うさぎの値段はどう決まる?安い条件とは。飼育にはいくらかかるの?

もふもふとした手触りで我々を癒やしてくれるうさぎ。

散歩の必要性がなく、めったに鳴かないなどマンションでも飼育しやすい条件を兼ね備えていることから近年飼育数が増加傾向にあります。

飼育費用も犬や猫と比べると少なくて済みますが、飼育すると決めたのであれば最後まで責任を持って飼育する義務が生じます。

今回の記事では、うさぎの値段の決まり方や安い条件、飼育にかかる費用についてまとめました。

 

うさぎの値段、平均相場は?

shutterstock_795213922

うさぎの値段

  • 純血種:3~10万円
  • ミックス(雑種):5,000~10,000円

うさぎの値段は純血種とミックス(雑種)によって異なります。

純血種が3~10万円前後、ミックス(雑種)が5,000~10,000円となっていますよ。

 

うさぎの値段に差が出る理由1:種類

うさぎ素材

うさぎの種類も価格に影響を与える要素の一つです。人気がある品種ほど高額で取引されますよ。

ミニウサギのミックスは1万円前後、ピーターラビットのモデルにもなったネザーランドドワーフであれば2万円前後、ホーランドロップ(ロップイヤーの中でも小柄の種類)であれば3~4万円が平均的な価格です。

 

うさぎの値段に差が出る理由 2:購入先

うさぎ素材
購入先平均価格
ホームセンター2万円ほど
ペットショップ2万~5万円ほど
うさぎ専門店5~8万円ほど

購入先もうさぎの値段に差がでる理由の1つです。

上記の表はネザーランドドワーフの販売価格をまとめたものですが、ホームセンターとうさぎ専門店では2倍近い価格の開きが生まれています。

安く購入したいのであればホームセンターがおすすめですが、血統書・購入後のサポートなどは付いていないことが大半です。専門的な知識を持ったスタッフが居るとも限りません。一方、うさぎ専門店での購入は一番高額となりますが、購入前の相談や購入後のサポートは万全です。

値段も大切ですが、どこで購入すれば飼育上の不安を少なくできるのかを考えて購入先を選ぶことが大切です。

 

うさぎの値段に差が出る理由3: 血統書

うさぎ素材

血統書の有無もうさぎの値段に影響を与えます。

ペットとして飼育するのであれば、血統書の有無にこだわる必要はないといえます。血統書があるからといって病気にならないわけではないですし、長生きできるとも限りません。

ただ、ブリーダーとして販売を考えていたり、ラビットショーへの出展を考えているのであれば血統書付きのうさぎを選ぶ必要があります。

 

うさぎの値段に差が出る理由4:月齢

うさぎ素材

犬や猫と同じように、うさぎも月齢が若いほど価格は高額になります。

若い個体ほど高い値が付き、なかなか買い手がつかず体が成長するほど値段は下がっていきます。

 

うさぎの値段、初期費用はいくらかかるの?

うさぎ素材

うさぎの飼育にかかる初期費用

  • うさぎの購入価格+3万円前後
初期に必要な飼育設備内訳購入費用
ケージ1万円ほど
ハウス2,000円ほど
トイレ2,000円ほど
トイレ砂1,000円ほど
すのこ2,000円ほど
フード用食器1,000円ほど
牧草用食器1,000円ほど
 水入れ 1,000円ほど

うさぎの飼育にかかる初期費用は、うさぎの購入価格+3万円前後です。

飼育に際しては「ケージ」「ハウス」「トイレ」「トイレ砂」「すのこ」「フード洋食器」「牧草用食器」「水入れ」などが最低限必要であり、すべてを揃えると3万円ほどかかる計算になります。

ネザーランドドワーフであれば、うさぎの価格約2万円+3万円前後がうさぎの飼育に必要な経費となります。

 

うさぎの値段、飼育には年間いくらかかるの?

うさぎ素材

うさぎの飼育にかかる年間費用

  • 55,000円前後
費用内訳年間
うさぎ用フード24,000円ほど
牧草12,000円ほど
トイレ砂6,000円ほど
トイレシート6,000円ほど
定期健診(血液検査+便尿検査)
年で1回
7,000円ほど

うさぎのしいくにかかる年間費用は55,000円前後です。

「フード」「牧草」「トイレ砂」「トイレシート」などの日用品が48,000円程度、定期検診が7,000円ほどかかることになります。

犬や猫ほどの維持費はかかりませんが、充分な資金的余裕を持って飼育できるかをしっかり考えておく必要がありますよ。

 

うさぎの飼育で生涯かかる費用は?

うさぎ素材

生涯でかかる費用

  • 325,000~650,000円前後

生涯で必要となる費用はうさぎの種類や寿命によっても変わってきますが、325,000~600,000円が目安となります。

ただ、上記の金額はうさぎが健康に一生を過ごせた場合の額なので、病気になったりすることも考えてプラス5万円程度は見積もっておく必要がありますよ。

また、うさぎはよく齧る動物です。賃貸などで飼育したとき、柱などを傷つけてしまったら補修費用もかかります。うさぎと暮らす生活は「かわいい」という理由だけでは難しいことを理解したうえでスタートさせることが大切です。

 

人・うさぎにとって最良となる選択を

うさぎ素材
近年、マンションでも飼育可能な小型うさぎが人気を博していますが、容易な気持ちで飼うことはおすすめできません。

特に大型うさぎの飼育は初心者には不向きといわれているため、うさぎに関する充分な知識や的確なアドバイスをくれる人が身近に居ない場合の飼育は極めて困難といえます。金銭面だけでなく複合的に考え飼育を始めるようにしてください。