キャットフードはウェット?ドライ?メリットやデメリット、選び方は?

キャットフードは愛猫が毎日食べるものなので、安心して食べられるものを選びたいですよね。

今回の記事では、安心して食べられるキャットフードの選び方をご紹介します。猫のダイエットに適したフードの選び方にも併せてまとめました。

 

キャットフードの選び方、これだけは避けたい5つのポイント

猫 食事

原材料が記載されていない製品を避ける

キャットフードを選ぶ上では原材料を見て、アレルギーが含まれるものがないか、健康に害のあるものが含まれていないか確認する必要があります。

まれに原材料がきちんと記載されていないキャットフードがあるので、避けてください。

 

原材料の最初に穀物類が記載されているキャットフードは避ける

  • とうもろこし
  • コーングルテン
  • 小麦
  • 大麦
  • オーツ麦
  • 燕麦

猫はもともと穀物を食べる動物ではないので、穀物のタンパク質をうまく消化できません。

原材料は含有量の多い順に記載されているので、原材料の最初に上記の穀物が記載されているものは避けてください。

可能であれば、穀物を使っていない(グレインフリー)のキャットフードを選ぶのがおすすめですよ。

 

賞味期限が長いキャットフードを避ける

賞味期限が長いキャットフードは、それだけ保存料や酸化防止剤などが添加されています。原材料の詳しい見方がわからない場合でも、賞味期限が長いキャットフードは避けてください。

 

4Dミートや肉副産物が含まれているキャットフードは避ける

  • 肉類・ミート
  • 肉副産物・バイプロダクツ
  • 肉粉・ミートミール
  • 動物性油脂
  • 動物性脂肪
  • 動物性タンパク質

上記のような曖昧な表記をしている原材料が含まれているフードは、愛猫の健康を損なう恐れがあります。

死んだ動物や病気にかかった動物の肉など、人間が食べられない肉の総称である4Dミートを使用している可能性があります。

ただ、中には「人間が食べても安全」と書かれている、安全なミールを使っているキャットフードもあるので、しっかり原材料を確認することが大切です。

キャットフードの主な成分や添加物についてはこちら

 

添加物が大量に含まれているキャットフードは避ける

  • BHA
  • BHT
  • エトキシキン
  • 没食子酸プロピル
  • プロピレングリコール
  • ソルビン酸
  • ○色▲号

キャットフードに含まれる添加物として特に危険性が高いのは、発がん性が疑われる「BHD(ブチルヒドロキシアニソール)」「BHT(ジブチルヒドロエキシトルエン)」、枯葉剤としても使われた「エトキシン」、「亜硝酸ナトリウム」です。

他にも、肝臓の損傷を引き起こす疑いがある「没食子酸プロピル」、血液や腸に影響を与えるとされている「プロピレングリコール」、安全性の確認ができていない「グリシリジン・アンモニエート」「赤色3号」などの着色料も代表的なキャットフードの添加物です。

これらの添加物が大量に含まれているキャットフードは避けてくださいね。

 

ドライフードのメリット・デメリットは?

猫 素材

メリット

  • 総合栄養食が多い
  • 開封後も長期保存が可能
  • 1食あたりの価格が安い
  • 歯磨き効果が期待できる

 

メリット

総合栄養食が多い

総合栄養食とは、猫が1日に必要とする栄養をバランスよくとれるフードのことをいいます。

ドライフードの多くは総合栄養食なので、水と一緒に規定量を与えれば1日に必要な栄養を過不足なく摂取することができます。

開封後も長期保存できる

ドライフードは、一般的に水分量が10%以下のものを指します。

水分含有量が少ないので、適切な方法で保管すれば開封後も1ヶ月程度保存することが可能です。

1食あたりの価格が安い

メーカーや種類によって異なるため一概には言えませんが、ウェットフードなどと比べると安価で販売されているので比較的安く購入できます。

また、上記の通り長期保存にも向くので、大量購入にも向いています。

歯磨き効果が期待できる

カリカリのフードを咀嚼するとカリカリの固い表面が歯にこすれるので、歯石を落とす効果が期待できるとされています。

噛むことは歯肉を刺激することのも繋がるので、口内炎の予防にも繋がります。

 

デメリット

メリット

  • 総合栄養食が多い
  • 開封後も長期保存が可能
  • 1食あたりの価格が安い
  • 歯磨き効果が期待できる

 

水分不足におちいりやすい

水分含有量が少ないので、ドライフードを与える場合は常に水を用意しておくことが大切です。

猫は水分の摂取を苦手としていること、腎臓に疾患を抱えやすい動物でもあるので、水分を積極的に飲ませる必要があります。

食いつきが悪いことがある

ウェットフードと比べると香りが弱いので、食いつきが悪いことがあります。

ウェットフードからドライフードに切り替えると食べなくなってしまうことがあるので、「ウェットフードを少し混ぜる」「肉の煮汁やツナオイルをかける」などの嗜好性を高める工夫が必要になることもあります。

子猫やシニア猫に与える際は工夫が必要

ドライフードは固いため、噛む力が弱い子猫やシニア猫には向いていないといえます。

噛まずに飲み込んだことで喉に詰まらせてしまう可能性もあるため、「お湯でふやかす」「ミキサーで粉砕して水分を足す」などの工夫が必要になります。

 

ドライフード、おすすめの与え方は?

