柴犬の多頭飼い、ポイントや注意点は?

日本犬人気で注目されている柴犬。忍耐強い小型犬で、どんな住環境にでも適応する柴犬を多頭飼いする場合に注意すべきポイントをまとめました。

 

柴犬ってどんな犬?

柴犬

柴という名前は日本の古い言葉で「小さいもの」という意味です。昔は狩猟犬として飼われていた小型犬の総称が「柴犬」でした。日本全国にいた狩猟犬を家庭犬用に改良し、体のサイズや毛色などを統一したのが今の「柴犬」です。

柴犬の毛色は頭数が多い順に、赤毛、黒毛、白毛、胡麻毛です。日本で飼われている柴犬の80%が赤毛といわれています。赤・黒・白の毛がほど良く混ざった胡麻毛は、柴犬の中でもわずか2.5%程度しかいないといわれていており、貴重な毛色です。

柴犬は日本犬の中で一番小さなサイズで、体重は9kg前後、体高(地面から背中までの高さ)は35〜41cmくらいの小型犬です。集合住宅や一軒家など様々な住環境に適応する上、室内飼い・屋外飼いどちらでも可能な犬です。現代のペット事情に即した、飼いやすい犬種ですよ。

 

柴犬の性格は?

柴犬

柴犬は元々が狩猟犬で、オオカミに近い犬種です。成犬になったときにコントロールがきちんとできるように、子犬の頃から服従訓練と社会化が欠かせません。

特にオスはオオカミに近い猟犬としての気質が強いです。メスは優しく空気を読んでくれる日本犬らしい性格が強いですが、オスとメスどちらも芯の強い頑固な面を持っています。

柴犬は飼い主や家族には気を許して甘えてくれますが、訪問者や散歩中に出会う人など見知らぬ人に対する警戒心は強いです。

家や散歩で行くエリアは自分の縄張りで、守るべき場所という意識が強く、吠えたり攻撃的な態度に出ることがあるので注意して下さいね。

 

柴犬を多頭飼いする時の5つの注意点!

柴犬_撫でる_マッサージ

多頭飼いといっても、オスかメスか、子犬か成犬か、犬種が異なるかなどの様々なケースがあります。いずれにせよ、柴犬は自分の縄張りを守る意識が強く、上下関係を重んじる犬であるという点に注意して準備してください。

 

リーダーは飼い主

柴犬を飼育する際は飼い主の指示に従うよう、子犬のうちから服従訓練が欠かせません。エサはリーダーからもらい、リーダーの命令には必ず従うようにしつけてください。

多頭飼いする場合は特に服従訓練が徹底できていないと、近隣の方や散歩中のトラブルが多くなってしまいます。

 

先住犬が優先

後から迎える犬は先住犬にとって、家族だけに許しているエリアを侵す侵入者となってしまいます。

後から迎える犬を可愛がりすぎると先住犬は孤立するだけでなく、環境内での順位を理解できなくて大きなストレスを抱えることになります。

飼い主、家族、先住犬、新しい犬、という順位は必ず守ってあげてください。ご飯をあげるのも、おやつをあげるのも、散歩に行く準備も先住犬が先、といった風に順位を意識した対応をしてあげて下さいね。

 

犬同士の順位は犬に決めさせる

飼い主が犬の順位を意識して対応するのも大切ですが、犬同士でコミュニケーションを取る場を設けてあげるのも大切です。

半日程度でいいので、犬同士を同じ空間に入れ、犬たちだけで過ごす時間を与えてください。吠えたり、飛びついたり、噛み付いたりして犬は喧嘩を始めるかもしれません。

ケガが心配になるかもしれませんが、犬の喧嘩は「俺の方が上だ」「私はあなたに従います」といった順位を確認する行為でもあり、大切なものです。順位の確認の機会は定期的に与えてあげてくださいね。

注意しなければならないのは、去勢していないオスの大型犬(闘犬や、小動物を狩るためのハウンド系の犬)は攻撃性が強いため、大ケガに繋がる可能性があります。このような犬種の場合は一緒にするのを避けてください。

 

自分だけのエリアをそれぞれに与える

休息の場、寝る所といった犬だけの空間、誰にも邪魔されない自分だけの場所を全ての犬に与えてあげてください。可能なら別々の部屋に隠れられるようなスペースも作ってあげてください。

柴犬は飼い主や家族と一緒に居るのも好きですが、自分だけの時間も大切にする犬です。ストレスが溜まらないように配慮してあげてくださいね。

 

所有権を強く主張するので物の置き場に注意する

柴犬は物を拾い集め、自分のものとして巣に持ち帰る習性があります。あるとき、テーブルの下にペンを落として拾おうとしたら柴犬に吠えられ、噛まれたという話があります。

これは柴犬がペンを自分のものとして認識していて「奪い取られる」と勘違いしているのが原因です。多頭飼いすると、犬同士が物を奪い合う機会が出てくるので、犬の活動範囲に物を置くときは充分注意してくださいね。

 

多頭飼いには犬同士のトラブルがつきもの!

柴犬

柴犬は身近な犬ですが、しつけ・服従訓練・社会化というトレーニングを根気よく続けていないとトラブルになりやすい犬種です。多頭飼いするときは一頭一頭の性格を見極めながら、じっくりとトレーニングしてくださいね。