動物看護師の仕事内容とは?活躍の場、将来性は?

「動物看護師」は動物病院やペットクリニックにて、獣医師のサポートや検査などさまざまな仕事を行います。最初に飼い主と対応するのも動物看護師ですので、信頼できる相手である必要があります。

この記事では動物看護師の仕事内容や活躍の場、将来性についてまとめました。

 

動物看護師の役割とは?

犬 素材

「動物看護師」は獣医師のサポートとして様々な仕事を行います。診察時の保定(動物が暴れないように押える)や手術器具の準備や掃除・片付け、臨床検査、調剤、入院動物の世話など獣医師が診察に集中できるようにサポートしていきます。

病院によってはブラッシング、シャンプー、歯・爪・耳の手入れといったグルーミングを行うこともあります。一時預かりなどを行っている所もあり、その作業を行う場合もありますよ。

 

動物看護師の活躍の場と仕事内容は?

犬 素材

「動物看護師」は、動物の臨床検査や栄養学などの専門知識や技術を持ち、獣医師のもとで、動物の健康管理や診察・治療のサポートを行います。

動物看護師の仕事内容は獣医師のサポートですので、獣医師の独占業務(病気の診断や治療など)以外の作業を忙しい獣医師に変わって行います。

栄養士や検査技士、保育、グルーミングなど、幅広い知識や技術が要求される仕事ですよ。病院の清掃が行き届いているのか、入院動物に異変はないかなど幅広く全体を見渡し冷静に判断する必要がありますよ。

 

獣医師さんの補助

獣医師の補助としては、手術のアシスタントやカルテの作成、血液検査、臨床検査などがあります。

獣医師の指示のもと採血やレントゲン撮影などを行うこともあります。獣医師のサポートを行うためにも指示を理解する必要があるため、知識が必要となります。

 

お薬関連

薬の管理や発注、飼い主さんへの服薬指導、調剤など薬に関わる仕事も看護師の仕事内容に含まれる病院もあります。

病院ではどんな薬が主に使われているのか、どのような効果のある薬なのか、飼い主さんに説明するためにもしっかり理解しておく必要があります。獣医師の指示に従い、薬を調剤することもありますよ。

 

医療事務

小さな病院などでは手術器具の準備や受付窓口、お問い合わせ対応など事務系の仕事を行う場合もあります。

他の業務と兼用しながら行うので素早さも必要ですし、飼い主さんの不安を取り去るためにも真剣に取り組む必要がありますよ。

 

飼い主さんとのコミュニケーション

動物看護師は飼い主さんとのコミュニケーションも重要な仕事です。獣医師には気が引けて聞けない様な質問(病気についてや治療法方についてなど)などにも、獣医師と連携して答えて行く必要がありますので、飼い主さんと獣医師を繋ぐ重要な役割です。

リラックスできる心地よい環境をつくることも求められます。飼い主さんの不安を取り除き、症状や治療内容についてわかりやすく説明できるコミュニケーション能力が必要ですよ。

 

動物看護師の現状と将来性

犬 素材
日本にいる動物看護師20000名
日本にある動物病院・クリニックの総数11486施設
動物病院・クリニック1施設あたりの動物看護師数2名
動物病院の1日あたりの平均患者数180匹

動物看護師として働いている人数は2万人程度といわれています。大きな病院では10数人雇用している所もありますし、看護師を雇わず獣医師のみの所もあります。

規模により雇用する動物看護師の人数も違いますし、仕事内容も違います。ペット関係の職業は、ペットへの関心が高くなるに伴い需要も高くなっています。そのため動物病院の数も増加し、動物看護師の求人も以前より多くなってきています。

また国家資格化への試みが進められているため、動物看護師の免許自体の価値も高まっており、給料や待遇などの改善も期待されていますよ。

 

動物看護師のやりがい

犬 素材

「動物看護師」は幅広い業務を行うため、とても大変な仕事です。診察関係の仕事だけでなく受付や薬など、病院全体を動かしていく仕事です。

人間の看護師同様、やりがいや達成感がある反面、責任感も大きく大変な仕事だといえます。動物が好きで動物を助ける仕事をしたいと思う人に向いている職業ですね。