柴犬のトリミングの仕方は?毛質や換毛期は?おすすめはサマーカット?

柴犬といえば、誰もが知っている賢く忠実で忍耐強い日本犬ですよね。日本の季節に適応しやすい犬種ですが、実は被毛のお手入れが欠かせない犬種なのです。健康維持のためにも大切なトリミングの方法やカットをご紹介します。

 

柴犬の毛質は?

柴犬 (2)

柴犬は被毛が短く、二層構造になっているダブルコートの犬種です。ダブルコートは上毛と下毛の2つから形成されています。上毛は剛毛で一年中通して生えています。

赤毛、黒毛、白毛、胡麻毛といった色も、この剛毛の色です。トゲなどの物理的な刺激、雨、雪などから皮膚を守る役割をしています。

下毛は綿毛で換毛期に抜け落ちます。水分の浸透を防いだり、紫外線から皮膚を守ったり、体温保持の役割を担っていたりする毛です。

毛が生え変わる換毛期には、この下毛のケアが大切になります。換毛期には全身の毛が一気に抜けるわけではなく、脇腹、頭部、四肢や側胸、背や大腿部の順に徐々に抜けていきます。

 

 

柴犬の換毛期はいつ?

ポメラニアン_柴犬カット

柴犬の換毛期は一律にこの時期とは決まっていません。柴犬の体内で朝昼晩の温度差などの情報を感知し、ホルモンの働きと毛周期などの兼ね合いによって換毛のタイミングが決まります。

住んでいる場所や環境によって変わりますので、大きな目安としては「春」と「秋」の時期に換毛期が来ると考えておいてくださいね。

 

柴犬のトリミングに必要なグッズは?

毛のお手入れに使う代表的なトリミンググッズをご紹介します。柴犬のお手入れスリッカーブラシとコームの2本があれば基本的にOKです。その他のグッズは、お好みで揃えてくださいね。

 

スリッカーブラシ

ONS スリッカーブラシ ソフトタイプ 中

曲がったピンが植え込まれた金属製のブラシです。大量の毛が簡単に取れますが、皮膚に当たると痛いので力を入れずに使ってあげてください。

このブラシで毛に挟まったゴミを取り除いたり、毛玉を解いたりできます。抜け毛を大雑把に取るためにブラッシングの最初にも使います。通常の固いタイプだと皮膚を傷付けそうで怖いという方は、ソフトタイプもありますよ。

Amazonで商品を確認

 

コーム

細かい目と粗い目の両方が付いたクシです。スリッカーブラシでさっとお手入れした後に使います。スリッカーブラシに絡み付いた毛を取る時にも使えますよ。

小中大とサイズがありますが、選ぶ際は犬のサイズに合わせるより、使う人の手のサイズに合わせて購入するのがポイントです。

Amazonで商品を確認

 

獣毛ブラシ

艶出しやブラッシングに慣らすために使います。豚毛のものが一般的です。

柔らかくて皮膚に当たっても痛くないので、ブラッシングが初めての子犬やブラッシングを嫌いになってしまった犬の矯正にも使えます。

Amazonで商品を確認

 

ラバーブラシ

ペティオ (Petio) プレシャンテラバーブラシ

ゴムでできたブラシです。毛をすくというよりは、マッサージ効果の方が期待できます。

ブラッシングの前にラバーブラシを使えば、マッサージ効果に加えて大雑把に毛を取り除くこともできる便利なグッズです。

Amazonで商品を確認

 

ファーミネーター

ファーミネーター 中型犬 M 短毛種用 【正規代理店品】

プロが使用している下毛を刈り取るタイプのブラシです。抜け毛を取るのではなく、下毛をカットして取ってしまうものです。加減して使用しなければ思った以上にカットしてしまうので、取り扱いには注意が必要です。

慣れれば面白いほどたくさん簡単に下毛が取れるので、換毛期のお手入れが楽にできますよ。

プロも愛用している製品なので、値段は5,000~10,000円近くします。通販ではよく安価な輸入品が売られていますが、コピー商品が多いので注意してくださいね。あまりに安価な商品は避けるのが無難です。

Amazonで商品を確認

 

柴犬のブラッシング、お手入れを始める時期は?

