猫のトイガー、性格と特徴、子猫の価格は?

トラ猫よりも虎にそっくりな猫、トイガー。日本ではまだ認知が高くない猫種ですが、おもちゃのようにかわいらしい見た目に、勇ましい虎の模様をもった魅力的な描種ですよ。今回はトイガーの性格や特徴、販売価格などをまとめました。

 

トイガーの歴史は?

shutterstock_271717478

トイガーは1980年代以降に誕生した、かなり新しい猫種です。もともとベンガルのブリーダーだったアメリカのブリーダーが、たまたま虎にそっくりな模様を持つベンガルの子猫が生まれたことを機に、小型の虎のような猫を創りたいと考えて誕生しました。トイガーが新描種としてTICAに登録されたのは1990年代前半のことです。トイガーの名前の由来は「Toy」と「Tiger」。可愛らしいその名前には、おもちゃの虎という意味が込められていますよ。

 

トイガーの性格は?

shutterstock_281039885

外見が虎にとても良く似ているトイガーですが、性格は穏やかです。活発で好奇心旺盛な面もありますが、人間によくなつきますし、子どもとも安心して遊ばせることができます。知能もかなり高いので、しつけもほかの猫と比べてしやすいですよ。一人でも遊べるようにおもちゃやキャットタワーを用意してあげると、ストレスも少なく、健康の維持にもつながります。

 

トイガーの特徴は?

shutterstock_260968784

トイガーのボディはベンガルと同じセミフォーリンタイプで、野性的で骨太な体つきをしています。被毛は濃いオレンジ色がベースで、虎によく似た太い縦縞が入っているのが最大の特徴です。体だけでなく、頭部にも虎そっくりの模様とハイライトが入っているのも特徴で、これらの特徴がない個体はトイガーを名乗ることができません。

 

トイガーの価格は?購入の際の注意点は?

チェックする人

トイガーは最近出てきた品種で、日本での飼育頭数はごく少数です。ブリーダーの数も少ないため、国内での入手は難易度が高い描種です。流通数が少ないため、ペットショップで販売される機会はほとんどないです。

現在、トイガーを繁殖、販売するブリーダーは増えつつあります。販売価格はおよそ60万円からと高額ですが、今後繁殖数が増えれば価格も下がってくる可能性があります。輸入して独自の繁殖を開始しているペットショップもあるので、数年後にはもっと安価で購入できるようになるかもしれません。

正しい血統のトイガーを入手したい場合、トイガーを作出したブリーダーであるジュディ・サジェンから正式に認可されたブリーダーを探すようにしてくださいね。トイガーはまだまだ情報が少ない品種です。なかには偽物を売りつけようとする業者もいるので、注意が必要ですよ。

 

 

 

かわいらしい「おもちゃ」と勇ましい「虎」の名を取って命名されたトイガーは、魅力たっぷりな新描種です。認知度はまだ高くないですが、近年ではトイガーが出展されるキャットショーも増えているので、気になる方はぜひ一度ショーに出かけて、その魅力に直接触れてみてくださいね。