猫 素材

子猫は1日3~4回、成猫は2~3回に分けて与えるようにします。

子猫は胃が小さく1回に食べられる量も少ないため回数を増やし、成猫は子猫と比べると必要なエネルギー量も減るため給餌量を減らすようにしてください。

離乳直後の猫やシニア猫はアゴの力が弱いので、お湯でふやかして与える方法がおすすめです。

キャットフードを与えるタイミングや1回あたりの量についてはこちら

 

ウェットフードのメリット・デメリットは?

猫 素材

メリット

メリット

  • 水分含有量が多い
  • 食いつきが良い
  • 新鮮な状態で与えられる
  • 味の種類・タイプが豊富

ウェットフードはドライタイプに比べて魚や肉の香りが強いので、食いつきも抜群ですよ。

ウェットタイプは水分量が多いので、水をあまり飲まない猫に水分補給も兼ねて与えることができます。

また病気などで胃腸が弱っているときには消化に良いのでおすすめです。

密閉された容器に入っているので、未開封の状態であれば長期保存も可能です。

 

デメリット

デメリット

  • 開封後は長期保存できない
  • 添加物が使われているものが多い
  • 1食あたりの価格が高い
  • ドライフードを食べなくなることも

ウェットタイプの欠点は「添加物が多く使用される傾向にある」「開封後の保存がきかない」「ドライタイプと比べると価格が高い」などがあげられます。

値段は、ドライタイプと比較すると少し高くついてしまいます。ウェットタイプは、水分が多く細菌が繁殖しやすいので開封するとすぐに傷んでしまい、保存料が多く使用される傾向にありますね。

ドライタイプと比べると低カロリー・低脂肪な商品が多いので、成長期の猫に与えるとカロリー不足になってしまうこともありますので注意が必要です。

ウェットフードの詳しい特徴やメリット・デメリット、タイプごとのおすすめの与え方はこちら

 

ウェットフード、おすすめの与え方は?

猫 素材

フレークタイプ

フレークタイプは、ツナ缶のツナのような形状をしています。パッケージは缶容器タイプが多いです。

ドライフードの食いつきが悪い時の食いつき改善に利用したり、水分補給を促す時に最適です。おやつとして与えるのもおすすめですよ。

 

パテタイプ

パテタイプは、ペーストやムースの形状をしています。パッケージは、アルミトレイに入っているものが多いです。

フレークタイプよりも混ざりやすいので、食いつきの悪いドライフードに混ぜるのがおすすめです。

お湯と混ぜてペースト状にする事で、子猫の離乳食や歯の弱ったシニア猫の食事としても利用できます。投薬を嫌がる猫には、薬を包んで与えることも出来ますよ。

 

スープ・シチュータイプ

スープ・シチュータイプは、大きめの素材を煮込んだものや、とろみを付けた形状をしています。パッケージは、レトルトパウチが多いです。

お湯の代わりにスープでドライフードをふやかして与えるのがおすすめです。トッピング代わりにもなりますよ。

おやつとしても使えますし、温めると香りが強くなるので食欲のない猫のご飯としてもおすすめです。

 

キャットフードはウェットとドライ、どちらがいいの?

猫 食事 キャットフード
ウェットドライ
食いつき
水分の多さ
消化の良さ
未開封での保存性
値段の手頃さ
添加物の量
開封後の保存性
栄養バランス
噛みごたえ

キャットフードには水分含有量の多いウェットタイプと、栄養バランスに優れたドライタイプがあります。

ウェットタイプは形状が猫本来の食事に近く、風味がよいのが特徴です。ただ、保存が効きにくいことや噛み応えによるストレス解消の効果がなくなってしまうのがデメリットです。

ドライタイプのキャットフードは、ウェットタイプと比べて栄養バランスが優れている上、長期にわたって保存ができます。ただ、ドライフードを与えるときは、常に新鮮な軟水を飲める状態にしておく必要があります。

双方のメリット・デメリットをきちんと把握した上で、愛猫の状態に合わせて最適なものを選んであげることが重要だといえます。

おすすめのドライフードはこちら

おすすめのウェットフードはこちら

 

キャットフードは成長段階に合わせて変えよう!

ペルシャ猫
猫が必要とする食事は年齢によって変化します。生後12ヶ月までの成長期は栄養価の高い食事が必要ですが、維持期には栄養とカロリーのバランスがとれた食事が必要となります。老猫になると運動量の低下とともに食事量も減るので、少量で栄養とカロリーをしっかり摂取できる食事が必要になってきます。

各メーカーは猫の成長段階に合わせたフードを用意しているので、成長段階の切り替わり時期になったら、今与えているフードに新しいフードを混ぜて徐々に切り替えていってくださいね。

 

キャットフードの良し悪しは値段に比例する!

キャットフード 猫 餌

販売されているキャットフードの値段は様々です。愛する家族の健康を考え、グレインフリー・添加物不使用・粗悪な原料を使っていないものなどを選んであげたいですが、そのようなフードは値段が高い傾向があります。

食費が安く済むことに越したことはありませんが、大量生産によるコスト削減のため、猫にとって望ましくない原材料が使われていることがほとんどです。

愛猫に長生きしてもらうためにも、できるだけ高品質なフードをあたえることをおすすめします。「値段」ではなく「品質」と「愛情」でフードを選んであげてくださいね。