猫のピクシーボブ、性格と特徴、子猫の価格は?注意点は?

ピクシーボブは、短い尾と野生感溢れる凛々しい表情が特徴の猫です。今回はワイルドな魅力をもったピクシーボブの性格や特徴、販売価格や飼育の注意点をまとめました。

 

ピクシーボブの歴史は?

キャプチャ

ピクシーボブはアメリカで人為的につくられた、新しい品種です。ベースとなったのは、アメリカやカナダの森林・草原地帯に住む「ボブキャット」というネコ科オオヤマネコ属の野生動物です。ピクシーボブはヤマネコとイエネコの掛け合わせとしてつくられたといわれていますが、遺伝的に繋がりは無く、そもそも野生のオオヤマネコとイエネコの交配はできないともいわれていて、交配の元となった猫の由来ははっきり分かっていません。

ピクシーボブは世界最大の猫の血統登録機関TICAには登録されていますが、純血種の登録やキャットショーなどを行っているCFAには登録されていません。

猫の登録に関する団体は多く、それぞれによって純血種として登録するための条件が異なります。登録されていないと、その団体の基準では「純血種」として認められません。猫の改良・新種作出は犬に比べて歴史が浅く、ピクシーボブのように団体によって扱いが異なる猫種もあります。

 

ピクシーボブの性格は?

キャプチャ1

ピクシーボブは野生のオオヤマネコに似た姿で、凛々しい顔立ちをしています。近寄り難い雰囲気がある印象ですが、社交的で猫慣れしていない初心者でも飼いやすい、遊び好きの猫です。

性格は「飼い主に忠実」で、エサをくれてたくさん遊んでくれる飼い主には、とても上手に甘えてきてくれますよ。猫は一般的に自由気ままな性格をしていますが、ピクシーボブは飼い主との親密な関係を築きやすい猫種なのです。

 

ピクシーボブの特徴は?

外見の特徴は、目を引く短い尾です。尾骨は最低でも5cmはあることが標準とされていますが、他の猫に比べると短い尾をしています。指も通常の猫よりも本数が多く、7本までは正常として認められている珍しい猫です。一般的な猫は前足5本指、後足4本指をしています。

体は淡いブラウンで黒のシマ模様や斑点のようなポイントが入っていて、耳の先に飾り毛が付いているのがカワイイですね。

ピクシーボブは、オスだと体重が7kgを超える大型の猫です。毛色はブラックのみで、模様はスポッテッドタビーのみです。目の色はグリーン系とゴールド系の2種類があります。抱き上げるとずっしりと重く、筋肉質で胸や足がとてもたくましいですよ。

 

ピクシーボブはどこで買える?子猫の値段はどれくらい?

ルーペ 本 虫眼鏡

ピクシーボブはアメリカでは人気のある猫ですが、日本ではほとんど認知されていません。ペットショップでも、繁殖しているブリーダーも、ほとんどないのが現状です。購入を希望する場合は、TICAなどに問い合わせて国内のブリーダーを紹介してもらうか、海外から取り寄せるか、自分で海外へ買いにいく必要があります。

TICAにはアメリカやカナダのブリーダーが登録されています。ピクシーボブを海外で購入して日本に輸入するには、大金がかかります。猫の生体料、ワクチン接種や血液検査料、検疫手続き料、輸送料などが必要になるので、総額で40万円は越えるのを目安としてください。

アメリカやカナダから購入する場合、生後7ヶ月以上経過していないと、日本の検疫制度をクリアできず、輸入することが出来ません。子猫を飼うなら、日本国内でブリーダーを見つける必要があります。

 

ピクシーボブを飼う時の注意点は?

チェックする人
ピクシーボブは大型猫で食事の量が多い猫です。筋肉量が多く、骨太なので良質のタンパク質やカルシウムなどを効率よく吸収できる高栄養価のフードを選んでください。毛玉にも注意が必要です。体を動かすのも好きなので、キャットタワーや爪とぎ道具、おもちゃなどは頑丈なものを選んであげてくださいね。体重が通常の猫より重く、力もあるため、注意しないと思わぬケガに繋がることがあります。女性の一人暮らしやシニア世代が飼うには難易度の高い猫種といえます。

日本ではあまり見ることが無いレアなピクシーボブですが、アメリカでは人気の高い猫種です。珍しい猫を飼ってみたい方にオススメですよ。