毛が抜けない、抜けにくい犬種ランキング10選!

最近ではペット飼育可のマンションも多く、室内飼育が増えたため、以前のように室外で飼育することは少なくなりました。

室内で飼育するのに悩まされるのが、抜け毛の処理です。掃除をするのに手間がかかったり、家族のアレルギーも心配で抜け毛の少ない犬種を飼育したいと思う方も増えていますよ。

この記事では、毛が抜けにくい犬種ランキング10種をまとめました。

 

毛が抜ける犬と抜けない犬の違いは?

犬 トリミング

毛が抜ける犬と抜けない犬の違い

  • 換毛期の有無

犬にはオーバーコート(上毛)とアンダーコート(下毛)という、2種類の被毛があります。

毛が抜けやすいダブルコートの犬は、アンダーコートが抜けていく「換毛期」があります。アンダーコートは体温を調節するのに重要な役割を果たしているので、季節によって毛が生えてきたり抜けたりを繰り返します。

寒くなり始める秋ごろになるとアンダーコートが生えてきて、冬を越え春頃になり暖かくなるとアンダーコートが抜けていく換毛期となり、たくさんの抜け毛がおきます。

毛が抜けにくいシングルコートの犬はもともとアンダーコートがたくさん生えているため、季節によって増減はありません。オーバーコートも少なく、抜けづらいので毛が伸び続ける犬種が多くなっています。

換毛期がなく、毛が抜けないかわりに定期的にトリミングを行って、毛並みを整える必要がありますよ。

 

毛が抜けにくい犬を飼う場合の注意点は?

yorkshire-terrier-dog-grooming-picture-id539823814

シングルコートの犬は、毛は抜けにくいですが全く抜けないわけではありません。毛がもつれやすい犬種が多いので、ほぼ毎日ブラッシングをすることをおすすめします。

ブラッシングを怠ると、すぐに毛玉になり、皮膚の衛生面にもよくありません。

毛が伸び続ける犬種が多いため、定期的なトリミングをして被毛をカットする必要がありますよ。

 

毛が抜けにくい犬種1. トイプードル

Red toy poodle puppy

トイプードルはシングルコートである上に、抜けた毛が巻き毛にからまるので床に落ちにくいです。

テディベアカットなど様々なカットが楽しめる人気犬種ですが、被毛の伸びが早いので、日々のブラッシングやこまめなトリミングが必要ですよ。

賢く性格も温厚なので、室内犬として人気が高い犬種です。

トイプードルについての詳しい記事はこちら

 

毛が抜けにくい犬種2. ミニチュアシュナウザー

black-and-white-miniature-schnauzer-picture-id541569442

ミニチュアシュナウザーはダブルコートですが、ワイヤー状のトップコートは毛質が硬く抜けにくい性質があります。

眉の上、ひげ、手足の毛を長めに伸ばし、それ以外をバリカンで刈るスタイルが一般的です。美しい被毛を維持するには、一週間に何回かブラッシングやコーミングが必要ですよ。

性格が落ち着いているので、トリミングもしやすい犬種です。

ミニチュアシュナウザーについての詳しい記事はこちら

 

毛が抜けにくい犬種3. シーズー

decorative Shih Tzu dog runs

長く美しい被毛が魅力のシーズーは、ダブルコートで毛量が多い割には抜け毛が少ない犬種とされています。しかし被毛が細く柔らかいため、絡まって毛玉になりやすいことから、毎日のお手入れが必要ですよ。

また子犬から成犬になる成長期には、抜け毛が多くなる時期があります。抜け毛が少ないと聞いて選んだのに…と思うかもしれませんが、これは成長の証であり一時的なものなので安心してくださいね。

 

シーズーについての詳しい記事はこちら

 

毛が抜けにくい犬種4. ヨークシャテリア

Yorkshire terrier dog isolated on white

ヨークシャテリアはシングルコートで、抜け毛が少ない犬種です。ブラッシングをきちんとしていれば、床上で抜け毛が気になることは殆どないといえますよ。

動く宝石と呼ばれるヨークシャテリア。その特徴的な「ダークスチールブルー」の美しい毛色を保つためにも、毎日ブラッシングしてあげてくださいね。

ヨークシャテリアについての詳しい記事はこちら

 

