ビションフリーゼの子犬の値段、ブリーダーや里親、寿命や病気まとめ

真っ白な毛に覆われた抜群の存在感と、飼いやすくチャーミングな性格が人気のビションフリーゼ。今回の記事では、ビションフリーゼの子犬の販売価格の目安、寿命やかかりやすい病気など健康管理のポイントをご紹介します。

 

ビションフリーゼの子犬の販売価格は?

ビション・フリーゼ

価格相場

  • 20万円前後

ビションフリーゼの子犬の場合、価格の相場は20万円程度です。ブリーダーが特殊な設備や餌を使って育てている場合などは、価格が相場より高くなる傾向があります。

親がチャンピオン犬の場合は、30万円前後の価格がつくこともあります。

ビションフリーゼは日本では飼育頭数が少ないことから、他犬種と比べて価格は高くなっていますが、良心的なブリーダーを見つけられると15万程度で入手することも可能ですよ。子犬は生後60日を過ぎると徐々に価格が下がる傾向があります。

ビションフリーゼは物覚えがよく、しつけのしやすい犬種といわれていますが、被毛や目耳の手入れが必要な犬種ですので、予め確認しておくことがおすすめですよ。

 

ビションフリーゼのブリーダーと里親の数は?

shutterstock_346452281

ビションフリーゼの2015年JKC登録数は2300頭近くいますが、ブリーダーの数は他の犬種に比べて多いとはいえません。

珍しい犬種だからこそ、すぐに飛びつくのではなく入手する前にはブリーダーに「遺伝疾患を持っていないか」「社会性は身につけているか」の確認は忘れないようにしてくださいね。

里親も専用ページなどで募集されていることが多いですよ。里親から受け入れる場合は、「どのような経緯で里子に出されたのか」「しつけはどの程度までされているのか」など確認するように心がけておくと安心ですよね。

 

ビションフリーゼは活発な犬種!必要な運動量と注意点は?

ビション・フリーゼ

運動量

  • 1日2回10~20分程度

散歩時の注意

  • 熱中症

ビションフリーゼは遊び好きで、小型犬にしては活発で運動量が多い犬種です。室内飼いの場合は運動不足でストレスが溜まってしまうことがあるので、できるだけ毎日散歩に連れて行ってくださいね。

散歩は1日2回10〜20分程度で十分ですが、たまにドッグランや広場で自由に遊ばせてあげると喜びますよ。

散歩時の注意点は「熱中症」があります。ビションフリーゼはダブルコートで豊富な被毛に覆われているため暑さに弱いです。体高も低いので地面からの熱の影響を強く受けてしまいます。

暑い時期の散歩は出来る限り日中を避けて、愛犬の体調と気温をよく観察しながら無理のない範囲で散歩をするようにしてくださいね。

 

ビションフリーゼの寿命はどれくらい?かかりやすい病気は?

ビション・フリーゼ

寿命

  • 12~15年

罹りやすい病気

  • 膝蓋骨脱臼
  • 皮膚病(急性湿潤性湿疹)
  • 尿結石
  • 外耳炎
  • 流涙症

ビションフリーゼは平均寿命が12~15年程度で小型犬の中でも長寿な犬種です。中には21年生きたという記録も残っています。ただ、気をつけたい病気もあるので参考にしてくださいね。

 

膝蓋骨脱臼

膝のお皿の骨である膝蓋骨が、内側もしくは外側にずれてしまう病気です。軽度の場合「足をあげる」「スキップをしながら歩く」といった症状が現れます。

重症化すると「足が完全に着かなくなる」「骨が変形して歩けなくなる」状態になってしまいます。ワクチン接種や定期健診の際に獣医師に診てもらい、早期に発見をすることが大切です。

 

皮膚病(急性湿潤性湿疹)

ビションフリーゼはカラッとした湿度のない地中海気候生まれなので、高い湿度を苦手としています。日本の梅雨の時期は特に気をつけなければなりません。

皮膚病である「急性湿潤性湿疹」は突然なんの前触れもなく発症するのが特徴で、早ければ半日で赤い湿疹と強い痒みがでます。

ひどい時は掻き過ぎてしまい患部が化膿してしまう事もあるのです。防ぐには首・あご・耳の下、などビションフリーゼの被毛が一番もつれやすい場所を定期的にトリミングする必要があります。

月に一度はシャンプーをして汚れを取り除き、雑菌を繁殖させないように体はきちんと拭いてあげてくださいね。

 

尿石症

膀胱や尿道、腎臓に結石ができてしまい、激しい痛みが生じる病気です。結石が尿道や尿管をふさいでしまうと、排尿ができなくなってしまうこともあります。

細菌が原因になって発症するほか、「水分不足」「おしっこの我慢」「ミネラルバランスの崩れた食事」も病気を誘発してしまうことがあります。

トイレの回数が増えたり、尿が出にくかったりといった場合には尿石症の可能性があるので獣医師に診てもらってくださいね。

 

外耳炎

垂れ耳のビションフリーゼは耳の中にも毛が生えやすく通気性が悪いので外耳道炎になりやすいです。

しきりに頭を振ったり前足で耳を掻くなど耳を気にする行動がみられた場合は、耳の病気である可能性が高いので注意してあげてくださいね。

普段から耳のケアをきちんとして予防してあげることが大切ですよ。耳の中の毛は適度に抜き風通しを良くして、耳垢は専用のクリーナーを使い、綿棒やガーゼを使って取り除いてあげてくださいね。

 

流涙症

ビションフリーゼは、流涙症という常に涙が溢れる目の病気にもなりやすいです。被毛の量が多く、目の周りにも密集して生えているので目に刺激を与えないようにしてあげます。

目ヤニはぬるま湯に浸したガーゼや脱脂綿できれいに拭いてあげてくださいね。そのままにしておくと、他の目の病気の原因になることもありますよ。

 

ビションフリーゼは様々な楽しみ方が出来る犬!

ビションフリーゼ

ビションフリーゼは賢く飲み込みが早いため、しつけやすい犬種です。

美しい外見と抜群の運動神経を併せもつので、愛犬とドッグスポーツやドッグショーに参加したい飼い主さんにおすすめですよ。ビションフリーゼは中世ヨーロッパで芸を見せる芸犬として、「サーカスの大道芸人」に愛されていました。その歴史からもビションフリーゼの魅力を感じることができますよ。

また、ビションフリーゼは人懐こい性格の魅力だけでなく、容姿や様々なカットスタイルを楽しみたいと考えている飼い主さんにもおすすめの犬種です。様々な楽しみ方で充実したペット生活を送ってくださいね。