犬が白内障に…。原因や治療、予防法は?手術は必要なの?

白内障は、眼球内でレンズの役割を果たす水晶体が白く濁る病気です。水晶体が濁るほど視界が不鮮明になり、普段の生活にも支障が出てきます。

この記事では、犬の白内障が起こる原因や症状、治療法、予防法について説明します。症状を知って、早期に対処してあげましょう。

 

犬の白内障の原因は?

犬が白内障を発症する原因はまだはっきりとわかっていませんが、人間と同じく「加齢」の影響があると考えられています。6歳以上の高齢犬になると発症しやすくなります。

ただ、2歳以下の比較的若い犬でも「遺伝的要因」で発症することがあるため、年齢だけで見分けることはできません。

 

犬の白内障はどんな症状がでる?

shutterstock_168763541 (1)

白内障になったばかりは目立った症状は見られません。しかし、進行するにつれて次のような症状が現れてきます。

●目が白くなる
●物にぶつかる
●つまずく

黒目が濁って見えてきた、あるいは動きが悪くなったと感じたら、一度動物病院に相談することをおすすめします。

 

犬の白内障の治療には手術が必要?術後は目薬をするの?

美女と動物4

白内障が悪化した場合は、外科手術が必要になります。

術後は約1週間程入院をしながら、注射や投薬、点眼を行いながら安静にします。検査をして問題がなければ退院となります。

退院後は獣医さんの指示に従って、投薬と1日数回は目薬を点眼してあげてください。術後に眼のまわりをひっかいてしまうケースもよくあるので、獣医さんの許可が下りるまではエリザベスカラーをし続けたままにして注意深く見守ってあげてください。

 

犬の白内障は予防できるの?

犬の白内障を完璧に予防することは難しいと考えられていますが、早期発見することで進行を抑えることは可能です。

年に一回健康診断を受けることも早期発見につながりますよ。

 

犬の白内障はリスクが高いからこそ早期発見・早期対処を

IMG_0538

白内障は年齢を重ねれば起きやすくなる病気です。放っておくと、目が見えなくなる恐れもあるので、できるだけ早く気づいて対処しましょう。

普段から愛犬をよく観察して、わずかな変化にも気づけるようにしてあげてくださいね。