毛が抜けにくい犬種5. ビションフリーゼ

Baby Bichon dog

丸いアフロヘアーで有名なビションフリーゼは、ダブルコートでも抜け毛は少ない犬種とされていますが、放っておくと被毛がどんどん伸びてしまいます。

被毛が伸びきってしまうとお手入れが難しくなります。もつれて毛玉になったり、ふわふわの被毛がペタンコになったりするので、定期的なトリミングやカットが必要です。少なくとも週1回は、ブラッシングしてあげましょう。

ビションフリーゼについての詳しい記事はこちら

 

毛が抜けにくい犬種6. ミニチュアピンシャー

dog-outdoors-in-nature-picture-id926722492

ミニチュアピンシャーはもともと抜けてもわからないほど被毛が短く、シングルコートでもあるので殆ど毛が抜けない犬種です。

長毛種に比べるとお手入れも非常に楽ですが、皮下脂肪も少なく寒さに弱いので、寒い季節には洋服を着せてあげるといいですね。

ミニチュアピンシャーについての詳しい記事はこちら

 

毛が抜けにくい犬種7. チャイニーズクレステッドドッグ

チャイニーズクレステッドドッグ

チャイニーズクレステッドドッグは、毛がないヘアレスタイプと、細い長毛が全身に生えているパウダーパフタイプがいます。

ヘアレスタイプは、頭や足先、尻尾などにだけ、トリミングしたかのように細く長い毛があるというスタイルが特徴的で、気品溢れる美しさが魅力です。

抜け毛の心配は少ないですが、乾燥防止や日焼け防止のため肌にクリームを塗るなどのお手入れをしてあげてくださいね。

パウダーパフタイプでもシングルコートで毛が抜けにくいのですが、定期的な手入れやトリミングは必要です。週2~3回程度はブラッシングをしてあげると良いでしょう。

 

チャイニーズクレステッドドッグについての詳しい記事はこちら

 

毛が抜けにくい犬種8. パピヨン

beautiful-papillon-dog-stands-on-a-background-of-flowers-picture-id1142393183

パピヨンは大きい耳と長い飾り気が美しく、優雅な印象を与える見た目の犬種です。長毛ですがシングルコートなので抜け毛は少ないですよ。

長毛種ですが、パピヨンのお手入れは難しくありません。プードルなどはカットしなければ伸び続けてしまいますが、パピヨンは一定の長さまで伸びたらそれ以上は伸びません。もちろん一定の期間で毛は抜け替わるので、抜け毛といえばその時くらいです。

体臭も少なく、シャンプーは月1回程、定期的なトリミングも必要ないので、手入れが簡単で飼いやすい犬種です。

ただ耳の飾り毛はとても繊細なので、切れたり毛玉になったりしないよう注意してあげてくださいね。

パピヨンについての詳しい記事はこちら

 

毛が抜けにくい犬種9. マルチーズ

A stunning white Maltese canine if

マルチーズは、艶のある直毛が美しい犬種です。シングルコートなので抜け毛は少ないですが、被毛が細く長く絡まりやすいので日々のブラッシングは欠かせません。

また定期的にカットやトリミングをしないと被毛が伸び続けるので、放っておくと床を引きずるほど長くなります。

特に、顔周りに毛がかかると汚れたり目に入ったりしますので、毛を伸ばす場合はリボンなどでまとめてあげてくださいね。

マルチーズについての詳しい記事はこちら

 

毛が抜けにくい犬種10. ポーチュギーズウォータードッグ

ポーチュギーズウォータードッグ

ポーチュギーズウォータードッグは、オバマ大統領の家族として有名になった犬種です。

被毛は2種類で、短めの巻き毛タイプと、長めの波状毛タイプがあります。シングルコートで毛の生え変わりがないため抜け毛はほとんどありませんが、毛が伸び続けてもつれやすいので、週1~2回のブラッシングと定期的なトリミングをおすすめします。

カットのスタイルとしては、首から胸、前足にかけて長い毛を残して、下半身の被毛を広い範囲で短く刈る「ライオンカット」や、全身の毛を均一に約2.5㎝に刈る「レトリバーカット」などがありますよ。

ポーチュギーズウォータードッグについての詳しい記事はこちら

 

毛のお手入れを大切に!

犬 ブラッシング

抜け毛の少ない犬は、抜け毛が少ない分、毛がもつれやすいので日々のブラッシングなどのお手入れが大切です。

毛のお手入れにどのくらいの手間や時間をかけてあげられるのかということも考えて、お気に入りの子を探すことをおすすめしますよ。

飼いやすい人気小型犬についての詳しい記事はこちら