熱帯魚、種類別おすすめの水槽は?価格はどのくらい?

熱帯魚の飼育は水槽がなくては始まりません。とはいえ、水槽は種類がとても多く、どれを購入すればよいのかわかりにくいですよね。今回は水槽選びの基本と、熱帯魚の種類別おすすめ水槽をご紹介します。初心者の方は特に必見ですよ。

 

熱帯魚の水槽選びの基本

shutterstock_148286747

水槽のサイズにはさまざまな規格があり、素材はガラス製かアクリル製に大別できます。どの規格を選べばよいかは飼育する魚によって異なりますが、選び方の基本として以下のポイントがあります。

一般的に売られているサイズを選ぶ

一般的に流通しているサイズの水槽を選ぶと、フィルターなどの周辺機器を選びやすくなります。最も多く流通している水槽は縦、奥行き、高さがそれぞれ60cm、30cm、36cmの「60cm水槽」と呼ばれるサイズです。

飼育する数に合わせて適切なサイズを選ぶ

当然ながら、同じ水槽でたくさんの熱帯魚を飼育すると手狭になります。水も汚れやすくなるので、一度にたくさん飼育する際は大きいサイズの水槽を購入して下さい。人間でもそうですが、広いスペースがあった方が自由に泳げるため、魚のストレスは低くなりますよ。目安の最大飼育数は以下を参考にして下さいね。

●縦×奥行き×高さ(単位はcm)
・30cm水槽(30×30×30):10匹
・45cm水槽(45×30×45):20匹
・60cm水槽(60×30×36):30匹
・90cm水槽(90×45×45):50匹

 

熱帯魚の水槽、ガラス製とアクリル製のメリット、デメリットは?

shutterstock_196099406

水槽にはガラス製とアクリル製の2種類あり、それぞれにメリット、デメリットがあります。購入の際にはご自身の利用シーンを想像しながら選ぶようにして下さいね。一部の熱帯魚に関しては、飼育に適した材質があるので注意が必要です。本記事内で紹介しているので確認してから購入するようにしてくださいね。

ガラス製水槽のメリット

・アクリル製水槽に比べて低価格
・耐久性が高く、傷がつきにくい
・透明度が高い

ガラス製水槽のデメリット

・衝撃に弱い
・加工性が低い
・重量がある

アクリル製水槽のメリット

・ガラス製水槽に比べて軽量
・衝撃に強い
・加工性が高い

アクリル製水槽のデメリット

・ガラス製水槽に比べて高額
・ガラス製水槽に比べて劣化が早い
・表面が傷つきやすい

大型の水槽の場合は、強度と透明性を両立することが求められるためアクリル製水槽が有利になりますが、一般家庭で熱帯魚を飼育するならばガラス製水槽が人気ですよ。

 

熱帯魚の種類別おすすめ水槽

shutterstock_233988997

ここからは代表的な熱帯魚を取り上げて、種類ごとにおすすめな水槽をご紹介します。

グッピーにオススメの水槽

熱帯魚の代表ともいえるグッピー。グッピーは水質の変化に強く、小さな水槽でも充分飼育できますよ。30cm四方のキューブ型水槽で飼育しても問題ありません。30cm水槽は、ガラス製が2,000円前後、アクリル製が10,000円前後で購入できますよ。

ネオンテトラにオススメの水槽

ネオンテトラも代表的な熱帯魚のひとつです。ネオンテトラはグッピーよりも水質の変化に弱いので、大き目の水槽が良いですね。できれば60cm水槽が好ましいですが、45cm水槽でも充分飼育可能です。45cm水槽はガラス製が3,000円程度、アクリル製は10,000~15,000円程度で購入できます。

エンゼルフィッシュにオススメの水槽

エンゼルフィッシュは熱帯魚の中でも体が大きいため、小さな水槽では窮屈になってしまいます。幅60cmの水槽では2匹程度を飼うのが限界です。それ以上の数を飼育する場合は、幅が90cm以上ある水槽を選んでください。
幅90cmの水槽はガラス製が10,000円程度、アクリル製のものが30,000円程度で販売されています。

 

水槽選びに注意が必要な熱帯魚

shutterstock_222317623

水槽選びに注意を要する熱帯魚もいます。代表的な品種を一部抜粋してをご紹介します。

 

プレコ

プレコは水槽の表面に生えたコケを食べます。プレコの噛む力は非常に強く、傷に弱いアクリル製水槽をボロボロにしてしまうほどです。プレコを飼育する際は、傷に強いガラス製水槽を選んでくださいね。

 

アロワナ

アロワナは体長が60cm以上になる大型魚です。当然ながら小さな水槽では飼育できません。飼育には最低でも幅150cm、奥行き60cm以上の水槽が必要になります。幅150cmの水槽はアクリル製であれば7万円程度、ガラス製になると特注で10万円以上にもなります。幅が90cmを超える水槽の場合は、重量や強度、費用の観点からアクリル製の水槽がおすすめですよ。アロワナを飼育する場合でも、一般的にはアクリルの水槽が用いられることが多いです。

 

水槽選びのポイントをご紹介しましたが、難しく考えすぎないでくださいね。よほど多くの熱帯魚を飼わない限り、初めて飼育を始める場合は、ガラス製の60cm水槽を購入しておけば間違いありません。素敵なアクアリウムを作ってくださいね。