熱帯魚の飼い方は?必要なグッズの価格は?水質管理のコツは?

おしゃれで綺麗な熱帯魚を飼いたい!と思っている初心者の方向けに、熱帯魚の基本的な飼い方をまとめました。

飼育に必要なグッズの値段や水槽管理の方法などを詳しくご紹介します。

 

熱帯魚の飼い方、まずは水槽を購入しよう!

熱帯魚2

熱帯魚の飼育には水槽が必要です。水槽にも様々なサイズがありますが、最も標準的とされるのは「60cm水槽」と呼ばれる横幅が60cmの水槽です。

60cm水槽はガラス製の安いものなら2,000円程度で販売されていますよ。安すぎると粗悪な作りの製品もあるので、長く使うことを考えて5,000円ほど出してしっかりしたものを購入するのがおすすめです。

水槽は、一般的にサイズが大きいほど高額になりますが、60cm水槽でも高級なものは3万円を超えます。安価な製品との違いはガラスの透明度、接合部に塗られたシリコンの質や塗り方などです。

特にガラスは無色透明に近いほど美しいとされています。安価な製品が緑がかって見えるのに対し、高級な製品ほどガラスが無色透明で透き通って見えますよ。

水槽のサイズに特にこだわりが無ければ、まずは「幅60cm、奥行き30cm、高さ36cm」の規格サイズを選んでおくと、周辺機器を選びやすくなるのでおすすめです。

 

熱帯魚の飼い方、グッズを揃えよう!

shutterstock_145193812

熱帯魚の飼育環境を整えるには、水槽以外にも以下のグッズが必要になります。できれば熱帯魚を購入する前に全てのグッズをそろえておいてくださいね。

底砂

底砂は水槽内の見た目を良くするだけでなく、水質を安定させる機能があるので用意が必要です。

様々な容量が販売されていますが、8kgあれば60cm水槽に入れる量としては十分ですよ。水槽と同時に購入しておいてください。2000~3000円程度で購入できます。

 

フィルター

水を濾過するフィルターはアクアリウムの必需品です。

フィルターには外部フィルターや上部フィルター、投げ込み式フィルターなどの種類があります。それぞれメリットとデメリットがありますが、初心者は上部フィルターを選んでおけば間違いありません。

上部フィルターは60cm水槽用のもので3,000円前後、90cm水槽用が7,000円前後で販売されています。

 

ヒーターとサーモスタット

熱帯魚は熱帯雨林の河川などに生息する魚であり、冷たい水の中では生息できません。

水を温めるヒーターと、水温に応じてヒーターのオンオフを自動で行うサーモスタットは必ず購入してください。サーモスタット機能付きのヒーターは、販売価格2,000円前後で購入できますよ。

 

水温計

水温を管理するために水温計が必要です。

300円程度から購入できますが、なるべくなら500円程出して目盛りが1度単位で刻まれている、読みやすいものを購入すると便利ですよ。

 

亜硝酸試薬

水槽内環境の亜硝酸検出に使います。45回使えるものが1,500円程度で売られています。

水槽を最初にセットする際、亜硝酸を適正値にするまでに時間がかかるので、あると便利ですよ。

 

ライト

ライトは水槽の美しさを際だたせるために多くの人が購入するアイテムです。

60cm水槽用のライトはおよそ5,000円で購入できます。必需品ではないので、予算に余裕がある人は購入してみてください。

 

熱帯魚の飼い方、水質管理は継続的に!

shutterstock_170277320

熱帯魚の飼育は、「環境を整えて魚を泳がせて、あとは餌をやるだけ」ではありません。

水槽内の水質は変化するのが早く、短期間で熱帯魚が生きられない環境になってしまうので、こまめな水質管理が必要です。

水質管理でポイントとなるのは、こまめな水換えです。水換えは週に1度、水槽内の水全体の約3分の1を交換するようにしてください。入れ替える水は水道水でかまいません。ただ、必ず1日汲み置きするなどして塩素を抜く工夫をしてください。

水換えの際に、水槽内に生えたコケをしっかり落とすのも水質を悪くしないコツです。一手間かけることより、水が汚れにくくなりますよ。

 

さぁ、熱帯魚の飼育を始めよう!

この記事でご紹介したグッズをそろえれば、熱帯魚の飼育を始められます。

熱帯魚の飼育グッズはどれも命を扱うための道具です。安価な製品もたくさん販売されていますが、信頼できる製品をそろえるようにしてくださいね。