柴犬の雑種、柴ミックスの性格は?寿命や病気は?見分け方は?

近年、ミックス犬と呼ばれる雑種犬の人気が高まっています。ミックス犬とは犬種を表す言葉ではなく、正確な定義もありませんが、大体が「異なる純血種の親を交配させて生まれた子犬」といわれています。

ミックス犬の人気上昇に伴い、柴犬とのミックス犬も注目を集めています。今回は雑種犬「柴ミックス」の情報をまとめました。

 

柴ミックスはどんなミックス犬?

柴犬_困り顔

柴犬は体重が9kg前後、体高(地面から背中までの高さ)は35~41cm程度の小型犬です。体重10kgが小型犬と中型犬の境目なので、小型犬としては大きめで、中型犬としては小さめなサイズです。

その体の大きさから小型犬・中型犬の両方と交配しやすいので、様々なタイプのミックス犬がいますよ。一部をご紹介します。

 

人気の高い犬種とのミックス

・チワワとのミックス

・トイプードルとのミックス

・ミニチュアダックスフンドとのミックス

・ポメラニアンとのミックス

 

中型犬とのミックス

・フレンチブルドッグとのミックス

・コーギーとのミックス

大型犬とのミックス

・シェパードとのミックス

・シベリアンハスキーとのミックス

 

柴ミックスの性格は?

柴犬

柴ミックスの性格は柴犬の性格を引き継ぎます。柴犬の性格は以下です。

 

柴犬の性格

柴犬は愛嬌がありリーダーに従順で誠実です。自信満々で恐れ知らずですが、攻撃的で警戒心が強い一面もあるので番犬にも向いています。聡明で活発な犬種でもあります。詳細は関連記事をご確認ください。

 

柴ミックスの性格は?

ミックス犬の性格は、両親の特徴を引き継ぎます。なので、柴ミックスの性格の特徴は、半分柴犬を引き継ぐと思っておいてください。柴犬と掛け合わせられた犬種の性格を受け継ぎます。

あらかじめコントロールできるわけではないので実際に飼ってみないとわかりません。親犬の特徴を知った上で、飼うまえに実際に触ってみて確認してみてください。

 

柴ミックスの寿命は?

柴犬

柴ミックスの寿命はおおよそ15年が目安です。ミックス犬が注目されるようになったのは最近で、多くのデータがあるわけではないのであくまで目安としてください。

近年では飼育環境の向上、ペットフードの品質向上などから長寿化が進んでいますが、次のような要因により柴ミックスの寿命は短くなる可能性がありますので注意してくださいね。

 

柴ミックスがかかりやすい病気は?

柴犬は遺伝病もなく、かかりやすい病気は少ないといわれています。柴犬と交配する犬種のかかりやすい病気に注意してください。

例えば、チワワなら「水頭症」「緑内障」「気管虚脱」、ミニチュアダックスフンドなら「腎疾患」「椎間板ヘルニア」「甲状腺機能不全」、ポメラニアンなら「ホルモン性皮膚炎」「気管虚脱」「心臓や血液に関する心疾患」などがあげられます。

 

不適切な飼育環境

ミックス犬は親犬それぞれの特徴を引き継ぐので、それぞれの性格が違う場合には不適切な飼育をしてしまうこともあります。

例えば柴犬は、活動的で毎日散歩が欠かせない犬です。チワワは運動量が少なく、室内遊びで満足できる犬種です。チワワの特性から散歩は少なくて良いと考え、散歩時間を短くしたらストレスが溜まってしまった。

その結果、免疫力が低下して病気がちになってしまった、というケースがあります。

柴犬はダブルコートと言われる二層構造の毛質を持ちますが、チワワやトイプードル、ミニチュアダックスフンド(スムースコート)はシングルコートという一層構造です。

異なる毛質の犬同士を交配して生まれたミックス犬の毛質は解り辛く、毛のお手入れが適切にできなくて皮膚病の原因になることもあるのです。

ミックス犬は注目されてから日が浅く、参考にできる情報が少ないのが現状です。どんな飼養環境を整えてあげればいいのかわかりづらく、適切な環境を整えにくいという欠点があります。意図せず不適切な飼育方法を取ってしまって短命の原因となる場合もあります。

 

交配に問題がある場合

柴犬

純血種の中には遺伝的な病気を持っている個体や、近親交配など不適切な交配を繰り返されている個体もいます。体のサイズが極端に異なる犬同士でミックス犬を作った場合も子供が正常に育たないことがあります。

営利目的で人気犬種を無計画に繁殖させているような、推奨できないブリーダーもいます。

こういったブリーダーによって生み出されたミックス犬は体格、性格、病気などの飼育に大きな影響を与える問題を抱えていることもあります。信頼できるショップやブリーダーから購入をしてくださいね。

 

柴ミックスと柴犬の見分け方は?

柴犬_犬_ドヤ顔

柴ミックスは柴犬と見た目が異なります。チワワとのミックスだと体が小さく、顔付き(目の付き方など)が柴犬と異なります。ミニチュアダックスフンドとのミックスでは胴や足の長さが異なります。

ポメラニアンとのミックスでは体のサイズと毛質が異なってきますし、フレンチブルドッグとのミックスでは顔が若干潰れたような感じになります。

大型犬とのミックスでは体が通常の柴犬より大きくなる可能性があり、子犬の頃から訓練しておく必要があります。

成犬になってから飼い主が力では勝てなくなり、問題行動を制御できなくなってしまうリスクに注意が必要です。柴ミックスには多かれ少なかれ、もうひとつの犬種の特徴が表れています。じっくり観察してみてくださいね。

 

ブリーダーさんに頼ってみよう!

柴犬

前例が少なく大変なことも多いですが、柴ミックスに興味がある方はまずはブリーダーなどから話を聞いてみてくださいね。