うさぎ用ケージ、サークルを買うなら!失敗しないケージを選ぶポイント

うさぎは見ているだけでも癒される可愛いペットですが、実は感情豊かで喜怒哀楽が激しい動物です。

正しい飼い方でうさぎにストレスを与えないようにすることが大切です。この記事ではうさぎの飼育に欠かせないケージについて、選ぶポイントをご紹介します。

 

うさぎとどんな生活がしたいかを決めておく

shutterstock_285270950

うさぎを飼うと決めたとき、飼い主はまず、うさぎとどんな生活をしたいかを考えるのがオススメです。一軒家で家族と遊ばせながら飼うのか、一人暮らしのアパートの生活になるのかによっても、飼育環境は変わるからです。

欲しいうさぎの種類やオスかメスかでも、性格や運動能力も違いそれぞれ個性があります。1匹で飼うか、多頭飼いするのかなど、自分がうさぎをどのように飼いたいかを明確にしておく必要があります。

今回は初めて飼育する場合を想定して、飼い主さんに良く懐くようにするため、1匹飼育をする前提でまとめています。

 

うさぎが安心できる空間を作る

うさぎ_散歩

うさぎは慣れた環境の中では、くつろぐ時に手足を伸ばしてゴロンと転がります。

できるだけ自由に動けるスペースを確保してあげられる大きさのケージがを用意してください。最低でも60サイズ(幅が60cm)で、できるならば80サイズほどのスペースが確保できるのが理想的ですね。サイズや材質にもよりますが、3,000~6,000円程度で購入可能です。

成長することも考えて、できるだけ高さもある大きいものを選んでください。また安心できる居住空間にするため、ケージの中に木箱を入れてあげることをおすすめします。

スペースは取りますが、うさぎの落ち着き方が違いますよ。木箱を入れる事も考慮したサイズのケージが理想的です。

 

うさぎのケージ選び、ポイントは?

うさぎ_子供

うさぎはキレイ好きなので、ケージ内は常に清潔に保ってあげてください。きちんとトイレも覚えるので、置き場所なども工夫してあげると良いですね。

清潔を保つための構造が重要

様々なケージが売られていますが、中には着脱式のトイレが付いているものもあります。

日頃の手入れを考えると、天井が全開になるものが使いやすいです。すのこの清掃も簡単ですよ。ケージの下は引き出し構造になっていると、清掃の手間が違います。

キャスターつきのケージにすると、部屋の掃除のときに役立つので便利です。他に尿の飛び散り防止カバーが備わっているものなどもありますので、値段とスペースを考えた上で、使いやすい機能のケージを選んでくださいね。

長く使うものなので、多少値段が高くても気に入ったものを用意するのをオススメします。

 

安心して長く使える材質は?

素材は尿が付着しても錆にくいステンレスの金網をおすすめします。うさぎの寿命が10年ほどと考えると、丈夫で長く使えるほうが安心です。

パッと見た印象は業務用のような印象なので、鉄にメッキ塗装されている方がカワイイと思うかもしれません。好みの問題はありますが、メッキだとうさぎかじって食べしまう危険性もあるので、ケージはステンレス素材にして、可愛い小物などで工夫するのが良いですよ。

うさぎの尿は飛び散りやすく、床などに頑固な尿石が付着しやすいので注意が必要です。

 

付属品を取り付けやすく、ケガをしない構造のものにする

ケージの構造については、うさぎがケガをしない作りで、小物の設置に無理がないものを選びます。

必需品であるすのこですが、ケージ本体とは別売りのケースもあるので、ケージのレイアウトにサイズが合うかを確認してください。給水器や餌入れがきちんと固定できるかなどもポイントです。

扉の構造なども、引っかかったりせず、出入りがしやすいか、餌やおやつを与えやすい構造なのかも確認します。

うさぎは何でもかじってしまうので、特に鍵の金具などが外れやすくないか、危なくないかも注意してあげてくださいね。

 

うさぎ用のサークルは必要?

うさぎ_子供

うさぎを部屋の中では自由に遊ばせる飼い主も多く、サークル(仕切り)は必要ないと思われがちですが、用意しておくと便利です。

ケージの掃除をしている間など、目を離している隙にコードや思い入れのある家具などをかじってしまうこともあるので、その間サークルに入れておくと安心ですよ。サークルのサイズは用途によって変わりますが、一時的に入れておく場合は小さいもので充分です。

部屋の縁や扉など、かじられてはいけない場所が多い時は、サークルを大きくしてその中で遊ばせる方が良いですよ。サークルは3,000円前後で購入できますが、最近は100円均一などで安く材料を購入し、可愛くて便利なサークルを自作する飼い主も多いようです。

うさぎのケージは毎日掃除していても、金網やトレーに尿石がつきやすいです。うさぎは尿の臭いも強いので、こまめな掃除が必要です。ペットショップやホームセンターなどで、うさぎ用のお掃除消臭剤が簡単に手に入りますので、入念な掃除も心掛けてくださいね。