【#ペピLIFE】猫のもちもちブラザーズ 〜よもぎ・きなこ・おはぎのHappy Life⑤

フォロワー約2万人のインスタグラマー。愛猫よもぎ・きなこ・おはぎ、通称もちもちブラザーズとの生活を綴る。不動産屋さんでペットと快適に暮らせるおうち探しなどにも精通。

この記事は連載記事です。

東京都在住の「もちママ」さんご家族と、3匹の飼い猫「よもぎ」ちゃん「きなこ」くん「おはぎ」くんの「もちもちブラザーズ」の生活の様子をご紹介しています。

第1~4回をまだお読みでない方は、特集リンクから移動できます。

 

お正月休みがやってくる!

私は家族が大好きで、お正月やお盆休み、ゴールデンウィークなど、5日以上の休みが取れるときは必ず猫たちを連れて実家に帰省します!

今回は3匹そろっての初めての帰省について書いていきます🎵

 

4

 

きなことおはぎが家族になって二ヵ月、ついにお正月休みがやってきます!

前年はよもぎ(以下、よもたん)を連れて実家に帰りました。

実家に帰るには、新幹線や車を乗り継いで、なんと5時間半もの時間がかかるのです。

そんな長時間移動でも、よもたんは移動中のキャリーの中で毛布にくるまっておとなしく寝ていて、とても良い子です✨

しかし、きなこおはぎはどうだろう…?💦(笑)

 

5

 

不安はあるものの、実家に帰っている間、猫たちをペットホテルなどに預ける方が心配でした。

私にべったりな子たちなので、離れ離れになる方が猫たちにはストレスになると思ったからです💦

 

準備するにゃ!

まずはキャリーを二つ準備します!

1つはよもたんに、きなことおはぎは二人とも800gくらいだったので、二人で1つのキャリーに入ってもらうことに。

 

2

 

寒くないようにキャリーにはもふもふのひざ掛けを入れます。

おしっこをしてしまった時のためにペットシーツも敷いておきます。

よもたんの場合、途中でおやつをあげようとしてもかたくなに食べないのですが、食い意地の張ってるきなことおはぎなら食べるかも…と思ったので、手持ちのバッグにカリカリを少し持ちます。

当日は両手にキャリーバッグを持っていくので、服などの入ったトランクは、あらかじめ実家に送っておいたりとバタバタしながら、あっという間に帰省の日を迎えました。

 

帰省当日。

 

3
よもぎ・きなこ・おはぎはこたつの中で幸せそうにのびきっていました。

なんだかかわいそうな気もしますが、置いていくわけにもいかないので、心を鬼にしてよもたんをスピーディーにキャリーにイン!!

キャリーに入るのを嫌がるよもたんですが、入ってしまえば観念しておとなしくなります(笑)

おはぎときなこは寝ぼけていたので、すんなり入れることができました🎵

さて、肩掛けキャリーを両肩にかけて出発です!

猫を連れての移動で一番つらいのは、何より重いことなんですが、この時のきなこおはぎはまだ小さくて軽くて、とても楽でした✨(今思えば…笑)

 

初めての新幹線!

さて、新幹線では指定席を取ります。

車両の一番前の席だと、前の座席がリクライニングしてくることがないので、大きな荷物でも安心です。

足元にキャリーを2段重ねにします。

この日は12月29日、新幹線は120%の乗車率でした。。

指定席を取っているものの、通路や車両連結部分には自由席に座れなかった人がたくさん立っていて、猫たちに何か起こっても身動きが取れない状況でした…

不安な気持ちを抱えながら、新幹線が出発します。

1時間たったころ、3匹の様子を確認してみました!

 

7

 

よもたんは私の顔を見ると近づいてきます💛

いつも通り元気そうです、一安心。

 

10

 

おはぎときなこは一緒にいるので、そこまで不安がっている様子はありませんでした。

とても静かにおとなしく寝ていました🎵

むしろ、キャリーを覗いた私に気づいた二人が、にゃーにゃー言い始めてしまいました💦

隣の人にぎろりと睨まれました…(笑)

これはおやつどころの騒ぎではありません😨

心配ではありますが、そっとしておくのがよさそうです…

🐾🐾🐾

こうして、特にトラブルも起こらず、猫たちの初めての新幹線の旅4時間半は無事に過ぎました。

ですが、その先に待ち受けているさらなる試練を、今はまだ知る由もない、きなことおはぎなのでした。

 

次回は実家でのよもぎ・きなこ・おはぎの様子をお話しします🌟