スナネコの特徴や性格、寿命、ペットとして飼うことができるか

可愛らしい姿から「砂漠の天使」と呼ばれるスナネコをご存知でしょうか。

その名のとおり砂漠に生息する猫で、猫好きではなくても愛らしい姿に目を奪われてしまうこと間違いありません。

この記事ではスナネコの特徴や性格、ペットとして飼えるのかをまとめました。

 

スナネコとは

スナネコ1

スナネコとは、砂漠エリアに多く分布する食肉目ネコ科ネコ属に分類される食肉類です。

英名は「Sand cat」、学名は「Felis margarita」で、スナネコは和名になりますよ。

分布

スナネコの分布域
アラブ首長国連邦アルジェリア
エジプト(ナイル川以東)オマーン
カザフスタンカタール
クゥエートサウジアラビア
トルクメニスタンモロッコ

スナネコは中東の砂漠地帯に集中して分布しています。

その他モーリタニアに分布すると考えられているものの、標本の採取例や撮影された記録はありません。イエメン、イスラエル、パキスタンでは絶滅したといわれています。

また、エジプトのナイル川以西では未確認となっています。

 

スナネコの特徴

shutterstock_382649038

スナネコはどのような姿をしているのでしょうか。以下にまとめました。

大きさ

体長45~57cm(平均50cm)
尾長28〜35cm(平均20cm)
体重1.8〜3.6kg

スナネコの大きさは、体長45~57cm、尾長28~35cm、体重1.8~3.6kgほどです。

大きい個体でも3.6kg前後、尾長も一般的な猫と比べて短めであることから小柄の肉食獣であることがわかりますね。ただ、西から東エリアに進むにつれて身体は大きくなる傾向がありますよ。

 

見た目

毛色

毛色は全体的に茶色っぽい黄色をしており、青白い線が走っています。ただ、この線には個体差があり、見えないスナネコもいますよ。

また、背面には明灰黄色や灰色をした不明瞭な横縞が8~9本ほど入っており、尾は先端に近い部分に黒い輪っか状の模様があります。尻尾の先端は黒っぽい色をしていますよ。

頭部と耳

頭部は幅広く耳が大きくとがっていることから、キツネのような印象をしています。

また、耳が頭の両脇の低い部分に離れて位置しているのもスナネコの特徴で、外に飛び出している耳の部分(耳介)は、幅広い三角形をしています。

耳の内側はフサフサとした長い体毛でおおわれており、耳の中に砂が入るのを防ぐ役割を果たしていますよ。

足裏の体毛

耳同様に足裏も長い体毛でおおわれていますが、これは暑い砂漠での活動に適応するためと考えられています。

日中の気温が摂氏80℃にもなる砂漠でやけどしないようにするため、足が砂漠の砂に沈み込むのを防いでいますよ。

体の模様

スナネコの赤ちゃんは斑紋(ぶち模様)がくっきりとしていますが、大人になると薄くなっていきます。

 

性格

スナネコはとても大人しい性格をしています。

人懐っこそうな見た目をしていますが、臆病な面もあり常に周囲を警戒しています。人間にはほとんど懐くことはありませんよ。

 

夜行性

スナネコは主に夜行性で、昼間は巣穴に隠れ活動はほとんどしません。

砂よりも目の細かい粘土質の砂漠を好み、日中は岩砂漠や礫砂漠・砂砂漠・砂丘などに身を潜め、暑さや外敵から身を守っています。

巣穴はキツネ類やヤマアラシ類などの古巣を利用することもありますが、自分で掘ることもありますよ。過去にはカラクム砂漠で入り口が1つ、奥行きが3mもの巣が見つかった例も報告されています。

ちなみにキジクルム砂漠に生息するスナネコは昼行性で、暑い時期のみ夜行性になります。

 

げっ歯類トゲマウス属・アレチネズミ属・ミユビトビネズミ属など
幼獣類ケープノウサギなど
鳥類スナヒバリ・ハシナガヒバリなど
爬虫類サバクオオトカゲ・ヘリユビカナヘビ属・スナトカゲ・スナクサリヘビ属など

肉食のスナネコは主にげっ歯類を餌としており、その他幼獣、鳥類、爬虫類、昆虫なども食べます。

ただ、生息地によってメインとなる食べ物には違いがあり、カクラム砂漠では約65 %をオオスナネズミを含むげっ歯類、キジルクム砂漠では約88 %をオオスナネズミが占めていたという調査報告もあります。

水分は、水が飲める環境であれば飲水も行いますが、主に食物から摂取しています。

 

