柴犬を室内飼いしたい!注意点や必要なしつけは?

日本犬の中でも飼育しやすい中型犬に分類され、どんな住環境にも順応するといわれている柴犬。古くから屋外で飼われることが多い犬種ですが、最近はマンションなど室内で飼われることも増えてきました。この記事では、柴犬を室内飼いする際の注意点や必要なしつけをご紹介します。

 

柴犬の指定場所を作る

パピヨン_ケージ

犬は縄張りを持つ動物です。自分だけのエリア、家族に許すエリア、散歩などで通る他の個体の出入りを許すエリア、未知のエリアなど、縄張りにもランクがあります。まず、自分だけのエリアを作って与えてあげてください。

用意するのは以下のグッズです。

ワイド版のトイレシーツ(60cm×45cm)

寝床(クッションタイプのベッドやクレートなど犬に合った素材のもの)

水やごはん

これだけをセットできる大き目のサークルを準備します。設置場所には、エアコンの風が直接当たらないように注意してください。サークルは、扉と屋根が付いている方がトイレトレーニング時に便利ですよ。

サークルは壁や柱などから離して設置するのがポイントです。柴犬はかじるのが大好きなので、内装の損傷を避けられるからです。サークルには隙間があるため、顔を出して壁や柱をかじることがあるので、それを見越した距離を離してくださいね。

サークルの中は犬だけのスペースで、安心できるスペースとして覚えてもらいます。サークルの中に入って静かに過ごしてくれるようになれば、来客があっても吠えて困る、といったことがなくなります。

留守番中にイタズラをして家具などを壊す危険も減りますよ。

 

柴犬を室内飼いするときの注意点

柴犬

室内飼いするのであれば、トイレトレーニングは必須です。家に柴犬を迎えた日から徐々にはじめてくださいね。あらかじめ、子犬を迎え入れる前にトイレを設置したサークルを準備しておくのが理想的です。

トイレトレーニングに関しては関連記事にもまとめてありますが、基本は「排泄のタイミングを知る」ことと、「排泄のサインを見逃さない」こと、の2つがポイントです。

 

柴犬のしつけ、屋内のトイレは継続させる

柴犬_撫でる_マッサージ

外で散歩をするようになると、外でなければ排泄しなくなる柴犬も少なくありません。外でしか排泄できなくなると、例えどんな天候であろうと外へ出なければならなくなります。

長い時間の留守番をさせるときも、ずっと排泄を我慢してしまって病気の原因になることもあります。たとえ外で排泄するようになっても、室内のトイレは残しておきます。散歩に行く前に排泄させ、おやつをあげて褒めるなどし、室内のトイレで排泄できるように癖を付けてあげるのが良いですよ。

決まったトイレトレイの上で排泄するように癖を付けておくと、キャンプや犬と一緒の旅行のときに、してはいけない場所でする確率が低くなります。トイレトレイを決めて覚えさせてあげてくださいね。

 

柴犬に大切なスキンシップ

お手をする柴犬

柴犬は独立心が強く、人とベタベタするのを好まない犬といわれています。飼い主に忠実で家族のことも好きなのですが、自分の時間、自分の自由も大切にする犬です。放っておく時間、自由にさせる時間を準備してあげる必要がありますが、自由にさせ過ぎると「スキンシップが嫌いな犬」になってしまう可能性が高くなります。

触れられることが嫌いな犬になると、訓練する時や病院で注射や治療してもらう時に強いストレスを感じたり、噛み付いたり、事故の危険性が高くなる恐れがあります。

「抱っこする」「耳をめくる」「口を触る」「仰向けにする」「お腹を触る」「足を触る」など、日常生活のなかで少しずつスキンシップをはかることで、いつ、どこを触られても問題ない犬に育ててください。嫌がるときは無理強いせずに触り、怒らずに触らせてくれた時は、しっかり褒めておやつをあげると良いですよ。

 

柴犬に覚えてもらいたい指示

柴犬_複数

柴犬は「守る意識が高い犬」です。番犬にも向いていて、猟犬としての特徴を強く残している柴犬らしさでもあります。一方で、しつけが出来ていないと問題になることも多いので、次のようなトレーニングがおすすめです。

 

人の手を攻撃しないように仕向ける

人の手が「物を奪う手」ではなく「嬉しいことをしてくれる手」ということを覚えてもらうのが目的のトレーニングです。「オモチャで遊ぶ」「ごはんをあげる」「おやつをあげる」といったことを繰り返し、人の手はいいことをしてくれるものと覚えてください。直接手で触れてあげることがポイントです。

 

ダシテやチョウダイを教える

柴犬は「物を集めて守る」習性がとても強く残っています。床に落ちた物を拾おうとして噛み付かれた、という話もよく聞きます。床に落ちた物を自分の物として認識し、奪おうとする飼い主の手を外敵だと考えているからです。

さらに、咥えた小さな物を誤って飲みこんでしまうのも柴犬に多く見られます。「ダシテ」「チョウダイ」を教えて、放すことを覚えさせてくださいね。

1. 丸めたタオルや、少し長めのオモチャを咥えさせ、引っ張り合いっこする。

2. 犬が引っ張ることに集中したら動かすのを止める。

3. 犬がオモチャを放したら直ぐに「ダシテ」という。

これを繰り返すことで「ダシテ」が「放す」ことだ、と覚えてくれます。「チョウダイ」でも良いので、言いやすい方を選んでください。短く、低めの声でハッキリいうと良いですよ。

 

ドイテを教える

柴犬は自分のテリトリーを守る意識がとても強い犬です。番犬として優秀な証なのですが、ソファ、玄関口、門扉前など、人の都合の悪い場所を守る犬になってしまうとトラブルの原因になります。ドイテと飼い主が言うと、その場を譲るように教えてみえください。

1. お気に入りの場所にいる柴犬に、手の平に載せたおやつを見せる。

2. 手を動かし、その場所から離れるよう仕向ける。

3. 犬が離れた瞬間に「ドイテ」と言い、離れたらおやつをあげる。

この一連の流れを繰り返して、「ドイテ」を覚えさせて下さい。ドイテを教えた後、おやつを持った手を使って犬を誘導し「ノッテ」を教えて特定の場所に乗ることを覚えてもらうこともできますよ。

 

しつけ・トレーニングの基本は「ほめる」!

柴犬

トレーニングの基本は「ほめる」「行動すると嬉しいことがあると覚えてもらう」なので、おやつを使えば簡単です。柴犬は頑固なところもあるので根気が要りますが、賢い犬なので繰り返せば覚えてくれますよ。

叱りたくなる気持ちを抑えて、焦らず、時間を掛けて教えてあげてくださいね。どうしても難しい場合はしつけ教室などでプロの手を借りるのがおすすめです。

柴犬のブリーダーさんをお探しの方へ

柴犬

日本最大級のブリーダーサイト「ブリーダーワン」には、日本全国の柴犬のブリーダーさんの情報が詳しくまとまっています。子犬の柴犬の飼い主さんを募集するだけでなく、各ブリーダーさんの思いや引き取る飼い主さんへのメッセージを掲載しているため、飼い主さんからも安心して引き取れると好評のサイトです

紹介頭数は日々増減します。柴犬は特に人気の犬種なため、ブリーダーワンには日々多くの飼い主さんが訪れていますよ。現在柴犬の飼育を検討されている方はぜひ一度サイトを確認してみてくださいね。