超大型犬まとめ!人気の超大型犬8種を性格や特徴とともに紹介!

犬好きなら一度は憧れる、超大型犬との暮らし。

飼育は容易ではありませんが、きちんとトレーニングをすれば絶大な安心感を与えてくれる頼れるパートナーになってくれます。

今回の記事では、「超大型犬を飼ってみたい!」という人のために、超大型犬の中でも特に人気の犬種を性格や特徴などを交えてまとめました。

 

超大型犬とは?

犬素材

数ある犬種の中で、一番大型なのが「超大型犬」といわれる種類です。

書籍などによっては「大型犬」「超大型犬」と異なる分類がされていることもありますが、これは超大型犬の定義が体重40kg以上となっているためですよ。

超大型犬の飼育は広い飼育スペースが必要になることはもちろん、長時間の散歩が必要なことや食費がかかることから簡単な気持ちでお迎えすることはできません。

 

超大型犬にはどんな種類がいるの?

犬素材

主な超大型犬種

  • グレートデーン
  • ボルゾイ
  • セント・バーナード
  • ロットワイラー
  • 秋田犬
  • グレートピレニーズ
  • 土佐犬
  • ニューファンドランド

超大型犬種の中でも人気の犬種が上記の8種類です。超大型犬の飼育に憧れている人はぜひ参考にして最愛のパートナーを見つけてくださいね。

グレートデーン

shutterstock_177520430
原産国ドイツ
体高70~80㎝
体重46~54kg
性格温厚
忠実

ドイツを代表する犬で、その大きな体を活かしてイノシシ狩りの猟犬として活躍していた犬種です。

猟犬としてはめずらしく、温厚で友好的な性格をしています。ただ、辛抱強い一面があるため、飼い主さんは体調の異常などを見逃さないことが大切ですよ。

 

ボルゾイ

犬素材
原産国ロシア
体高75~85㎝
体重34~47kg
性格落ち着いている
好奇心旺盛

類まれな俊足を持ち合わせていることから、オオカミを狩る猟犬としてロシア貴族に愛されてきた犬種です。その美しい立ち姿からショードッグとしても活躍していますよ。

散歩時など屋外では活発で好奇心旺盛になりますが、室内では落ち着いて過ごすことができる賢さも兼ね備えています。

 

セント・バーナード

犬素材
原産国スイス
体高61~70cm
体重50~91kg
性格優しい
辛抱強い

冬場、極寒のアルプス山中で遭難者の救助犬として活躍していた犬種です。超大型犬の中でも特に大柄な犬種です。

体は大きいですが、優しく温厚で甘えん坊な性格をしていますよ。

 

ロットワイラー

犬素材
原産国ドイツ
体高61~68cm
体重45~50kg
性格落ち着いている
忠誠心が強い

狭いエリアの中で、荷車を引く仕事をしていた犬種です。

とても賢く忠誠心が強い犬種ですが、非常に力が強いためしっかりとしたしつけを行う必要があります。

 

秋田犬

犬素材
原産国日本
体高61~67cm
体重35~50kg
性格忠誠心が強い
頑固

忠犬ハチ公のモデルにもなった犬種です。現在では国内にとどまらず、海外でも広く愛されていますよ。

忠誠心が強い性格をしていますが、闘犬だったころの名残で頑固な一面がみられることもあるため、飼主には一貫したしつけを行えるだけのスキルも求められます。

 

グレートピレニーズ

犬素材
原産国フランス
体高 65~81cm
体重50~60kg
性格警戒心が強い

牧羊犬、番犬として活躍してきた犬種です。

警戒心が強いことから、家畜を狙うオオカミやクマなどを追い払ったり時には戦ったりすることもありました。鋭い洞察力と自分で考え行動する力を持っているので、きちんとしたしつけを行える飼い主さんに向いています。

 

土佐犬

犬素材
原産国日本
体高60cm前後
体重90~91kg
性格従順
大人しい

闘犬、番犬として活躍した犬種です。

飼い主にはとても従順ですが、ほかの動物や第三者には心を開くことはあまりありません。そのため、飼主には腕力だけでなく、充分なしつけを行えるだけの強いリーダーシップも求められます。

 

ニューファンドランド

犬素材
原産国カナダ
体高71cm前後
体重68kg前後
性格優しい
フレンドリー

「ニューファン」という呼び名で親しまれている犬種です。

泳ぎが得意で、猟師の仕事の手伝いや水害救助犬として活躍していますよ。体は大きいですが甘えん坊な性格をしているので、飼い主さん以外の人や他の動物とも仲良く接することができます。

 

超大型犬は魅力もたくさん

犬素材

超大型犬を飼育するにあたっては、飼育する環境や金銭面など飼育を始める前に満たさなければならない項目も多いですが、飼育の大変さ以上にかけがえのないものを与えてくれます。

飼育を考えているのであれば、飼主そしてパートナーとして選んだ愛犬が共に充実した生活を楽しめるように万全の体制を整えてから飼育を始めるようにしてくださいね。