【#ペピLIFE】トイプー姉妹と東北で暮らす「メープルクレープ」な日常⑥

東北地方在住のインスタグラマー。愛犬であるトイプードルのメープル・クレープとの毎日を綴る。愛犬の可愛さを最大限に引き出したおしゃれで華やかな写真も人気。

この記事は連載記事です。

東北地方に在住の「えふ」さんご家族とその飼い犬「メープル」ちゃん「クレープ」ちゃん姉妹生活の様子をご紹介しています。

第4回目からトイプードルの赤ちゃんを引き取る件でブリーダーさんの連絡待ちをしていたえふさん。ついに今回、ブリーダーさんから連絡が!?

第1~5回をまだお読みでない方は、特集リンクから移動できます。

 

ついに携帯に着信履歴が!

2009年10月…ブリーダーさんからのお返事を私はどれくらい待ったかしら…

ちょっぴり遠い過去なので、はっきりとは思い出せませんが(笑)

返事こないな~やっぱりダメかな~なんて、仕事中もそわそわ、心ここにあらずという感じでした(笑)

🐾🐾🐾

ある日、ふと携帯をみるとブリーダーさんからの着信があったことに気づきました!

3日…いや、1週間ちかく待ったかしら…。仕事終わりに、ドキドキしながら折り返しお電話をしてみました。

コールが響く中で、きっといいお返事に違いない!と願いながら…。すると。

『3匹の中でも一番小さくて、マズルもつまってて…お母さんわんこになったら、かわいい子を産んでくれるかなと悩みましたが…せっかく見学に来ていただいたご縁もありましたので…』

お?おぉ!?

『くうちゃんをお譲りしてもよいかと…』

ヤッタ~~(´▽`)ありがとうございます~!!

『お譲りするにあたり、都合の良いときに手続き等のご説明をしたいので来ていただけますか?』

私は、行きます、行きます!もちろん行きます!!と心の中で叫んでいました(笑)

「わかりました~。予定決まりましたらご連絡しますので!」と、動揺していない雰囲気をかもしだしながら(笑)ブリーダーさんとの電話を終了しましたが、あ~!早く夫と息子に教えないと!!!と興奮気味にふたりに報告した憶えがあります(≧▽≦)

🐾🐾🐾

あの日~あの時~あのブリーダーさんで~トイプードルを見学していなかったら!

ペットショップに行っていなかったら。ホームページを見ていなかったら。

考えるとキリがありません。

きっと画面の前のみなさんも同じですよね!やはり出会いは運命なのです~(´▽`*)
o0800053510254274684

 

お迎えする準備スタート!

「くうちゃんをお迎えできるって~💕」「いついつ?いつ来るの~?」

そんな浮かれたトークを息子としながら、手続きにはいつ行くか、お迎え日はいつにするか、お迎えまでにわんこグッズをどれだけ揃えるかを決めたり…お迎えが現実となると、いろいろな準備がたくさんあります!

(これから、わんこを迎えようとしているみなさん!pepyの『犬の飼い方』もぜひ参考にしてくださいね♪)

わんこ登録のための手続き書類はすでにダウンロード済み!

後は、お迎え必要アイテムを購入して…

 

そうだ!名前を考えよう♪

o0800053510263722160
お迎えをするということは、わが娘になるのです(´▽`*)

素敵な名前をつけてあげなくては!

ママわんこの名前はスイーツな名前だし、やっぱりスイーツ繋がりにしようかな?でも、きょうだいのりくちゃん・かいちゃんは新しいおうちではどんなお名前になるのかな?

きょうだいだから、ふたりのお名前も聞いてから決めようかな?

息子の名前を考えた時も、ぎりぎりまで悩んだという経験があるので(笑)とりあえず、候補はみんなで考えて、一番いい名前にしよう!ということで、それぞれ素敵な名前の候補をたくさん考えてみることにしました(´ω`)

あ~手続きに行く日が待ち遠しい~(^^♪

 

購入手続きに行こう!

日程を調整し、またまたみんなでブリーダーさんのところへ♪

最初に見学に行ってから、2週間後くらいだったと思います。前回より気持ち大きくなったくうちゃんがよちよち出てきました(≧▽≦)

CIMG4706

「新しいママたちだよ~」とブリーダーさんがくうちゃんに声をかけているのを見て、この子が娘になるのか~と、家族全員メロメロです。

自宅で用意するアイテムや、フードの説明、お迎え時に持ってくるもの、名前をいつまでに決めて連絡するか等、いろいろな説明がありました。

そして、きょうだいはそれぞれ「マロン」と「クッキー」という名前がついたと聞き、やはりこれは、スイーツな名前にするしかない!と心に決め、見学から約1ヶ月でくうちゃんをお迎えすることが決まりました!

o0800053510268535773

🐾🐾🐾
ちなみに印象的だったのは、お迎え時に用意するアイテム等が書かれた用紙に、ぬいぐるみが指定してあったことです。

今まできょうだいやママたちと過ごしていたため、ひとりになって急に不安にならないように同じ大きさくらいのぬいぐるみを一緒にキャリーに入れて帰るように…ということでした。なるほど~!

いよいよ、お迎え日までのアイテム購入や、本格的な名づけがはじまるのでした!