セントバーナードの性格、体重や特徴は?寿命や病気、飼い方、価格、しつけや歴史は?

大きな体とやさしい表情が魅力のセントバーナード。アニメ「アルプスの少女ハイジ」に登場するヨーゼフのモデルになった犬種で有名ですね。

この記事では人気が高いセントバーナードの性格、体重や特徴、寿命や気をつけたい病気、飼い方、価格や購入時の注意点、しつけ、歴史をご紹介します。

 

セントバーナードの性格は?

shutterstock_370932680

 

セントバーナードの性格

  • 温和
  • 甘えん坊
  • 警戒心が強い

性格は温厚で、無駄吠えや攻撃性がなく状況判断力に優れています。幼犬の頃はやんちゃな一面もありますが、成犬になるにつれて落ち着いてきます。家の中でも問題なく飼育することが出来ますよ。

のんびりしていて我慢強いので、子どもとも安心して遊ばせることができます。大きな体ですが甘えん坊というギャップに惹かれて飼い始める方が多い犬種でもあります。

 

セントバーナードの体重や特徴は?

犬_セントバーナード

 

特徴

  • 体重 50~91kg
  • 体高 65~90cm
  • 被毛 短毛種・長毛種の2種類
  • 被毛カラー 白地に赤みがかったブラウンの斑など

セントバーナードは体高が65~90cm、体重が50~91kgの大型犬に分類されます。全犬種中で最重量の犬種で、体重が113kgに達することもあります。

筋肉質のがっしりとした体型をしており、大きめの垂れ耳と太くて長い尾が特徴的です 。

被毛はダブルコートで、硬い短毛が密集して生えている「スムースタイプ」と、直毛またはウェーブがかったほどよい長さの「ロングタイプ」の2種類です。

カラーは白地に赤みがかったブラウンの斑や、ブラウンに白い斑がある個体がいます。

 

セントバーナードの寿命は?気をつけたい病気は?

shutterstock_338690057

 

寿命

  • 7~8年

気をつけたい病気

  • 悪性リンパ腫(リンパ肉腫)
  • 胃捻転

セントバーナードの寿命は大型犬の中では平均的で、7~8年です。心臓に関わる病気の発症率が高いので個体差が大きい犬種です。特に気をつけたい病気は「悪性リンパ腫(リンパ肉腫)」「胃捻転」です。

「悪性リンパ腫(リンパ肉腫)」は原因不明で予防が困難な病気です。早期発見・治療が何より大切です。

悪性リンパ腫の中にも種類があり、進行スピードや手術の必要有無などそれぞれ違います。

日頃から顎・脇・足のつけ根のリンパ節を中心に、全身の皮膚に腫れやしこりがないかボディチェックをしてあげてください。

「胃捻転」は放置しておくと数時間で死亡してしまう緊急性の高い病気です。「1回の食事量を減らし回数を増やす」「食後すぐに運動させないようにする」などの配慮で予防してあげます。

 

セントバーナードの飼い方は?

shutterstock_346309208

 

散歩時間

  • 1日2回1時間程度

飼育環境

  • 夏場は室内
  • 広い庭や土地

セントバーナードの散歩は1日2回1時間程度が適切で、運動量を確保するためにジョギングなどを交ぜる必要があります。

子犬の時に太らせすぎたり、成犬になった時に肥満気味だと股関節の病気にかかりやすくなるので注意してくださいね。

セントバーナードは大型犬なので、飼育には広い庭や土地が必要です。また暑さに弱いので、よほど涼しい地域でないかぎり、夏場は室内をおすすめします。

ヨダレが多い犬種なので、室内飼いの場合は部屋が汚れることを覚悟しなければなりません。

 

セントバーナードの販売価格は?

お金

価格

  • 15~25万円

セントバーナードの子犬の価格はブリーダーから購入する場合、15〜25万円前後が価格の目安になります。

ブリーダーが多い犬種だけにさほど高額ではありませんが、人気が高いので余裕をもった予約をするようにして下さい。ペットショップや里親制度によっても入手可能ですよ。

入手方法については関連記事にまとめたので参考にしてくださいね。

セントバーナードの販売価格や餌代などはこちらの記事です。

 

セントバーナードの購入時の注意点は?

犬_セントバーナード_赤ちゃん

チェックポイント

  • 鼻の色素が濃い
  • 四肢がしっかりしている
  • 愛想のいい性格をしている

子犬を選ぶ際のポイントは「鼻の色素が濃い」「四肢がしっかりしている」「愛想のいい性格をしている」です。鼻の色は「メラニン色素の濃さ」を表しており、外敵から身を守る強さの指標になります。

セントバーナードをはじめ、多くの大型犬は「股関節形成不全」などの関節の病気にかかりやすいので、子犬の歩き姿をチェックして、親犬や兄弟犬の様子も出来れば確認してください。

また、性格面のチェックも要素です。しつけに自信のない方は、人を恐れずに近づいてくるような愛想の良い子を選んであげてくださいね。

 

セントバーナードのしつけは?

犬しつけ_2

 

しつけのポイント

  • 大げさなくらいほめて喜ぶ
  • おもちゃやおやつで興味を維持する

セントバーナードは飼い主を喜ばせようと一生懸命になってくれるので、しつけやすい犬種といえます。

しつけは少し大げさなくらいにほめてあげてください。飼い主が喜ぶ姿をみたくて、しつけの覚えが良くなりますよ。

体の大きな犬種なので、飛びつき癖や引っ張り癖はしつけておかないと、思わぬ事故につながります。お気に入りのおもちゃやご褒美のおやつを使って、興味を維持しながらしつけることがおすすめですよ。

決して怒るのではなくしつけを愛犬と楽しむことが大切ですよ。しつけに自信がない方は、プロのトレーナーにしつけをお願いする手もあります。

 

セントバーナードの歴史は?どんな犬?

犬_セントバーナード

セントバーナードの祖先は、マスティフ系の大型犬と考えられています。ローマ軍によりアルプスに持ち込まれたとされる大型犬が現在のような姿になったのは、17世紀以降のことだといわれています。

雪深いアルプス山中にあるサン・ベルナール修道院で飼育されるようになったこの大型犬は、雪中救助犬として多くの人命を救いました。

その優れた嗅覚と、深く積もった雪をもろともせずに歩き続けられる体力が、遭難者の救助に役立ったのです。

その後、犬の名前としてサン・ベルナールを英語読みした「セントバーナード」が定着したといわれています。

 

セントバーナードにおすすめのドッグフードは?

カナガンドッグフード

セントバーナードにおすすめのドッグフードは「カナガンドッグフード」です。

カナガンは穀物を使っていないグレインフリーのドッグフードです。合成添加物も使っていないので、安心して食べさせてあげることができます。

原材料は、人間の食事と同じ品質水準のものを使っているので、栄養バランス、原材料の品質ともに最高クラスですよ。

粒がドーナツ型なので、噛み砕きやすく、喉につまらせる心配もありません。

 

セントバーナードにおすすめな最高級ドッグフードはこちらの記事からも確認できます。

 

人間のベストパートナーになれる大きな体の甘えん坊!

shutterstock_317995184

セントバーナードは、子犬の姿からは想像できないぐらい大きく成長します。購入を検討する方は、まず成犬と触れ合う機会を設けて、その大きさを体感してみてください。

心優しいセントバーナードは、大きな存在感と安心感を与えてくれる人生の伴侶になってくれますよ。