犬にミカンは食べさせても大丈夫?ミカンの成分や効能、与える時の注意点を詳しく紹介!

ミカンにはビタミンCをはじめとした様々な栄養素が豊富に含まれており、我々人間には様々な効用をもたらしてくれます。

愛犬が食べたそうにこっちを見ているけど、与えていいのか分からなくて困っていたという飼い主さんも多いのではないでしょうか。

この記事では、ミカンの成分や効能、与える時の注意点などをまとめました。

 

犬にミカンを食べさせても大丈夫?

犬ミカン

犬にミカンを食べさせても問題はありません。

ミカンには老化防止・皮膚粘膜の維持に欠かせない「ビタミンC」や「食物繊維」、ガン予防に役立つとされる「ヘスペリジン」「リモネン」「B-クリプトキサンチン」などが豊富に含まれています。

水分やビタミン、糖分も含まれているので、食欲が無い時の水分補給としてもおすすめですよ。

 

ミカンアレルギーについて

非常に稀なケースですが、ミカンにアレルギー反応を起こす犬もいます。

ミカンを食べさせる時は少しずつ与えるようにし、「湿疹」や「蕁麻疹」などの他に「下痢」「嘔吐」などの消化器系の症状がみられた場合はかかりつけの医師に相談するようにしてください。

 

ミカンの栄養や成分は?

ミカン

ミカンに含まれる栄養素

  • ビタミンA
  • ビタミンC
  • ビタミンE
  • カリウム
  • カロテン

ミカンに含まれる主な栄養素は上記のとおりです。

 

ビタミンA

目のビタミンともいわれ、角膜の健康維持や白内障の予防に欠かせない成分です。

皮膚や被毛の健康維持にも役立ちますよ。

 

ビタミンC

ビタミンCには、抗酸化作用や免疫力の向上などの効果があります。

犬は体内でビタミンCを生成することができますが、活発な犬はより多くのビタミンCを必要とするので、積極的な摂取を心がけることが大切です。

 

ビタミンE

ビタミンEには、ビタミンCと同じように強い抗酸化作用があります。

血管を丈夫に保つことができるので、様々な疾病予防が期待できます。

 

カリウム

カリウムには塩分を排出する働きがあるため、血圧の維持に役立ちます。

利尿作用によって体内の水分量が調整されるので、代謝も良くなりますよ。

 

カロテン

カロテンには抗酸化作用があるので、体内の酸化防止に役立ちます。

そのほかにも、免疫機能を正常に保つ作用や視覚の調整などの働きもあります。

 

一度に食べさせて良いミカンの量は?

犬ミカン

犬の体格にもよりますが、体重5kgの犬であれば3房程度が目安になります。

一度にたくさん与えるのではなく、少しずつ量を調整してあげてくださいね。

 

犬にミカンを与える時の注意点は?

犬ミカン

犬にミカンを与える時の注意点

  • 小さく割いてから与える
  • 外皮や薄皮、種は取り除く
  • 缶詰やゼリーなどの加工品は与えない

犬は食べ物を噛まずに丸呑みする事が多いため、犬にミカンを与える場合は小さく割いてから与えるようにします。

大きいまま食べさせると吐いてしまったり消化不良の原因になることもありますよ。また、水分も多く含まれているので、与えすぎると下痢を起こしてしまうこともあります。

 

外皮や薄皮、種は?

ミカンなどの柑橘類の皮には、犬が中毒を起こすとされる「ソラレン」が含まれているため外皮は与えてはいけません。

薄皮や種、ミカンについている白い筋も消化不良の原因になりやすいので、取り除いてから与えるようにします。

 

缶詰やゼリー、ジュースなどの加工品は?

缶詰はミカンを砂糖・香料・人工甘味料などで作られたシロップに漬けてあるので、犬の健康を害する恐れがあります。

ゼリーやジュースなどにも砂糖が多く含まれているので、肥満になる可能性が高まります。商品によっては洋酒を使用している場合もあるので与えないことをおすすめします。

 

適度に食べて健康な毎日を!

犬 ミカン 素材

ミカンは食べさせる量や与え方を間違えなければ、健康な毎日を過ごす手助けとなるフルーツの1つです。

まずはおやつとして、少量から与えてみてくださいね。