ペットサプリメント「jin 動物用乳酸菌食品」の成分や働き、最安値は?副作用はある?

健康は腸内環境からといわれるくらい、腸は重要な器官です。乳酸菌は腸内環境を整える効果があるとして注目されています。ビフィズス菌やLG21など様々な種類がありますが、今回紹介する「jin 動物用乳酸菌食品」には、世界最高と言われる乳酸菌が含まれています。

この記事ではjin 動物用乳酸菌食品の成分や働き、最安値や副作用などの情報をまとめました。

 

サプリメント「jin 動物用乳酸菌食品」とは?

フード画像余白編集.pptx (10)
jin 動物用乳酸菌食品は株式会社H&Jから発売されたペット用の世界最高乳酸菌サプリメントです。

jinに含まれるEF2001乳酸菌は腸内の善玉菌を増やし、腸機能を向上させ免疫力を高める働きがあります。オランダ微生物学会にて世界で最も優れている乳酸菌として認定され、臨床試験では60以上のデータを取得した、世界最高の乳酸菌とです。このEF2001乳酸菌がjin1包に約2000億個も配合されています。

犬猫兼用となっていて、体重によって給与量が変わります。人間が摂取しても良い効果をもたらすので、飼い主さんも一緒に使えますよ。

 

jin 動物用乳酸菌食品の基本情報、原材料や成分は?

犬と猫

基本情報

サプリ名jin 動物用乳酸菌食品
内容量30g
値段2,160円
形状粉末
生産国日本

 

原材料表

原材料水溶性食物繊維、フラクトオリゴ糖、乳酸球菌(EF2001死菌・1包あたり2000億個)

 

成分表

祖タンパク1%以上
祖脂肪0%以上
粗繊維質82%以下
水分4%以下

 

jin 動物用乳酸菌食品の与え方の目安は?

犬
体重5kgまで1包
10kgまで2包
15kgまで3包
20kgまで4包
25kgまで5包
30kgまで6包

症状が重い時、病気の時は上記の4倍の量を2週間以上与えてみてください。

 

jin 動物用乳酸菌食品に期待される働きは?

猫 素材

jin 動物用乳酸菌食品に期待される働き

  • 整腸作用
  • 免疫力向上
  • 腎臓病
  • アレルギー
  • 涙やけ

乳酸菌は腸内でフラクトオリゴ糖を栄養素として利用しています。その際にアンモニアや窒素などの窒素物も取り込み、低減させます。そのため腎臓の負担軽減が期待できます。

アレルギーの原因であるIgE(アイ・ジー・イー)という血中タンパク質の量をコントロールして、アレルギー症状をを出にくくする働きがあります。jinに含まれるEF2001は、ビフィズス菌やLG21など色々な種類がある乳酸菌の中でも免疫力を活性化する働きが最も高いとされています。

EF2001には白血球の栄養素となる、BRM成分(免疫強化物質)がたくさん含まれています。このBRM成分(免疫強化物質)を利用して「BRM治療」と言う「がん治療法」も行われるようになってきています。

 

jin 動物用乳酸菌食品の注意点は?副作用はある?

猫 素材

給餌量を守って摂取すれば副作用が起きることはありません。

開封してから時間がたつと、空気中の水分を吸いやすく粉末が凝固する傾向があるので、開封したら早めに使い切るようにしてください。

 

jin 動物用乳酸菌食品を愛(犬・猫)にあげるデメリットはある?

猫 素材

jin 動物用乳酸菌食品は、薬ではなく健康維持のための補助食品なので、与える事によるデメリットはありません。

 

jin 動物用乳酸菌食品の購入方法、特典価格の情報はある?

フード画像余白編集.pptx (10)
Amazon、楽天、ペット用品通販サイトで購入可能です。

Amazonでは定期おトク便で購入すると、商品代金が10%OFFになります。