サビ猫まとめ!性格や特徴は?入手方法や気をつけたい病気、飼育のコツなども紹介!

 

黒と茶色のモザイク模様の被毛を持つサビ猫。個性的な柄や賢さと性格の良さから人気がある猫種です。

この記事では、サビ猫の性格や特徴、入手方法や気を付けたい病気についてまとめました。

 

サビ猫とは?

shutterstock_790214458

サビ猫とは、黒と赤のモザイク模様の被毛を持つ雑種の猫のことです。明るい茶トラ柄(赤)と黒がまだらになっていて、その様子が赤茶色の錆びの色に似ていることからサビ猫と呼ばれるようになりました。その柄から「雑巾猫」などと呼ばれることもあります。日本では標準的な柄で、野良猫に多く見られます。

しかし、海外ではサビ柄はとても珍しく、その被毛の美しさを「Tortoiseshell」(べっ甲)と呼び、愛されています。

また、ペルシャやブリティッシュショートヘアなどの純血種にごく稀に出ることがあります。

 

サビ猫の性格は?

shutterstock_168155021

サビ猫は、そのクールな見た目とは裏腹に、とても性格がよく飼いやすい性格です。

サビ猫は、猫の中でもとても賢いとされています。また、飼い主の様子をしっかり観察し、空気を読んでくれます。奥ゆかしい性格で協調性があり、愛情深い性格なので、多頭飼いにも向いていますよ。

また、飼い主と信頼関係ができると、べったりと甘えん坊になります。寂しがり屋で嫉妬深い性格ともいえます。

 

オスとメスの性格に違いはあるの?

shutterstock_594640544

サビ猫は、三毛猫と同じようにメスが多く、オスは希少です。メスの染色体をもつオスが三万分の一の確率で生まれます。

それにより、オスのサビ猫は、メスと同じように愛情深く、落ち着いた性格であると考えられます。ただ、メス特有のプライドの高さやツンデレさはそこまでないようです。

 

サビ猫の特徴は?

shutterstock_568651525

サビ猫は、足が長く、スリムでしなやかな体型の持ち主です。身体能力が高く、遊ぶのが大好きです。

また、同じ柄が一つとしてない珍しい毛色を持つ猫です。

目の色はイエローとグリーンが多く見られます。サビ猫はその毛色に注目されがちですが、目がクリクリとして可愛い顔立ちも特徴ですよ。

 

サビ猫の種類の違いは?

shutterstock_195244796

毛の色は数種類

サビ猫の毛色は大きく分けて二種類です。

黒地に茶トラが混ざったまだら模様を「サビ猫」「黒サビ」、茶トラ柄に黒が混ざったまだら模様を「べっ甲」「赤サビ」と呼びます。

また、グレーや薄い茶色の混ざった毛色もあり、「灰サビ」と呼ばれることもあります。

 

メスが多い

サビ猫にメスが多いのには毛色を決める染色体が関係しています。性別を決める2本の染色体がXXだとメスが生まれ、XYだとオスが生まれます。

そして、猫の毛色を決める染色体は、メスの染色体Xであり、オスの染色体Yには毛色を決める性質はありません。よって、黒と茶の2色を同時に持つためには、毛色を決めるX染色体が2つ必要になります。

ちなみに白色の毛色の遺伝子はオスメスともに最初から持っているので、メスは白黒茶の3色、オスは白黒または白茶の2色までしか持てないことになります。

ですが、ごく稀に生まれる染色体XXYを持つオス猫が生まれます。これはクラインフェルター症候群といわれ染色体異常で、確率は3万分の1といわれています。よって、サビ猫のオスはとても希少価値が高いのです。

 

サビ猫がほしい!どこで入手する?

shutterstock_296833757

サビ猫は雑種に多いので、野良猫を保護する方法か、譲り受けるのが一般的です。その毛色から、貰い手が付きにくく、捨てられることも多いです。里親サイトや、動物保護団体、保健所などでサビ猫を引き取ることができますよ。

純血種のサビ猫はごく稀ですが、ペットショップで買うことができます。

 

サビ猫の飼育に向く人は?

shutterstock_723876352

猫飼い初心者さん

サビ猫は、猫を初めて飼う人におすすめの猫です。猫の中でも特に賢いので、しつけも簡単にできます。甘えん坊な性格の子が多く、雑種で身体も丈夫なので、猫初心者でも安心して飼うことができます。

 

多頭飼いの人

サビ猫は母性がとても強く、愛情深い猫です。また、集団生活を好む傾向にあり、他の猫とも仲良くできますよ。ただ、優しいので、甘えるのもご飯を食べるのも他の子に譲りがちです。飼い主さんがきちんと気にかけてあげることが必要です。

 

サビ猫を飼いたい!気をつけることはある?

shutterstock_1032605137

サビ猫は少し神経質な性格です。生活環境が急に変わったり、工事や電車などの大きな音は嫌います。大がかりな部屋の模様替えなどは避け、できるだけ静かに過ごさせてあげると良いですよ。

また、甘えん坊ゆえに、飼い主さんから十分に構ってもらえないと、ストレスを感じて体調を崩すこともあります。しかし、飼い主さんが忙しそうにしていたり、他の子と遊んでいたりしたら、空気を読んで自分は後回しにして我慢してしまうところがあります。飼い主さんがこまめに気遣ってあげることが大事です。

 

サビ猫のしつけ、コツはある?

shutterstock_650816794

猫は基本的にしつけが難しい動物ですが、サビ猫はとても賢い猫なので、しつけには苦労しません。とても空気を読む猫なので、一度注意されたことは「これはやってはいけないんだ」と即座に理解し、繰り返すことはありません。また、良いことをしたらしっかり褒めてあげるのも大事なポイントです。やっていいことといけないことを理解させるのが大事です。

ただ、賢すぎるので、飼い主さんのいないところでいたずらをすることがあります。

 

サビ猫がかかりやすい病気はある?

shutterstock_1035607966

サビ猫は雑種なので、基本的に身体が丈夫です。しかし、どんなに丈夫でも病気にかかる可能性はあります。食べすぎによる肥満や、高齢でなりやすい腎臓関連の病気、メス特有の乳腺腫瘍などの病気などです。甘えん坊で寂しがりな性格からくるストレスにも要注意です。

触れ合っている時にボディチェックをしたり、普段の食事や排便をチェックしたり、たくさん遊んであげたり、飼い主さんが注意して愛猫を見てあげることが大事ですよ。

 

クールな見た目の甘えん坊さん

shutterstock_1033821784

サビ猫は、その毛色から敬遠されがちですが、とても賢く甘えん坊で、他の猫とはまた違った魅力があります。ずっと猫と触れ合っていたいという人にはピッタリの猫です。きっと癒しを与えてくれる存在になりますよ。