狼犬まとめ!どんな種類がいるの?性格や特徴は?日本でも入手できる?

愛玩犬にはないワイルドさと精悍な顔立ちから熱狂的な愛好家も多い狼犬。

近年になってテレビや雑誌などのメディアで取り上げられるようになったことで、注目を集めつつあります。

この記事で、狼犬の種類から性格や特徴、日本国内での入手方法についてまとめました。

 

狼犬とは?

ウルフドッグ 犬 素材

狼犬とは、シェパード、ハスキー等の犬種と狼を交配することによって誕生した犬種のことをいいます。

狼犬の中でも狼の血が75%以上になる個体はハイパーセントと呼ばれ、一部の愛好家の間で熱狂的な人気を博しています。

ただ、日本国内の狼犬は主にカナダ等から輸入された雑種であるため、ジャパンケネルクラブでは正式な犬種として認められてはいません。

 

狼犬にはどんな種類がいるの?

素材

狼犬の種類

  • サーロス・ウルフホンド
  • チェコスロバキアン・ウルフドッグ

サーロス・ウルフホンド

ウルフドッグ 犬 素材
体重35kg~41kg
体高60cm~75cm
原産国オランダ

サーロス・ウルフホンドは、狼とジャーマン・シェパードドッグの交配によって誕生した犬種です。

容姿が良く身体能力も高いため、現在では狼犬の中でも世界中で最も人気があります。

ショードッグやドッグスポーツの分野でも活躍していますよ。

 

チェコスロバキアン・ウルフドッグ

ウルフドッグ 犬 素材
体重20kg~26kg
体高60cm~65cm
原産国旧チェコスロバキア

チェコスロバキアン・ウルフドッグは、ジャーマンシェパードよりも優れた軍用犬を作るという目的のもとで生み出された犬種です。

1955年に地元の狼であるカルパチアウルフとシェパードを交配することで誕生しました。

外見や性格など犬の特性を強く受け継いでいることから、サーロス・ウルフホンドと同じく世界的に人気がありますよ。

 

狼犬の性格は

ウルフドッグ 犬 素材

狼犬は犬の特性である従順さと狼の野性的な警戒心を兼ね備えています。

飼い主家族に対しては忠実で愛情深く優しい性格をしていますが、内向的で警戒心が強い一面もありますよ。野生の狼独特の慎重さと用心深さがあるので、神経質で環境の変化にも敏感に反応します。

小さな子供やペットと同居は不可能ではありませんが、狼の特性がいつ表面に出るかは不明なため避けることをおすすめします。

 

狼犬の特徴は?

ウルフドッグ 犬 素材

大きさは交配した犬種によって異なりますが、体高66cm~81cm、体重45Kg~70Kg前後です。

顔は細長く、立ち耳、聴覚と嗅覚は他の犬種よりも優れています。

ジャーマンシェパードやシベリアン・ハスキーなどと比較すると痩せて見えますが、体毛の密集度が高いためです。寒さにも強いですよ。

 

狼犬の寿命は?

ウルフドッグ 犬 素材

日本国内で飼育されている狼犬の寿命は、10~12年前後です。

ただ、日本にいる狼犬の多くはカナダから輸入されている雑種が大半であるため、正式な「狼犬」としての寿命はアメリカで採用されている8年前後といえます。

 

狼犬のしつけは?

ウルフドッグ 犬 素材

狼の血が入っているため、狼犬を飼うのであればしっかりとした厳しいしつけを行うことが重要です。

普段から時間をかけて十分なコミュニケーションを図り、強いリーダーシップを示すようにします。信頼関係が崩れると攻撃的な行動を取ることもありますよ。

警戒心が強い一面があるので、トラブル防止のためにも散歩中は、周囲の人や犬と一定の距離感をとってあげてくださいね。

 

狼犬って飼えるの?

ウルフドッグ 犬 素材

狼犬は特定動物に指定されているため、飼育するためには各自治体の許可が必要です。

とても賢く独立性が強いので、ブリーダーやトレーナーのような熟練者でなければ、完全にしつけることは難しい犬種です。理想とされる1日の運動量も多いので、飼育には充分な敷地面積と設備が必要になります。

飼育頭数もペットとして改良された他の犬種と比べると非常に少なく、日本国内だとわずか500頭前後です。

 

狼犬ってどこで買えるの?

ウルフドッグ 犬 素材

日本国内で狼犬を購入するのは容易なことではありません。

ペットショップで見かけることはないので、狼犬専門のブリーダーから購入するか、輸入代行業者に依頼して海外から輸入をするという方法になります。

販売価格は?

購入方法やブリーダーによって差はありますが、50万円前後が相場となることが多いですね。

狼の血が濃いほど値段も高くなります。良質な血統の狼犬の中には、100万円を超す個体もいますよ。

 

危険性を十分に理解した上で飼育を

ウルフドッグ 犬 素材

狼犬はリーダーと認めた飼い主さんに対しては忠実で、深い愛情を示してくれます。

強固な信頼関係を築くことも可能ですが、飼育は非常に難しく、しつけを間違えてしまうと最悪の場合命の危険さえもあります。

飼育を考えているのであれば、まずはドッグショーに行き経験豊富な飼い主さんやブリーダーさんたちと交流することから始めてみてください。狼犬の危険性を十分に理解することが狼犬の飼い主になるための第一歩になりますよ。