【pepy見解あり】FDA、ドッグフードの成分と心臓病の関連性を調査中

ドッグヘルスアドバイザー・ドッグトレーニングアドバイザー・ドッグライフアドバイザーの資格を保有。犬の健康管理、栄養、病気と対処法、しつけとトレーニングに関する情報が専門。

FDA(アメリカ食品医薬品局)は2018年7月12日のプレスリリースで、エンドウ豆やレンズ豆、その他マメ科植物、ジャガイモを主成分として使用している特定のドッグフードを摂取した犬に「拡張型心筋症(DCM)」の報告があったことについて、これらの関係性を現在調査中であることを発表しました。

参照元:FDA Investigating Potential Connection Between Diet and Cases of Canine Heart Disease

 

拡張型心筋症(DCM)とは

拡張型心筋症とは、心筋(心臓の筋肉)がなんらかの要因により薄く伸びてしまい、心臓の収縮力が弱くなってしまう病気です。

体内に血液を循環することが困難になり、食欲減退や元気喪失、失神などを引き起こします。重症化すると肺水腫や胸水・腹水、うっ血性心不全を引き起こし、最悪の場合は死に至ることもあります。

残念ながら発症自体を完全に予防することはできず、心筋症を根本から改善する治療法もありません。発症後は症状に対して緩和する治療が行われ、病気の進行をコントロールする措置が取られます。

 

「発症しにくい犬種」での症例

拡張型心筋症の原因ははっきりとわかっていませんが、遺伝的な要因があると考えられています。またグレートデン、ボクサー、ドーベルマン、セントバーナードなどの大型・超大型種、スパニエル種に発症が多いことが知られています。

しかしFDAによると、「遺伝的に拡張型心筋症にかかりにくい犬種」であるゴールデンレトリバーやラブラドールレトリバー、ウィペット、シーズー、ブルドッグとミニチュアシュナウザー、そしてミックス犬などが発症するという、かなり珍しいケースの症例が報告されたとのことです。

 

食事内容との関連性は調査中

拡張型心筋症を発症したこれらの犬は1ヶ月から数年にわたって、ジャガイモやエンドウ豆、レンズ豆、その他のマメ科植物とそれらに由来する植物性タンパク質、デンプン、繊維誘導体などが主成分の食事を一貫して食べていたことがわかりました。

ただしこれらの原材料や成分と拡張型心筋症がどのように関連しているかはいまだ未知であり、FDAはこれらの関連性について、引き続き獣医師や獣医栄養士などと協同し調査すると発表しています。

また食事内容を変更するとき、特に拡張型心筋症をわずらっている犬の場合は、獣医師さんなどの専門家に相談のうえで行うべきであると注意を促しています。

 

pepyの見解:ドッグフードはいますぐ替えるべき?

「ドッグフードの成分と心臓病との関連性を調査中」とのことですが、現状では時期尚早な公表であり、因果関係を裏付ける決定的な要因はないと判断するのが妥当です。(FDAも記事中で「関連性は未知」と述べている)

 

血中のタウリン濃度の低下(タウリン欠乏)が拡張型心筋症の原因となることは立証されており、今回症例が報告された「遺伝的にかかりにくい犬種」のうち4例はタウリンが欠乏していたことがわかっています。

ただし「タウリンとマメ科植物などが主成分のドッグフードの関係」については言及されておらず、さらに「遺伝的にかかりにくい犬種」の他の4つのケースは正常なタウリン血中濃度であったために、依然として関連性は不明です。

「主成分」とはいったいどれくらいの量のことをいうのかなど具体的な数値情報が不明であることもあり、今すぐにお使いのドッグフードを替える必要はないと考えます。

急な食事の変化は愛犬のストレスになってしまう可能性もあるので、むやみにドッグフードを替えればかえって負担をかけてしまうことも考えられます。

この機にドッグフードを替えても問題はありませんが、その場合は愛犬のストレスをなるべく減らせるよう、1週間以上かけてゆっくりと変更してあげてください。アレルギーや持病をお持ちの場合は、獣医師さんなどに相談したうえで変更するドッグフードを選ぶようにするといいですね。