの向きを上下120°、左右270°動かすことができます。

防犯カメラに使用される自動検知システムが搭載されていて、近づいて来たペットを自動録画し登録したメールアドレスへ通知してくれます。

 

Baby05 100万画素

フード画像余白編集.pptx-13
商品名Baby05 100万画素
サイズ100mm×103mm×129mm
撮影範囲横方向350°、縦方向120°
マイク・スピーカーあり

本商品のオリジナル技術であるIRカット技術により、映像の中のIR(赤外線)が綺麗にカットされるため、とても鮮明で綺麗な画像で見ることができます。

またアプリへアクセスする際のセキュリティが強化されているので安心して使用できます。

 

Pawbo(パウボ)

フード画像余白編集.pptx-15
商品名Pawbo(パウボ)
サイズ200mm×112mm×112mm
重量455g
撮影範囲水平:130°、垂直:22°
マイク・スピーカーあり

水平130°の広視野角のカメラで部屋の広範囲を撮影できます。4倍ズームができるので、ペットの表情をアップで確認できます

また別売りの赤外線接続型猫じゃらし「パウボキャッチ」と連動させて遊ばせたり、おやつトレイにおやつを設置し与えたり、外出先からでも遠隔操作をすることができます。

 

Petcube Play 暗視機能付 見守りカメラ

フード画像余白編集.pptx-16
ブランドPetcube
商品名Petcube Play 暗視機能付 見守りカメラ
サイズ約7.5cm×7.5cm×7.5cm
重量862g
撮影範囲138°(ワイドアングル)
マイク・スピーカーあり

留守番中のペットと遊ぶことのできるレーザートイ(オートプレイ可能)が内蔵されたカメラです。音と動きで異常を検知し警告メッセージを発信してくれます。

キューブ型でスタイリッシュな見た目で、部屋のインテリアにも馴染みやすいです。

 

互いに安心できる留守番ライフを

shutterstock_1211222227

残業や外出をする機会が多く、ペットに長時間留守番をさせなくてはならない飼い主さんは、留守番をしているペットの様子が心配でたまりませんよね。

多彩な機能を搭載し、そんな飼い主さんのあらゆる心配を解消してくれるペットカメラは、今後現代の生活スタイルの中にはなくてはならないアイテムになるかもしれません。

豊富にあるペットカメラの中から、自身の生活スタイルやペットの性格に合ったカメラを選んで、飼い主さんもペットも互いに安心できるような留守番ライフを送ってくださいね。