動物看護師の就職先、選び方は?転職は?

動物病院にて獣医師のサポートや入院患者の対応、受付など幅広く行うのが動物看護師の仕事です。動物看護師は動物病院のみではなく、様々な場所で活躍することができますよ。

この記事では動物看護師の就職先やその特徴、転職先などについてまとめました。

 

動物看護師の就職先はどこがある?

犬 素材

動物看護師の就職先は様々ですが、主に動物病院などのクリニックに就職するのがスタンダードです。資格を取得し学校を卒業していると給与面などで優遇されるケースがありますよ。

動物看護師の知識や技術は、ペットの病気やケガの診療補助以外にも役立てることも可能です。ペットショップやペットサロン、ペットホテル、動物園、ペットフードメーカー、ドッグトレーナー、老犬ホームなどでも働くことができますよ。

動物看護師の資格を持っていると、様々な場所で活躍するチャンスに恵まれます。近年のペットブームで、動物病院以外にも動物に関する仕事が増加しており自分に合った環境で働くことができますね。

 

動物看護師の就職先、選び方は?

猫 素材

「動物看護師」は就職先によって仕事内容が異なるため、仕事内容を求人情報で確認してから就職先を選ぶのがおすすめです。どのようなことがやりたいのか考えておくことが大切ですよ。

 

動物病院・ペットクリニックでの仕事内容は?

動物看護師の就職先としては、動物病院やペットクリニックが主流です。

大きな病院や小さな個人病院など就職先もたくさんあり、待遇や給料、仕事内容も異なります。また、歯科、皮膚科、眼科、癌治療に特化した病院や、夜間救急専門の病院もありますよ。

例えば大きな病院では仕事が分断され、1つの仕事を集中して仕事を行えるのでより専門的に学ぶことができます。小さな病院では幅広い業務を行うので、全体的な流れを学ぶことができますよ。仕事内容には診察補助や受付、薬の管理などがあります。

 

ペットショップでの仕事内容は?

ペットショップでの仕事内容は主に物品販売や生態販売が行われます。専門的な知識を持っているという観点から動物看護師の需要があり、求人がある場合がありますよ。飼い主さんの安心感にも繋がりますので、ショップによっては全面的に宣伝するところもあります。

 

ペットホテルでの仕事内容は?

ペットホテルでの仕事内容はペットの世話を主に行います。ペットは「家族の一員」という認識が高まっているため、専門的な知識を持つ人は飼い主さんにも喜ばれますよ。

 

動物園での仕事内容は?

動物園での仕事内容は飼育員として動物の世話や来園者の対応を行います。飼育員として働きますので、動物看護師資格だけでなく学芸員などの資格も保有しておくと有利になりますね。

 

ペットフードメーカーでの仕事内容は?

ペットフードメーカーによっては動物看護師を雇用する場所もあります。その場合には専門的な知識を求められるため、資格がとても重要になりますよ。研究チームに動物看護師がいると記載することにより購入者である飼い主さんの安心にも繋がりますね。

 

ドッグトレーナーでの仕事内容は?

プロでドッグトレーナーとして働くには、トレーナーライセンスが必要です。飼い主さんにしつけの仕方をアドバイスすることもあります。活躍の場はペットショップやしつけ教室など様々ですよ。また動物看護師資格を保有していると、飼い主さんの信頼も得られ活躍の場も広がりますよ。

 

老犬ホーム・訪問介護での仕事内容は?

老犬ホームはペットの高齢化に伴い全国各地に増えています。介護など専門家にお願いする飼い主さんも増えており、専門的な知識をもっている動物看護師を雇用するケースもありますよ。

 

動物看護師の転職は?

猫 素材

動物看護師は専門職ですので、転職の際には資格や経験の有無が問われます。事業内容や経営方針によっては未経験でも採用されることもありますよ。

動物看護師として転職する場合、やはり動物病院への転職が一番しやすいです。動物看護師の資格を持っている場合は特に、転職がしやすくなります。病院によっては数年の経験を必要とする場所もありますので、そういうところに転職するのがおすすめですよ。

 

動物看護師は経験により知識が身につく

犬 素材

動物看護師は専門職として幅広い知識が必要で、尚且つ仕事内容も大変なことが多いために1年以内の離職が高いのが特徴です。

特に入社したての4、5月の時期がフィラリアや狂犬病ワクチンの時期と重なるため病院では一番の繁忙期で、一番大変な時期ですのでこの数ヶ月を乗越えることが大切です。数年働くことにより知識が身につき、幅広い分野での転職も可能になりますよ。