三毛猫まとめ!性格や特徴は?オスが少ない理由も紹介!

日本猫の代表的な柄といえば、三毛猫を想像する人が多いのではないでしょうか。三毛猫は「招き猫」のモチーフとして、古くから福を呼ぶ象徴として親しまれてきましたよ。

この記事では、三毛猫の性格や特徴、オスが少ない理由についてまとめました。

 

三毛猫ってどんな猫?

shutterstock_665443852

三毛猫は、白・茶色・黒の3色の毛色を持つ短毛の猫のことをいいます。日本猫の代表的な柄ですよ。三毛猫のほとんどは雑種です。

 

海外ではなんと呼ばれているの?

日本では一般的な柄の三毛猫ですが、海外ではとても珍しく、英語で「Calico(キャリコ)」「Tortie and white(トーティ・アンド・ホワイト)」、フランスで語では「Tricolore(トリコロール)」「Tricolor(トライカラー)」と呼ばれています。特に、北欧では日本原産国の猫であるジャパニーズボブテイルのことを「Mi-ke(ミケ)」と呼び、愛されていますよ。

 

三毛猫の性格は?

shutterstock_1045061617

三毛猫は、「猫の中の猫」と言われるほど、猫らしい性格をしていますよ。気分屋で、プライドが高く、女王様のような性格です。

家猫の場合、賢く、甘え上手でワガママな子が多いですよ。三毛猫はほとんどがメスなので、性格も女性的といえます。

 

三毛猫の特徴は?

img_4543_1024

三毛猫といえば、白・茶色・黒の3色の猫というイメージですが、模様によって細かく呼び方が違いますよ。

 

三毛猫

一般的な三毛猫の柄です。白・茶色・黒の3色がはっきりと全身にある猫のことをいいます。

 

キジ三毛

三毛猫よりも薄い色合いの三毛猫のことを指します。白・やや明るい茶色・こげ茶色の配色です。顔の周りに、縞柄の猫の特徴である「M」の模様が入っています。

 

縞三毛

縞三毛は、黒と茶色の部分が縞模様になっている三毛猫です。黒と茶色の両方が縞模様か、黒の部分だけが縞模様になります。顔の周りに、縞柄の猫の特徴である「M」の模様が入っています。

 

トビ三毛(白三毛)

トビ三毛は、白い部分が多く、黒と茶色の柄が飛び飛びに入っている柄の三毛猫です。白三毛とも呼びます。

 

パステル三毛

三毛猫の中では一番色が薄めの種類です。白・グレー・ベージュの優しい色合いです。海外では「Dilute Calico(ダイリュード・キャリコ)」と呼ばれています。

 

三毛猫のオスが少ない理由は?

shutterstock_562449178

三毛猫にメスが多いのには毛色を決める染色体が関係しています。性別を決める2本の染色体がXXだとメスが生まれ、XYだとオスが生まれます。

そして、猫の毛色を決める染色体は、メスの染色体Xであり、オスの染色体Yには毛色を決める性質はありません。よって、黒と茶の2色を同時に持つためには、毛色を決めるX染色体が2つ必要になります。

ちなみに白色の毛色の遺伝子はオスメスともに最初から持っているので、メスは白黒茶の3色、オスは白黒または白茶の2色までしか持てないことになります。

ですが、ごく稀に生まれる染色体XXYを持つオス猫が生まれます。これはクラインフェルター症候群といわれ染色体異常で、確率は3万分の1といわれています。よって、三毛猫のオスはとても希少価値が高いのです。

 

幸運の証として大切にされてきた

その希少性から、三毛猫のオスは「幸運の証」「招き猫」とされ、とても大切にされてきました。特に漁師の間で、「オスの三毛猫を船に乗せると福を呼び遭難しない」という言い伝えがあり、安全や大漁を運んできてくれると信じられていました。

また、日本の第一次南極観測隊に、縁起が良い三毛猫のオスが同行し、隊員たちと越冬したという話も有名ですよ。

三毛猫のオスは大変希少なので、アメリカのオークションで2,000万円という高値で取引されてこともあります。

 

オスが滅多に生まれないのに絶滅しないのはどうして?

shutterstock_1029855820

三毛猫が生まれるのは、毛色を決める遺伝子が大きく関係しています。そして、毛色を決める遺伝子は、親から子へと遺伝していきます。その遺伝子を受け継いだメス猫が出産時に三毛猫を産む可能性があるので、絶滅することはないと考えられていますよ。

 

三毛猫がかかりやすい病気は?

shutterstock_1042539199

三毛猫は雑種なので、基本的に身体が丈夫ですよ。しかし、どんなに丈夫でも病気にかかる可能性はあります。食べすぎによる肥満や、高齢でなりやすい腎臓関連の病気、メス特有の乳腺腫瘍などの病気などには気を付けてあげましょう。

 

三毛猫を飼育したい!どうすればいい?

shutterstock_1052946797

入手の仕方

三毛猫は雑種に多いので、ペットショップでの購入は難しいです。里親募集で探す方法か、野良猫を保護する方法が一般的ですよ。

 

一緒に暮らすコツ

三毛猫はとてもツンデレでワガママな性格なので、基本的に三毛猫の好きなようにさせてあげるのが良いですよ。甘えたいときには甘えさせてあげて、そうでない時はしつこく構わずそっとしておく、といった距離感が大切です。

運動能力が高く遊ぶのが大好きなので、おもちゃなどを用意してたくさん遊んであげると良いですよ。キャットタワーなどを設置して、運動不足にならないように気をつけてくださいね。

また、フードに飽きる傾向があるので、数種類のフードをローテーションしてあげるのがおすすめです。

 

猫らしいツンデレ

shutterstock_755826622

三毛猫はその猫らしい性格から、ワガママだとか気性が荒いといわれています。ですが、赤ちゃんのように甘えてくることもあります。そのツンデレの魅力の虜になる人も多いのではないでしょうか。