繁殖

繁殖期3~4月(地域差あり)
妊娠期間59~67日
出産頭数3匹前後

スナネコの生態については不明な部分も多いですが、繁殖期(年2回という説もあり)は3~4月頃が最も多いとされています。地域差もあり、サハラ地区では1~4月に繁殖しています。

妊娠期間は一般的な猫と同じで、59~67日程度(約2か月間)ですよ。 1度の出産で3匹程度、多いと8匹近く生まれます。

行動

一般的なネコ科と同じで繁殖期以外は単独で行動するスナネコですが、繁殖期に入るとオスが甲高い声で鳴きメスに自分の居場所を伝えます。

メスのスナネコは聴力が優れているので、遠方にいるオスの声を正確に聞き分け居場所を的確に突き止めることができます。この聴力は、地中にいる獲物の些細な音を聞き取るなど、繁殖期以外でも役立っていますよ。

 

寿命

野生環境で生きるスナネコは、生後9~14ヶ月で性成熟するなど成長が早いため寿命は短めです。

最大で14年以上生きた個体もいるようですが、生後10年までの死亡率は10%と下がります。多くの個体は生後10年を過ぎるまでに死亡していると考えられていますよ。

人に慣れることがほとんどないため飼育下での寿命データは不足していますが、734頭の出生記録によれば約30%が生後30日に死亡、約13%が1年以内に死亡しています。

出典:OXFORD ACADEMIC mammalian species

 

スナネコの天敵

スナネコ

スナネコの天敵

  • 大型の猛禽類
  • 食肉類系の哺乳類

スナネコの天敵となるのは、同じ行動時間帯に活動する大型の猛禽類や食肉類系の哺乳類などです。大型の食肉類(カラカル・キンイロジャッカル・タイリクオオカミなど)や、大型の鳥類(イヌワシなど) などですね。

小型のスナネコの場合は丸呑みされてしまうこともあるヘビ、スナネコの赤ちゃんだとアカギツネやワシミミズクも天敵となります。

 

スナネコはペットとして飼うことができる?

スナネコ

ペットとして飼育可能か

  • 絶滅危惧種のため不可

可愛らしい見た目でペットとして飼いたくなってしまいますが、絶滅危惧種のため飼うことはできません。砂漠を住処にするため、環境的にも住宅で飼うのは難しいといえます。

 

スナネコは絶滅危惧種

スナネコは絶滅危惧種に登録されています。

絶滅の理由としては、放牧などによる生息地の破壊、獲物の減少、内戦、人為的に移入されたイヌ・ネコによる捕食や感染症の伝搬、キツネ類やキンイロジャッカル用の罠による混獲などによる影響が挙げられています。

イエメンでは1952年以降すでに記録がなく、イスラエルでは2000年に調査が行われましたが生息が確認されず、絶滅したと考えられています。また、トルクメニスタンのカラクム砂漠では約25年報告例がありません。パキスタンでは、1990年代後半の地下核実験で生息地が大きな影響を受けたと考えられています。

参考データとして、1986年時点での飼育数は6施設44匹だったのが2013年の飼育数は44施設で174匹と報告されていますよ。

 

スナネコの保護活動

現在、世界中の保護下のスナネコの個体数は120匹程度といわれています。あくまでも保護下での個体数なので、実際はもう少し生息している可能性もありますが、貴重な動物であることがわかりますね。

保護したスナネコの繁殖活動については、アラビア半島アラブ首長国連邦を構成する首長国アブダビの「アル・アイン動物園」が中心となって行っています。しかし、絶滅危惧種で希少種であるゆえ、生態が不明で繁殖は大変困難を極めているのが実情です。ちなみに「アル・アイン動物園」は、4,000頭以上の動物のうち30%(180種類)の動物が絶滅危惧種となっていますよ。

 

スナネコはどこの動物園で会える?

スナネコと会える動物園

  • ラマト・ガンサファリパーク
  • ブリストル動物園
  • シンシナティ動物園
  • リンカーン動物園

スナネコは数が少なく夜行性のため、砂漠でもなかなか会うことができません。

どうしても見てみたいという方は、イスラエル・テルアビブ近郊の「ラマト・ガンサファリパーク」、イギリスの「ブリストル動物園」、アメリカ・オハイオ州にある「シンシナティ動物園」、シカゴの「リンカーン動物園」などで会うことができますよ。

 

砂漠の天使「スナネコ」が増えますように

スナネコ

まだ生態や生息している場所など謎多きスナネコですが、それゆえにこの可愛らしい姿を一度は見てみたいと思った方も多かったのではないでしょうか。

スナネコが絶滅することなく生き抜いていける環境づくりが進み、生態が解明されることで繁殖活動が成功することを願うばかりです。日本でもスナネコにいつか会える日がくるといいですね。