犬の逆くしゃみってなに?原因や症状は?病気なの?

Pet Clinicは愛玩動物の専門相談所。アニはAnimate(生命)、Animation、(命をあたえる)など生命との関わり。さらに、ホスは、Hospitality(親切なもてなし)、Hospitable(手厚くもてなす)といった意味が込められ、一貫したコンセプト"命に対する真剣な対話"と"心のこもったふれあいを"を意味しています。

豚の鳴き声を真似するように鼻をフガフガと鳴らしたり、立ったまま首を真っ直ぐ前に伸ばしたりして、聞いたことがないようなブエーッ!という音を愛犬が出していることはありませんか?思い当たる節があれば、それは「逆くしゃみ」と呼ばれる症状かもしれません。

この記事では、犬の逆くしゃみについて原因や症状をまとめました。

 

犬の逆くしゃみとは?

shutterstock_5003323

くしゃみとは「特定の刺激を受けた時に、鼻と口から空気を一気に吐き出す現象」です。逆くしゃみとはその逆で、鼻と口から空気を一気に吸い込む現象です。

とくに、チワワやトイプードルなどの小型犬によく見られます。「フガフガ!」「グアーグアー!」「ブエェッ!」というような、豚か何かが鳴いているような音を愛犬が突然出したら逆くしゃみだと思ってください。
逆くしゃみは短時間で止まる現象なので、止まった後は犬もケロッとしています。病気の発作と勘違いして病院に駆け込んでも、病院に着いた時には何ともない、ということがよくあります。

 

逆くしゃみの原因は?予防と対策は?

shutterstock_205472824

「ワクチンを接種したら頻繁に逆くしゃみをする」「ヤブや茂みを散歩したら逆くしゃみをする」「掃除機を掛けると逆くしゃみをする」など様々な原因が報告されていますが、逆くしゃみの原因は特定されていません。

アレルギーに効く薬、抗ヒスタミン剤を飲むと改善されたという例もありますが、何がアレルギー源なのかも特定されていません。何かの刺激に対して過敏に反応してしまっているのではないかと考えられています。原因が不明なので、明確な予防策と対策があるわけではありません。

 

逆くしゃみは病気?

?

逆くしゃみは、病気ではないといわれています。呼吸器系の異常で命にかかわるかもしれないと心配になるかもしれませんが、息はできていて窒息することはありません。症状もごく短時間で治まるので、深刻に気にする必要はありませんよ。

 

逆くしゃみが見られたらどうする?

本 ルーペ

逆くしゃみは病気ではありませんが、「苦しそう」「異常な音が聞こえる」など不安になる要素がありますよね。

逆くしゃみは、吸気時に発生する動作のことで、喉頭蓋あるいは、軟口蓋が喉頭開口部へ陥入して窒息様発作が起こることによって発生します。

吸気性呼吸困難発作で大きな音を伴うことが多く、病気ではないことの方が多いですが、稀に疾患として、後鼻孔や鼻咽頭の狭究性あるいは閉塞性疾患の場合もあります。

愛犬に逆くしゃみのような症状が表れた時は、いつ、どんな時に、どんな状態で、どれくらいの時間症状が続いていたのかメモしておいてください。記録をとっておくとことで、愛犬の逆くしゃみをする原因や状況を推測することができるかもしれません。

深刻に悩む必要がない逆くしゃみですが、実は逆くしゃみではなく何か病気のサインという可能性もありますので、症状が出た時は必ず獣医師に相談してくださいね。逆くしゃみをする状況や状態をメモし、可能なら動画を撮って獣医師に見せてみてください。正確な情報は治療のための重要な情報になりますよ。