犬に柿を与えてもいいの?含まれる栄養や適正量、注意点は?おすすめの調理法は?

甘くて瑞々しい柿は、秋の味覚を代表するフルーツです。

柿が美味しい季節になると、愛犬にもおすそわけしてあげたくなりますよね。

この記事では、犬に柿を与えてもいいのか、含まれる栄養や適正量、注意点についてまとめました。

 

犬に柿を食べさせてもいいの?

シベリアンハスキー 柿
柿には犬の健康に有害な成分は含まれていないので、食べさせても問題ありません。

果肉部分は80%以上が水分でできていますが、糖分が高いので食べ過ぎには注意が必要ですよ。

種は固くて大きいので、のどに引っかかったり、腸に詰まったりする危険性があります。犬が誤って食べないようにしてあげてくださいね。

葉は「柿の葉茶」など人間の健康には良いイメージがありますが、繊維が多く消化に悪いので、犬に与えるのはおすすめしません。

 

未熟な柿や渋柿は大丈夫?

まだ青い未熟な柿や渋柿は「アルカロイド」という毒性の物質を多く含んでいます。

アルカロイドには苦味や渋みがありますが、犬は気にせず食べてしまうので、誤って口にしないよう気をつけてあげてくださいね。

 

柿にはどんな栄養素が含まれているの?

柿
柿には主に次のような栄養素が含まれています。

柿に含まれる栄養素

  • ビタミンC
  • ビタミンA
  • タンニン
  • カリウム
  • カロテン

 

ビタミンC

抗酸化作用で体の調子を整えたり、免疫機能を高めたりする効果があります。

犬は体内でビタミンCを生成することができますが、シニア犬や病気の犬の場合、食べ物で補ってあげるのも健康維持に役立ちますよ。

 

ビタミンA

皮膚や粘膜を強化する働きがあります。ビタミンCと同じく抗酸化作用もあるので、感染症や生活習慣病の予防に有効です。

 

タンニン

ポリフェノールの一種で、体内の悪玉コレステロールを減らしてくれます。血流を改善させる効果もありますよ。虫歯や口臭の予防も期待できます。

 

カリウム

余分な塩分を体の外に出す作用があり、むくみや高血圧の予防に効果的です。腎臓に溜まった老廃物も排出してくれます。

 

カロテン

カロテノイドの一種で、体内の活性酸素を除去し老化を防ぐ働きがあります。

 

与える量はどのくらいが適正?

コッカースパニエル
犬の体格によって差はありますが、15g程度が目安です。

一度にたくさん与えず、最初は少量から始めるのがおすすめですよ。

愛犬にとっての適量を見つけてあげてくださいね。

 

犬に柿を与える時の注意点は?

ジャックラッセルテリア
栄養価が高い柿ですが、食物繊維が多く消化しにくい食べ物でもあります。

大量に食べさせると胃腸に負担がかかり、消化不良を起こしてしまう可能性があるので、愛犬の様子を見ながら与えてくださいね。

犬はよく噛まずに丸飲みすることが多いので、のどに詰まらせないような工夫も必要です。薄くスライスしたり細かく刻んだりすると、安全に食べさせることができますよ。

柿を加工した干し柿は、生のものより食物繊維が凝縮されていて、糖分も高くなっています。食べさせ過ぎるとお腹を壊したりカロリーオーバーになったりします。

 

アレルギー反応を起こすこともあるの?

犬の体質によってはアレルギー反応が起こる場合があります。主な症状は次の通りです。

主な症状

  • 下痢
  • 嘔吐
  • 皮膚のかゆみ
  • 湿疹
  • じんましん
  • 目の充血
  • 元気がない

初めて柿を食べさせた後は、しばらく様子を見ていてあげると安心ですね。

 

犬に柿を食べさせたい!おすすめの調理法はある?

ブルドッグ
柿には体を冷やす作用もあるので、そのまま食べると体温が下がってしまうことがあります。

体を温める食材と一緒に調理すると冷えを軽減できますよ。

細かく刻んだ柿を、煮込んだ鶏肉や牛肉と一緒に温めて食べさせるのがおすすめです。

 

柿ピーは与えても大丈夫?

パグ
人間用の柿ピーには塩分が多く含まれています。添加物も入っているので犬には不向きです。

場合によっては消化不良を起こす可能性があるので、食べさせるのは控えてあげてくださいね。

 

旬を楽しもう!

ポメラニアン 子供
甘くて栄養価の高い柿は、犬にとっても嬉しいおやつです。一方で、食べさせ方を間違えると健康を害する恐れもあります。

食べ過ぎに注意して、愛犬と一緒に旬の美味しさを楽しみたいですね。