柴犬

トリミングを始める時期

  • 生後6~7か月以降

柴犬は辛抱強い犬ですが、やや頑固な面があります。できるだけ子犬の頃からブラッシングに慣らしておき、嫌がらないようにしつけてあげてください。

子犬のフワフワの被毛は離乳期が終わる時期から硬い成犬の毛に生え変わります。本格的なブラッシング、トリミングのケアは生後6~7か月くらい経過して、硬い毛が生えそろってから始めてくださいね。

 

ブラッシングの方法は?

shutterstock_281482361

被毛のお手入れを嫌がる犬は、柴犬に限らず多いです。

ブラシを最初に使うとき、犬は大きな違和感を感じています。最初は無理強いせずに短時間で終わらせ、少しずつ慣らしていってください。楽しくスタートさせ、気持ち良く行い、楽しい気分のまま終わらせてあげるのがコツですよ。

 

Step 1

毛についた汚れを濡れタオルでふき取ります。毛穴を開いて毛を抜けやすくするために、蒸しタオルで全身を拭き、温かいタオルで全身を包み込んでください。

 

Step 2

初めての場合は獣毛ブラシを使います。最初はブラッシングをするというよりも、愛犬に「何をするのか覚えてもらう」ことを目標にします。嫌がらなくなったら、スリッカーブラシを使ってブラッシングします。

 

Step 3

スリッカーブラシで毛を取った後、コームで毛をすきます。終わったらご褒美をあげてしっかりほめてあげてください。慣れるまでは短時間で済ませてくださいね。

 

被毛のお手入れでは、犬を嫌な気分にさせてしまうと、再び慣れさせるまで時間がかかります。慣れないうちは特に優しく、短時間でブラッシングすることをルールにしてください。

特に注意すべき場所は、お尻まわりとお腹まわりです。お尻まわりでは、肛門周りなどのデリケートゾーンは手で覆って金属のブラシが当たらないようにしてあげてください。お腹まわりは、毛が薄くて皮膚が傷付きやすいので、獣毛ブラシやラバーブラシでサッとなでる程度にしてくださいね。

 

ブラッシング後は、「AVANCE」で優しくケア!

アヴァンスAVANCE

アヴァンスは天然温泉成分を配合したペット用化粧水で、多くの飼い主さんから支持されている話題の商品です。天然成分のみでつくられた化粧水なので、薬とは違い副作用の心配はありません。「完全無添加」にこだわった、愛犬に優しい化粧水です。

「アンチエイジング効果」をもつ天然の温泉成分と独自のヘアケアサイエンスで、愛犬の被毛環境を改善する効果が期待できます。ブラッシング時に併用することで、まるでトリマーさんに整えてもらったかのようなフワフワな被毛を再現することができますよ。

効き目に個体差はありますが、多くのペットが効果を実感したという報告があります。プロのトリマーさんや獣医さんもおすすめする商品ですよ。愛犬の美しい被毛の維持のために、使ってみてはいかがでしょうか。

内容量通常サイズ(300ml)
お試しミニボトル(30ml)
価格通常サイズ:4,320円
お試しミニボトル:1,000円

AVANCEについて更に詳しく知りたい方はこちらの記事がおすすめです。

 

柴犬のサマーカット、注意点は?

柴犬の場合、ドッグサロンに行っても足の裏の長く伸びた毛をカットしたり、オシリの毛をカットしたりする程度です。トイプードルのようにヘアスタイルを楽しむカットは行わない飼い主が多いですよ。

特徴的なカットには、バリカンを使って毛を短くカットする「サマーカット」と呼ばれるスタイルがあります。アレンジとしては全身の毛を短くカットしたり、一部にだけ毛を残したりするスタイルを楽しむパターンもありますよ。

毛が短い方が見た目も涼しく、カワイイという意見もあります。ただ、被毛には体を守る機能もあるので、短くカットし過ぎないよう注意してください。

 

柴犬はアトピー性皮膚炎に注意!

柴犬

柴犬はアトピー性皮膚炎になりやすい犬種といわれています。「皮膚が荒れやすい」「アトピーがある」「老齢で座っている時間が長い」などの個体はサマーカットを避けた方がいいです。

毛を短くカットすることで皮膚が外部からの刺激を受けやすくなり、皮膚のトラブルが増える可能性があるからです。

お手入れが必要な柴犬の毛ですが、基本的にスリッカーブラシとコームがあればOKです。毛が抜ける時期はこまめにブラッシングしてあげてくださいね。

サマーカットはプロのトリマーの間でも賛否両論あるようですので、愛犬の体質や、生活リズム、外出する時間の長さなどを考慮してから挑戦してくださいね。柴犬の特徴や飼育のポイントについてはこちらですよ。

また、柴犬の寿命や健康について詳しくはこちらです。